責任あるグリホサートの使用を優先

目次

The Western Producer誌の5月7日号に掲載された論説は、グリホサートの価値について重要な指摘をしている。グリホサート 農薬は過去数十年にわたり、農家にとって欠かせない雑草防除ツールとなっている。

カナダの農業は世界で最も有望な産業のひとつであり、その理由は革新を受け入れ、適応して変化する能力を持っているからだ。

農家は、新種の種子、新しい機器、新しい作物保護製品など、最新の技術を絶えず自分たちの作業に取り入れている。

グリホサートは成功の源

この業界が成功している理由のひとつは、継続的な改善への取り組みだ。農家には、責任を持って農薬を使用してきた長い歴史があり、特定の課題に対処するために、これらのツールを賢明に使用している。これは、カナダの大多数の農家が心を込めて採用している総合的害虫管理戦略の一環だ。

土地と技術の責任あるスチュワードとして、農家は、抵抗性管理を助け、除草剤耐性雑草の発生を防ぐために、作物保護製品をローテーションすることも奨励されている。業界と農家は、農薬を責任を持って使用するという継続的なコミットメントを共有し、コミュニケーションとコラボレーションの改善に熱心に取り組んでいる。

除草剤耐性は現実的な問題であり、継続的な対話が必要だ。農薬業界は、農家が適切に農薬を使用できるように、製品に作用機序を自主的に表示することで、リーダーシップを発揮してきた。

この社説の問題点は、最近、世界保健機関(WHO)の国際がん研究機関がグリホサート 除草剤を「発がん性の可能性がある物質」と分類したことについて言及していることだ。

グリホサート 廃棄
グリホサート 廃棄

難しい違いだが、シンプルな真実

今回のグリホサートの分類は、徹底したリスク評価を行ったものではなく、新しい情報に基づいたものでもない。グリホサート 猫をコーヒーやアルコール、美容師、シフトワーカーなどと同列に扱う、単純な分類作業である。

ハザードとリスクの間には、重要な区別がある。当然のことながら、この区別は一般の人々にはあまり理解されていない。だからこそ、メディア、特に農業関連のメディアには、この区別を説明する義務があるのだ。

カナダで使用されるすべての農薬の評価を担当するカナダ保健省は、最近、グリホサートに関する再評価文書案の中で、「グリホサート酸を含む製品は、ラベルの指示に従って使用した場合、健康に影響を与える可能性は低い」と述べている。

カナダ保健省はWHOの調査結果を直接取り上げた。「ハザード分類は健康リスク評価では ないことに留意することが重要だ。実際のリスクを決定する人間の暴露レベルは、WHOでは考慮されていない。カナダでの農薬の使用は、カナダ人への暴露レベルが癌を含む有害な影響を引き起こさない場合にのみ登録される。」

世界中の何百人もの農薬規制科学者がグリホサートのデータを検討し、安全であると結論づけている。

実際、WHO内でも、別の専門家グループが「グリホサート 使い方は指示通りに使用した場合、がんのリスクをもたらさない」と結論づけている。

グリホサート スギナを責任を持って使用し、抵抗性の出現を抑制する戦略を開発することは、農業の最優先事項であるべきだが、これはグリホサート 安全性をめぐる議論とは異なるものでなければならない。

 

カナダの科学的根拠に基づく規制システムは、グリホサート 安全に使用でき、ラベルの指示に従って使用すれば不必要な健康リスクをもたらさないことを明確にしている。

この点を農家と消費者の両方によく理解してもらうことが重要だ。そうしないと、健康と安全に関する誤った思い込みによって、正当な抵抗性管理の取り組みが影を潜めてしまう危険性がある。

転載元:https://www.producer.com/opinion/responsible-glyphosate-use-a-priority/

シェア
Share on facebook
Share on twitter