40年の歳月と800の研究がグリホサート 安全性を証明

目次

グリホサートは、ニュージーランドでは農家や議会、家庭菜園などで使用されています。

グリホサート農薬は40年以上にわたって安全に使用されており、800以上の研究が行われ、その安全性が確認されています。

この除草剤は、効果的かつ安全に雑草を防除することができ、揮発性が低く、土壌中で速やかに分解されます。また、ニュージーランドだけでなく世界各国の規制当局による厳格な試験が続けられており、160カ国以上で安全な使用が認められています。

除草剤の安全性を疑問視する誇大広告の根底には、2015年に国際がん研究機関(IARC)が行った誤解を招く分類があります。IARCは、物質の潜在的な危険性を定義するために、「おそらく」といった発がん性の用語を用いて物質を分類しています。これにより、コーヒー、ベーコン、タルカムパウダーなど、いくつかの日用品が「おそらく発がん性がある」と分類されています。

しかし、IARCの報告書はリスク評価ではありません。実際のリスクを決定するのは、人間の暴露の種類と程度です。

IARCの分類は誤解を招く恐れがあり、一般の人々に不必要な心配をさせています。

IARCは例外的な存在であり、一般知識ではありません

グリホサート 安全性を評価した世界保健機関(WHO)の4つの機関の中で、IARCの決定は例外的なものです。WHOでは、国連食糧農業機関(FAO)の専門家が、グリホサート 農薬は「食事を通じた暴露によるヒトへの発がんリスクをもたらさない」と結論づけた評価を発表しています。WHOの国際化学物質安全性プログラムおよび残留農薬に関するFAO/WHO合同会議(JMPR)は、グリホサートに発がん性はないとしています。

グリホサート スギナ

また、欧州連合が出資する独立機関である欧州食品安全機関の評価でも、グリホサートはヒトに対する発がん性の危険性はないと結論づけられています。

世界の主要な農薬規制機関がグリホサート 除草剤には発がん性がなく、指示通りに使用すれば安全であるとの結論を出し続けている中、IARCが誤解を招きかねない意見を出してから4年以上が経過しています。

このような違いがあるのは、IARCが潜在的な発がん性の危険性のみを特定し、除草剤に関する利用可能なデータのごく一部に基づいて分類していますためである。FAOとWHOの共同評価では、より広範なデータを用いて、食品中の残留農薬を食事で摂取することによる消費者の健康リスクを評価しています。

世界保健機関は、「IARCは、潜在的ながんの危険性を特定するために、発表された研究をレビューしています。IARCは、潜在的ながんの危険性を特定するために発表された研究をレビューするのであって、危険性への暴露に関連する集団のリスクレベルを推定するのではない」と述べています。

これは非常に重要な違いです。IARCの報告書は、リスク評価ではありません。実際のリスクは、人間の暴露の種類と程度によって決定されます。

ニュージーランドとアメリカでグリホサート 安全性が判明

2016年8月、NZの環境保護局(EPA)は、グリホサート 発がん性 証拠レビューを委託し、グリホサートは遺伝毒性や発がん性を持つ可能性は低いと結論づけました。規制当局は、ラベルのグリホサート 使い方ラベルに従って使用する場合は安全であると判断しています。

グリホサート 農薬

これを受けて、2018年にEPAは、『グリホサート メカニズムを含む製品は、製品ラベルの指示に従えば引き続き安全に使用できるという、現在の立場を支える科学的根拠に変更はない』と述べています。

他の化学製品と同様に、除草剤の使用者は使用前に製品ラベルを参照する必要があります。ラベルには安全上の注意事項やガイダンスが記載されています。

第一次産業省(MPI)は、一般的に使用されている農薬の残留物を検査しています。食品安全規制機関は、ニュージーランドの食生活は安全であり、汚染物質は非常に少なく、食品安全上のリスクとなるレベルをはるかに下回っており、ほとんどが自然界に存在していることを確認しています。

私たちの健康という重要な問題についての結論は、偏りがなく、徹底したものでなければならず、国際的に認められた基準に準拠した、質の高い証拠に基づく科学に基づいていなければなりません。

シェア
Share on facebook
Share on twitter