欧州のグリホサート・再承認レビューから何を学べるか

目次

ヨーロッパでのグリホサート 農薬の使用は、いくつかの国で再評価、見直し、使用禁止となり、農家の反発を招いている。

物議を醸しているこの除草剤について、ニュージーランドの毒物学者イアン・ショー教授は、自らの成功の犠牲者であると主張している。その成功とは、世界で最も広く使用されている除草剤であること、汎用性があること、そしてその使用が環境に有益であることだ。

一方で、そのグリホサート 安全性については、多くの人が独自の見解を持っており、矛盾した報告や使用の背景にある科学への限られた理解から、世界中で激しい議論が巻き起こっている。

グリホサート 猫

グリホサート使用禁止の見通しに恐れる農家

EUにおけるグリホサートの認可更新が迫る中、ヨーロッパの農家は、グリホサート 除草剤の使用が禁止されると、作物が根深い雑草に覆われて品質が低下し、農場の生産性が低下するのではないかと懸念している。環境保護団体は、二酸化炭素排出量の増加や、土壌の健全性の低下、浸食などを懸念している。

グリホサートの使用が禁止されると、ヨーロッパの農家には大きなプレッシャーがかかる。農家は、光、水、栄養分をめぐって作物と競合する雑草の大きな圧力に直面することになる。さらに、気候変動の影響を受け、農法をより持続可能なものにしなければならないという、より大きなプレッシャーもある。この重要なツールを農家から奪えば、機械による除草が増え、耕す時間が増え、環境への影響に加えて燃料費もかさむことになる。

農家は、グリホサート 農薬の使用を最小限に抑えることは可能だと認めているが、全面的な使用禁止は壊滅的なものになるだろう。なぜなら、雑草を管理するために耕す回数が増え、土壌の劣化につながるからだ。グリホサート イソプロピルアミン塩が使用できない場合は、代わりに3~4種類の除草剤を使用しなければならず、雑草を管理するための耕作回数と資源が増えることになりる。現在の環境目標と矛盾するもう一つの複雑な問題は、耕作が気候変動に寄与することだ。

植物は光合成によって大気中の二酸化炭素を吸収し、枯れた根や葉が分解されるときに炭素を地中に渡する。耕起すると、この炭素が土壌から大気中に放出され、地球温暖化の原因となる。

不耕起栽培を可能にするグリホサートが環境保護に役立つ理由

耕起は土壌を破壊し、土壌構造を崩し、地表への流出や土壌浸食を促進する。また、作物の残渣が減ることで、雨粒の衝撃を和らげることができる。作物残渣がないと、土壌の粒子が外れやすくなり、移動したり、「はね飛ばされ」たりする。

土壌の劣化は、雨が降った後、流出した土砂が近くの小川や渓谷、川に流れ込むことから始まる。水に含まれる土砂は茶色に変色し、最終的には海に放出されて海の生物に影響を与える。浸食による土壌の劣化は、ヨーロッパの人々にとって非常に高くつき、年間140億ユーロものコストがかかる。

コルドバ大学の欧州保全農業連盟事務局長、エミリオ・ゴンザレス博士によると、1cmの土壌を作るのに100年から200年かかるそうだ。そのため、土壌を保全することは、環境保全のために不可欠だと言う。

土壌を回復させるためには、食糧農業機関が支援し、世界の多くの地域で実践されている保全農業のシステムが必要だ。保全農業は、生産性と生態系を向上させ、水と土壌を守るものだ。保全農業は、最小限の土壌撹拌(不耕起)、永続的な土壌被覆(クロップカバー)、種の多様性(クロップローテーション)の3つの原則に基づいている。

不耕起は、集約的な耕起作業が土壌構造を破壊することから、保全農業の重要な側面となっている。土壌を耕す代わりに、農家は新しい機械を使ったり、除草剤を使って雑草を防いだりして、条件を変えて適応させる。このシステムはヨーロッパの多くの国で機能しており、400万ヘクタールで不耕起栽培と永年栽培が行われている。

土壌の肥沃度を高め、生産量と生産性を最適化することで、農家と環境の双方にメリットがある。最小限の耕うんを行うことで、土壌中の炭素吸収量が増加し、圃場整備での化石燃料の使用量が減ることで、温室効果ガスの排出量が削減される。

農作物の保全を実現するためには、輪作と多様化が推奨される。また、雑草の発生を防ぐために土壌をよく覆うことも必要だ。その後、必要に応じて除草剤を散布する必要がある。単一栽培では、雑草の問題が多くなり、除草剤の使用量も多くなるため、抵抗性が生じる可能性がある。

グリホサート 雨

グリホサート 安全で必要なもの

雑草防除のためのグリホサート 成分は、他のインプットを減らし、土壌の健康と構造を改善する。収穫後の1回の散布で手強い雑草に取り組むことができ、理想的にはカバークロップと組み合わせて雑草を管理することができる。農家は、グリホサート 作用機構を肥料、種子、カバークロップと一緒に一度に散布することができ、時間とコストを節約できる。ただし、雑草の有無を確認した上で、特定の雑草の問題に対応した除草剤を、ラベルの指示に従って適切な量を散布する必要がある。スマート農業技術、精密農業、農薬散布用のドローンの登場は、農家が最も効率的な方法で雑草を特定し管理するのに役立つ。

少ない天然資源で十分な量の作物を栽培し、高品質な食品を生産し、環境を尊重し、消費者を保護し、自活するためには、農家は最高のツールと技術的ソリューションを必要としている。適切な作物に対して適切なツールを適切な時期に使用することができれば、農家がこれを実現するのに役立つ。

農家がより強く、より回復力のある農業経済を構築するためには、科学者、学術関係者、イノベーター、政治家、規制当局、NGO、そして農家から消費者までのフードバリューチェーンのすべての関係者が、オープンで透明性のある対話と協力を行う必要がある。

転載元:http://agcarm.co.nz/lessons-european-glyphosate-review/

シェア
Share on facebook
Share on twitter