カナダの森林管理におけるグリホサート系除草剤についてー研究・除草剤の必要性など by ForestInfo.ca

目次

Q:森林におけるグリホサート除草剤の使用について、誰がどのような研究をしてきたのですか?

A:学者、産業界、政府の研究者によって、森林における除草剤使用のあらゆる側面について広範な研究が行われてきました。安全に使用できると考えられるために、この研究は、害虫駆除製品法の権限のもと、カナダ保健省の害虫管理規制庁によって定期的に審査されています。

除草剤を含む農薬は、ラベルに記載された指示通りに使用した場合に、その性能が発揮され、人間や環境に安全であることを確認するために、徹底的に試験を行う必要があります。この試験はさまざまな機関によって行われますが、カナダ保健省の害虫管理規制庁を満足させるだけの十分な科学的厳密性を備えていなければなりません。データの操作を防ぐために、経済協力開発機構(OECD)は、試験データの品質と妥当性を促進するために、国際的に受け入れられている試験ガイドラインと優良試験所基準(GLP)の原則を策定しました。GLPは、非臨床試験の計画、実施、モニタリング、記録、報告を行うための組織的なプロセスと条件を網羅している。また、GLPガイドラインに基づいて、独立した追跡監査を行い、登録プロセスで使用されるデータの完全性をいつでも確認することができます。

カナダ保健省は、害虫駆除剤製品法に基づき、持続可能な害虫管理を促進し、人の健康と環境に対するリスクが最小限であることを示す、科学的根拠に基づく厳格な評価を満たした化合物のみを登録しています。すべての登録農薬は、15年ごとに定期的な再評価を受け、継続的な使用を裏付けるデータが現在の科学的基準を満たしていることを確認します。害虫管理規制庁はすべてのデータ(生データを含む)を慎重に検討し、その結論を米国や欧州連合加盟国など他国の規制当局と比較して一貫性を確保することもあります。

カナダは、世界で最も厳格な農薬規制・登録制度を有している国の一つです。

2015年4月、害虫管理規制庁はグリホサートに関する最新のレビューを発表し、証拠の重みから、グリホサートは人の健康に許容できないリスクをもたらさないと宣言しました。害虫管理規制庁のグリホサートレビューの全文はこちらをご覧ください(英語記載)。また、害虫管理規制庁レビューの要約版はこちらをご覧ください

転載元:”WHAT TYPE OF RESEARCH HAS BEEN CONDUCTED ON THE USE OF HERBICIDES IN THE FOREST AND WHO HAS DONE IT?”

https://forestinfo.ca/faqs/what-type-of-research-has-been-conducted-on-the-use-of-herbicides-in-the-forest-and-who-has-done-it/

 

Q:除草剤を散布する人にはどのようなトレーニングが必要ですか?

A:グリホサート系除草剤を混合、積み込み、または適用する個人は、農薬教育、トレーニング、および認証に関する国および州の基準を満たす必要があります。

この証明書は、個人がグリホサートベースの製品の塗布を安全かつ責任ある方法で行うために必要な教育とトレーニングを受けたことを証明するものです。芝生の手入れ、林業、構造物の害虫駆除、農業用途の専門家など、あらゆる種類の農薬散布者のための認定トレーニングプログラムがあります。

転載元:”WHAT KIND OF TRAINING DO PEOPLE APPLYING HERBICIDE NEED?”

https://forestinfo.ca/faqs/what-kind-of-training-do-people-applying-herbicide-need/

(参考:グリホサートとはグリホサート安全性に関するガイドライン)

 

Q:グリホサートはどのように植物(雑草)を枯らすのか?

A:グリホサート系除草剤は、植物(雑草)の葉に吸収されます。植物の葉に吸収されたグリホサートは、生存に必要な植物特有の酵素の生成を妨げます。この酵素は植物にしか存在しないので、グリホサートの動物や人間に対する毒性が低いのはそのためです。グリホサートは土壌中の有機物や粘土と強く結合しているため、グリホサートの残留物が種子や新しい発芽体、植物の根に取り込まれる可能性は極めて低い。このため、処理後の現場では森林の植物群集が速やかに再形成される。

グリホサート系除草剤は非選択性であり、葉のクチクラに浸透すると植物中を全身的に移動する。しかし、グリホサート系除草剤は一般的に水溶性が高いため、ワックス状のキューティクルにはうまく浸透せず、この保護バリアを越えて移動するためには界面活性剤(洗剤)を使用する必要がある。グリホサートは植物体内に入ると、必須アミノ酸の合成に必要な植物特有の酵素を阻害して機能する。この酵素は動物や人間には存在しないため、グリホサート自体の急性・慢性毒性は非常に低いのです。

また、グリホサート系除草剤は、土壌中の有機物や粘土粒子と非常に強く結合する。そのため、土壌によって不活性化され、土壌中のシードバンクにある種子や、未処理の植物の根や根茎から発芽する植物を制御する能力はありません(グリホサートは処理後、土壌、水、植物、堆積物にどのくらい残るのか)。これは、処理後数年以内に多様な植生群集が形成されることを保証するものであり、環境面で有利です。

転載元:”HOW DOES GLYPHOSATE KILL PLANTS?”

https://forestinfo.ca/faqs/how-does-glyphosate-kill-plants/

(参考:グリホサートイソプロピルアミン塩グリホサートカリウム塩などの成分に関する情報)

 

Q:グリホサート系除草剤はなぜ使われるのか?

転載元:https://www.youtube.com/watch?v=7eH5pSlrDeA

カナダ天然資源省の元研究員、ダグ・ピット博士が「除草剤はなぜ使われるのか」という質問に答えます。スクリプトの日本語訳は以下の通りです。

A:家庭菜園をしている人なら、成長期に手と膝をついて雑草を抜かなければ、結局、ニンジンは食べられないことを知っているでしょう。植物の生命を競争と見なした場合、撹乱後に最初に定着し、日光や土壌の水分、栄養分、スペースを求めて他の植物とうまく競争することができる植物や種のグループが、最終的に支配的になります。日光、土壌水分、栄養分、スペースを求めて他の植物とうまく競争し、最終的に支配することになる植物です。林業ではほとんどグリホサート系除草剤に頼っています。成長期の終わりにグリホサートを針葉樹や毛皮、トウヒやマツの上に散布しても、除草剤はこれらの木に影響を与えませんが、成長を抑えることができます。除草剤はこれらの木には影響を与えませんが、日光や土壌水分、栄養分を求めて競合する他の植物の成長を約2~4年間抑え、手刈りの約10分の1のコストで、一時的に針葉樹を優勢にすることができます。したがって、除草剤は、統合的植生管理ツールである手刈りと除草剤を適切に組み合わせた場合に、非常に重要な要素となります。

 

Q:除草剤の使用をやめたらどうなるか?

A:除草剤を使用しなければ、工場への供給に必要な針葉樹林の維持や、針葉樹、落葉樹、混交樹林の幅広い景観の多様性を維持することがますます困難になります。これは林業の存続と競争力に影響します。

自然再生の例として、何年も前に伐採された針葉樹林の名残である白松の切り株が、伐採後にトウヒやマツの再生を凌駕した広葉樹林の中に置かれています。この広葉樹林は、以前この場所に生えていた針葉樹林よりも経済的価値がかなり低いのです。

除草剤はIVMにおいて中心的な役割を果たしており、以前は針葉樹が優勢だった場所で針葉樹の再生を成功させることができるため、もし除草剤の使用が抑制または中止されると、多くの場所で針葉樹を定着させるという目的を手頃な手段で達成することができず、森林管理者は持続可能性の目標や法的要件を満たすことが難しくなります。最終的には、北米の多くの地域ですでに存在しているように、風景の中で針葉樹が優勢な林分の自然な割合が不足することになるだろう。針葉樹資源の減少は、持続可能な木材供給量の減少による経済的な影響や、生息地の喪失による生態学的な影響が深刻になるでしょう。

例えば、最近ノバスコシア州の再生地で行われた詳細な監査では、除草剤を使用しないことが決定されましたが、その結果がどうなるかを示す良い証拠となりました。このケースでは、87%の針葉樹プランテーションが失敗し、さらに10%が収穫後6〜8年経っても生育可能な基準を満たしていないという結果が出ています(Nicholson 2007)。同様の結果は、他の森林生態系で実施された研究試験でも観察されています(Biring et al.2003, Dampier et al.2006)。2001年にケベック州の公有地で除草剤の使用を中止した結果、植林地の設立と手入れにかかる費用が1haあたり5,000ドルを超えることが多くなった(Labbé et al.2014)。これらのプランテーションの多くが最終的に成功するかどうかは現在のところ不明であり、除草剤の使用制限が針葉樹の木材供給に与える影響についての統計はケベック州では得られていない。最近、同州のチーフ・フォレスターは、植林地の適切なモニタリングを重要なニーズとして挙げている(Bureau du forestier en chef, 2015)。

針葉樹の植栽は、機械的な敷地整備、苗の生産、植栽のコストを考慮すると、土地所有者にとって1haあたり1,000ドルを超えるコストがかかります。この投資を保護するために、土地所有者はグリホサートの空中散布を1回行うために約200ドル/ha、手動によるブラシソー処理を1回以上行うために1,000~4,000ドル/haを費やすことになります。除草剤の使用を抑制している地域で得られた教訓を考慮すると、特に成功が不安定で不確実な場合、より高い処理コストを正当化するのは非常に難しいでしょう。ニューブランズウィック州天然資源局のスタッフが行った最近の木材供給予測によると、除草剤を使用しないという決定の結果、針葉樹の植林が中止された場合、長期的な木材供給総量(20年以上後)は20%近く減少し(針葉樹23%、広葉樹5%)、その結果、730人もの直接雇用が失われることになります。また、自然再生のための間伐や手入れに必要なブラシソーイングができないように予算が制限された場合、将来の総伐採量は60%近く減少し(針葉樹66%、広葉樹33%)、2400人もの直接雇用が失われることになるのです。ここで強調しておきたいのは、このような決定がもたらす影響は、その決定がなされてから何年も経たないとはっきりとはわからないということです。

 

転載元:”WHAT WOULD HAPPEN IF WE STOPPED USING HERBICIDES?”

https://forestinfo.ca/faqs/what-would-happen-if-we-stopped-using-herbicides/


文中の青字*は翻訳編集コメントです。
今回は、カナダにおける、森林管理に関するリソースや情報を共有するための産官グループである、「フォレストインフォ. カナダ」のホームページから、グリホサートに関する情報を翻訳編集しました。この機関は、森林資源の長期的な持続可能性を確保するために、研究し実践しています。科学的専門知識は、カナダ天然資源省の森林局(CFS)の科学者が、カナダの森林に関する研究を実施し、森林管理や政策、林業やまた一般市民を支援するために、科学的助言を実施しています。
カナダの緑豊かな森林は、グリホサート系除草剤など、除草剤の力で守られているのですね。人間や自然・動物に対する影響に関しても科学的研究が実施されていて、そのうえで除草剤を使用しているので、安心できます。偏ったり間違ったりしている情報ではなく、科学的な根拠に基づいた情報を多くの人が選択できますように。

シェア
Share on facebook
Share on twitter