グリホサート:グリホサート系除草剤に関するよくある質問

目次

はじめに-グリホサートとは

グリホサートとは、世界で最も使用されている除草剤の有効成分です。農業や公園・庭、駐車場、道路、商業施設などの非農業において使用されます。グリホサートは、1974年、農業を支えるイノベーションの一つとして開発されて以来、世界の除草剤市場の約25%を占めています。日本においても約40年にわたって、信頼・安心して使用されてきました。

日本において、海外の環境派や反遺伝子組み換え派などによる偏った情報が溢れていますが、多くの除草剤の成分であるグリホサートは、国際機関や世界各国の機関、また研究機関によって、グリホサート安全性が評価されてきました。また、1回評価して終わりではなく、数年ごとにグリホサート安全性を確認し、使用承認を更新しています。また、除草剤メーカーも、厳しい品質要件を満たして製品を出しているので、安心してグリホサート除草剤の製品を使用することができます。但し、使用時には商品のラベルに従って使用する必要があります。

今回の記事では、グリホサート系除草剤について、よくある質問について説明していきます。

グリホサート 効果ーグリホサート 安全 性
グリホサート 効果ーグリホサート 安全 性

 

グリホサート 除草剤 効果とは?

グリホサート 系 除草 剤は、植物(雑草)の葉に吸収されます。植物の葉に吸収されたグリホサートは、植物が成長に必要な特定のタンパク質を作るのを防ぎ、生存に必要な植物特有の酵素の生成を妨げます(シキミ酸経)。この酵素は植物にしか存在しないので、グリホサートの動物や人間に対する毒性が低いのはそのためです。グリホサートは土壌中の有機物や粘土と強く結合しているため、グリホサートの残留物が種子や新しい発芽体、植物の根に取り込まれる可能性は極めて低いのです。

グリホサート 効果は以下の通りです。グリホサート系除草剤は非選択性であり、葉のクチクラに浸透すると植物中を全身的に移動します。しかし、グリホサート系除草剤は一般的に水溶性が高いため、ワックス状のキューティクルにはうまく浸透せず、この保護バリアを越えて移動するためには界面活性剤(洗剤)を使用する必要があります。グリホサートは植物体内に入ると、必須アミノ酸の合成に必要な植物特有の酵素を阻害して機能します。この酵素は動物や人間には存在しないため、グリホサート自体の急性・慢性毒性は非常に低いのです。また、グリホサート系除草剤は、土壌中の有機物や粘土粒子と非常に強く結合します。そのため、土壌によって不活性化され、土壌中の種子や、未処理の植物の根や根茎から発芽する植物を制御する能力はありません。

 

 

グリホサート剤-グリホサート 除草 剤 効果
グリホサート剤-グリホサート 除草 剤 効果

 

出典:https://www.chegg.com/learn/biology/introduction-to-biology/glyphosate  [Retrieved on May 31, 2021]

 

グリホサート系除草剤は安全に使用できますか?

グリホサートとは、世界で最も研究されている除草剤のひとつであり、他の作物保護製品と同様に、規制当局による厳格な試験と監視の対象となっています。グリホサートおよびグリホサート系除草剤については、登録手続きに関連して米国またはその他の世界各国の規制当局に提出された約800以上の科学的研究を含む広範な研究があり、グリホサートおよび当社のグリホサートベースの調合製品が安全に使用でき、がんを引き起こさないことが確認されています。

欧州食品安全機関、米国環境保護庁、その他の世界の規制当局は、約40年以上にわたり、グリホサートおよびグリホサート系除草剤を包括的かつ定期的に審査しており、その結論は、指示通りに使用した場合のグリホサートおよびグリホサート系除草剤の安全性を一貫して支持しています。

日本においてグリホサート安全性に関する議論がありますが、日本の規制は国際機関の標準に従っています。(参考:グリホサート 日本における農薬をめぐる議論)

 

グリホサートはがんを引き起こす可能性はありますか?

2015年、世界保健機関によって、グリホサートは「ヒトに対しておそらくがんを引き起こす可能性がある物質」というカテゴリに分類されていますが、同じように分類されているものは次のようなものがあります。

  • 赤肉
  • 屋内で木材を燃やすことによる排ガス
  • 高温で揚げものをすること
  • 深夜の作業シフト

また、他にも「ヒトに対してがんを引き起こすするとわかっている物質」は以下のようなものがあります。

  • 加工肉
  • すべてのアルコール飲料
  • 日光
  • エンジンの排気
  • 屋外の大気汚染

上記のようなものは、私たちの毎日の生活の中で、普段直接体に取り入れたり、接触したりするものが多いです。これらは、すぐにがんを引き起こすものではなく、大量に体に蓄積するとそうなる可能性があるものです。

国際機関や各国機関・研究機関から、グリホサートの使用とヒトのがんのを直接結び付ける科学的研究は発表されていません。

 

グリホサート 系 除草 剤
グリホサート 系 除草 剤

出典:https://www.iarc.fr/(画像提供:三島和夫)

 

グリホサート系除草剤は人の健康に害を及ぼしますか?

グリホサート除草剤の使用中に、グリホサートが皮膚に付着したり、目に入ったり、吸い込んだりする可能性があります。また、グリホサートを葉に塗った後、手を洗わずに食べたり喫煙したりすると、グリホサートを飲み込む可能性もあります。また、まだグリホサートをかけたばかりで濡れている植物に触れることで、接触が起きることがあります。製品のラベルに従って使用したり、安全のために軍手などを使用したりする場合、人の健康に害はありません。

グリホサートは、噴霧後に気化することはありませんので、人の皮膚を簡単に通過することはありません。もし直接口からグリホサートを取り込んだりした場合、グリホサート自体、毒性が低いものですが、グリホサート除草剤には、グリホサート成分が植物に入り込むのを助ける成分があります。そのような他の成分によって、人体への健康不良を起こすような可能性はあります。このようなことを防ぐためにも、製品ラベルに記載されている通り、安全な使用方法に従って、グリホサート系除草剤を使用する必要があります。

 

グリホサート系除草剤は環境に害を加えますか?

欧州食品安全機関(EFSA)米国環境保護庁(EPA)などの規制当局は、グリホサートなどの除草剤が環境に不合理なリスクをもたらさないよう、包括的な評価を行っています。実際、グリホサートは、農家が環境や生物多様性を保全するための重要なツールです。

グリホサートがなければ、農家は土壌をひっくり返す雑草防除技術である耕耘(いわゆるティレージング)に頼らざるを得ません。耕起には一般的に重い農業機械が必要で、燃料消費量の増加と土壌の破壊を引き起こし、気候変動の原因となるCO2などの温室効果ガスを排出します。また、土壌の破壊は侵食の原因となり、重要な栄養素が土壌と一緒に流されてしまいます。グリホサート系除草剤は、農家がほとんど耕さずに雑草を駆除することを可能にし、二酸化炭素排出量を大幅に削減し、農家がより健全な土壌を維持するのに役立ちます。

耕起を減らすことで、土壌浸食を最大90%減少させることができ、2014年だけで、約200万台の自動車を道路から排除するのに相当する量の二酸化炭素排出量を削減することができました。

さらに、雑草が少なければ、作物の競争相手が減るため、農家はより少ない天然資源で収穫を行うことができます。農作物を雑草から守ることは、土地の保全にもつながり、飼料や野生生物の自然な生息地として利用することができます。

グリホサートとは
グリホサートとは

 

土壌におけるグリホサート 分解に関しては、広く研究されており、2~197日という値が報告されています。この値は、環境の中で、グリホサート 分解に必要な日数です。ただし、この値は、環境要因によって変動するので、あくまでも目安です。

 

グリホサート系除草剤は食品に残っていますか?

食品に農薬が残っていることに関しては、世界各国の規制当局が厳しいルールを設けています。実際、EPAとEFSAは、安全性に関する研究で悪影響を及ぼさないとされたレベルの少なくとも100倍を、1日あたりの暴露限度として設定しています。米国では、食品医薬品局(FDA)が食品を監視し、レベルがEPAの制限値を下回るようにしています。日本は、国際機関の厳しいルールを踏襲しています。

食品から時々検出されるレベルは信じられないほど小さく、懸念されるレベルには到底及びません。

EPAが承認したすべての化学物質について、当局は、健康への悪影響の影響を受ける前に人が消費できる物質の量を決定します。 これは「参照線量」と呼ばれます。参照用量は、子供などの敏感なサブグループを含む、生涯にわたって有害な影響を引き起こす可能性が低い、ヒト集団への推定1日経口暴露です。参照用量は、1日あたりの体重1キログラムあたりのミリグラムの単位で表されます(mg / kg /日)。 グリホサートのEPA参照用量は1.75mg / kg /日です。つまり、体重が約80 kg(176 lbs)の場合、健康に悪影響を与えることなく、毎日約140mgのグリホサートを摂取することができます。

スケール感としては、1mg / kgで2年で1分というイメージです。

(参考:グリホサート安全に関する情報、グリホサート農薬の成分に関する情報)

 

世界各国のグリホサート農薬に関する規制とは?

除草剤 グリホサートは、農業においても農薬として使用されます。世界各国において、グリホサートは残留の基準が設定されており、日本は国際基準のコーデックスに準じて設定されています。日本においては、日本が世界基準に反し、基準を緩めているという印象を与えかねないような、不安を煽るような情報がありますが、日本は世界基準以内に設定されています。詳しくは、こちらのリンクをご覧ください(英語)

 

最後に

今回は、グリホサート系除草剤に対してよくある質問、とくに一部の人たちが抱いている不安点に対して回答するという形でまとめました。最後に、グリホサート系除草剤に関する噂や間違った巷の噂を検証、また丁寧に説明されている日本語の動画を見つけましたので、ぜひ見ていただければと思います。

転載元:https://www.youtube.com/watch?v=ClYWN-_4plE

 

参照:

” Frequently Asked Questions”, Glyphosate Renewal Group

https://www.glyphosate.eu/faqs/ [Retrieved on May 27, 2021]

”Facts about Glyphosate (Weed Killer)”, Center for Research on Ingredient Safety,MICHIGAN STATE UNIVERSITY, September 4, 2018,

https://www.canr.msu.edu/news/five-facts-about-glyphosate

[Retrieved on March 29, 2021]

”HOW DOES GLYPHOSATE KILL PLANTS?”

https://forestinfo.ca/faqs/how-does-glyphosate-kill-plants/ [Retrieved on May 30, 2021]

Frequently Asked Questions: Glyphosate. 2019. Brosnan, et al. UT Extension, Institute of Agriculture, The University of Tennessee.

https://extension.tennessee.edu/publications/Documents/W827.pdf  [Retrieved on January 30, 2021]

Henderson, A. M.; Gervais, J. A.; Luukinen, B.; Buhl, K.; Stone, D.; Cross, A.; Jenkins, J. 2010. Glyphosate General Fact Sheet; National Pesticide Information Center, Oregon State University Extension Services. http://npic.orst.edu/factsheets/glyphogen.html [Retrieved on October 15, 2020]

シェア
Share on facebook
Share on twitter