EUでのグリホサート安全性の承認更新―更新申請の企業グループ(GRG)からの視点

目次

はじめに-グリホサート安全性についての評価のプロセスとは

欧州では、2022年までグリホサート系除草剤の使用が認められています。それ以降の承認に関しては、国際機関や研究機関、また各国当局、企業グループなどのステークホルダーにより、承認を更新するかを判断するプロセスが実施されます。

今回は、このプロセスを開始するアクター、つまりグリホサートの承認更新を申請する企業グループ、「グリホサート更新グループ(GRG)」について書いていきます。(参考:グリホサートとは

欧州のグリホサート更新グループ(以下、GRGとする)が、グリホサート更新書類をAGG(グリホサートに関する評価グループ)に提出しました。これは、欧州におけるグリホサート使用の更新承認に向けた定期的なプロセスにおける重要なステップであると同時に、GRGの透明性への取り組みにとっても重要なステップです。

GRGは、科学的根拠に基づく規制決定を引き続き支持し、欧州委員会および加盟国と透明性を持って協力し、農業の持続可能性と産業植生管理を支援するために、欧州の農家やその他のユーザーがグリホサート系除草剤を利用できるようにしていきます。欧州をはじめとする世界中の農家は、安全でコスト効率の高い総合的な雑草管理の一環として、グリホサート系除草剤を利用しており、環境を保全しながらより多くの収穫を得られるよう支援しています。農場以外でも、商業・公共施設や鉄道の線路など、安全性を確保するために、有害な雑草を制御するために重要な役割を果たしています。

 

今後の展開について

現在、書類は規制当局に提出されており、規制当局は書類の完全性を確認し、初期評価を開始します。2021年6月までに報告書のドラフトが完成する予定で、その後、欧州食品安全機関(EFSA)によるパブリックコメントと他のEU加盟国によるピアレビューの期間が開かれます。EFSAはその後、結論を発表し、2022年後半にEU委員会の専門家パネルに送り、最終投票が行われます。

 

グリホサート更新グループ

GRGは、欧州におけるグリホサートの使用継続を支持し、2022年以降のEU当局によるグリホサートの定期的な承認更新を求めるために集まった8社の共同事業体です。これらの企業は、その努力と専門知識を結集し、グリホサートの安全性を再確認するために必要なすべての科学的研究と情報を含む書類を作成しました。GRGは、グリホサートの製造・販売を行っている企業だけでなく、他のステークホルダーにも、この重要な作物保護製品(除草剤)の更新を支援してもらえるように努力しています。

 

再登録に関するFAQ

  1. グリホサートは使用しても安全ですか?

グリホサート除草剤は、ヨーロッパで40年以上にわたって安全かつ順調に使用されてきました。欧州、米国、ドイツ、カナダ、オーストラリア、韓国、ニュージーランド、日本をはじめとする世界各国の主要な保健規制当局は、グリホサート 安全 性について、グリホサート系製品は指示通りに使用すれば安全であると結論づけています。グリホサート剤は、この種の除草剤の中で最も徹底的に研究された製品の一つであり、これが世界中の農家がこの製品を信頼し続ける大きな理由です。

 

  1. グリホサートが安全であるならば、なぜ承認を更新する必要があるのですか?

EUで承認されたすべての有効成分は、法律により定期的な評価を受けることになっています。この評価は、指定された加盟国によって行われ、EFSAと他のEU加盟国によって査読されます。ドイツは2017年にグリホサートの最新のEUレベルの評価を実施し、EFSAによる査読を経て、評価ではグリホサートは使用上安全であり、”ヒトに発がん性の危険をもたらす可能性は低い “と結論づけています。今回の登録承認は2022年12月に終了するため、2019年12月に再度の定期更新の手続きが開始されました。(参考:グリホサート安全性に関する情報、グリホサート安全に関するガイドライン)

 

  1. グリホサートは環境の持続可能性を脅かすものではありませんか?

EUでは、規制当局は環境に安全に使用できる農薬のみを承認しています。2017年、欧州食品安全機関(EFSA)は、グリホサートは指示通りに使用すれば安全であると結論づけました。さらに、グリホサートは持続可能な農業をサポートします。 ヨーロッパをはじめとする世界中の農家がグリホサートを頼りにしているのは、効果的な雑草防除のためだけではなく、耕起農法を最小限に抑える役割を果たしているからです。その結果、土壌浸食や圧縮が大幅に減り、土壌の水分が保存され、土壌の健康が保たれます。 その結果、土壌浸食や圧縮が大幅に減り、土壌の水分が保たれ、土壌の健康が保たれます。 農場以外でも、グリホサートは、道端、鉄道、公共施設の安全性を確保するために、有害な雑草を制御する上で重要な役割を果たしています。(参考:グリホサート農薬に関する情報、グリホサート系除草剤に関する議論)

 

  1. 前回の更新では、なぜ通常の15年ではなく5年しか認められなかったのですか?

グリホサートは、15年の完全更新に必要な科学的要件をすべて満たしていました。それでも、2017年11月、加盟国はEUにおけるグリホサートの使用をわずか5年の期間で再認可することを決議しました。

 

  1. プロセスの透明性は実際のところはどうですか?

GRGは透明性を高めるための施策を行っています。すでに「GRG Transparency」のウェブサイトで公開されている、規制当局との会議の議事録など、グリホサートの承認更新プロセスに関連する文書に加えて、更新用の書類とこの2020年の書類の安全性データは、AGGが完成したとみなした後に公開されます。その結果、この書類は、これまでにないレベルの透明性を提供しています。この書類は、これまでに収集されたグリホサート研究の中で最も完全なものの1つであり、GRGが行ってきた公開性と関与へのコミットメントと完全に一致しています。透明性の向上と対話は、規制プロセスに対する人々の信頼を高めることにつながります。

 

最後に

以上、欧州におけるグリホサート承認更新のステークホルダーの一つである企業グループ、GRGの観点から承認プロセスやグリホサートの安全性などについてFQA形式で説明してきました。この承認プロセスにおいて、透明性が重視されており、だれでも関連資料にアクセスすることができます。今の日本において、偏った情報が氾濫していますが、ぜひ、公開されている国際機関や関連当局の資料を自分で読んでみてはいかがでしょうか。

シェア
Share on facebook
Share on twitter