将来にわたって食料供給を確保するために:農家がグリホサートを選択する理由。

目次

世界の人口が増加していることは周知の事実です。2050年には、現在より20億人以上多い97億人に達すると予想されていますが、残念なことに、世界の耕作可能な土地は人口の増加に伴って増えていません。このことは、カナダ人や世界中の人々に十分な量の高品質な食料を生産する義務を負う農家にとって、深刻な課題となっています。

カナダは現在、世界第5位の食料輸出国です。人口の増加に伴い、世界が必要とする食料を供給する上で、特にカナダの農家は重要な役割を担うことになります。カナダの農家は、これまで以上に多くの需要に応えなければならないだけでなく、作物を脅かす害虫や病気の管理、不規則な天候の変化への対応、そして何世代にもわたって農家が健康で丈夫な土地を維持できるようにすることも求められます。

このような需要の増加に農家が単独で対応することはできません。幸いなことに、グリホサート 除草剤を含む最新のツールや技術は、農家が正確かつ効果的に雑草を管理するのに役立ち、その結果、より持続可能で安全な食糧供給が可能になるのです。

グリホサート 農家 花

そもそもグリホサートとは?

グリホサートとは、汎用性の高い非選択性の除草剤で、40年以上にわたって世界中の農家、土地管理者、園芸家に使用されてきました。グリホサート農薬は、植物(この場合は不要な雑草)が成長するために必要な酵素を阻害することで作用します。この酵素は人間や動物には存在しません。したがって、グリホサート 使い方が正しくすれば、人間にも動物にも安全です。

 

また、グリホサート除草剤は農業以外にも幅広く使用されており、自治体では都市部の緑地で、有毒な雑草から市民や野生動物を守るために使用されています。また、鉄道では車掌の視界を確保し、線路上での火災を防ぐために使用されています。

 

最近では、グリホサートとその生活用品への注目度が高まっています。食品に何が使われているかを疑うことは重要ですが、カナダ保健省を含む160以上の国際的な政府保健規制機関が、グリホサート 使い方は正しくされていれば人体に安全であると認めていることは注目に値します。

 

グリホサートとは何か、どのように使用されているのか、食料生産と持続可能な農業実践においてグリホサートが果たす重要な役割をカナダ人に理解してもらうことで、私たちが安全で手頃な価格で食べられる食料を確保するために農家が使用している数多くの手段のひとつであるグリホサートに対する懸念が和らぐかもしれません。

 

なぜ農業にグリホサートを使うのか?

グリホサート糸除草剤を農業で使用することは、農家、消費者、そして環境にメリットをもたらします。効果的な雑草駆除、安定した食料供給、環境の持続可能性の鍵となります。では、それぞれのメリットについて深く考えてみましょう。

 

国連食糧農業機関によると、世界の農家は、雑草、害虫、病気によって作物の30〜40%を失っています。国連食糧農業機関によると、作物保護対策を行わなかった場合、これらの損失は2倍になると言われています。特に農家にとっては、作物が生活の糧であることを考えると、壊滅的な損失です。

 

だからこそ、農家が毎年頼れる道具に頼るようになったのも不思議ではありません。グリホサートを圃場に散布することは、特にグリホサート耐性のある作物においては、破壊的な雑草が作物を占拠するのを防ぐための実証済みの方法です。現在までのところ、実用的にも経済的にも同レベルの効果を持つ雑草防除方法は他にありません。

グリホサート 農家 畑

カナダ人と世界中の消費者にとってのメリット:豊富で手頃な価格の食料

人口は増加の一途をたどっており、現在の食糧生産地の半分は、砂漠化や土地の劣化により、40年以内に使用できなくなる危険性があります。これにより、食糧不安が高まっています。グリホサートの使用を含む近代的な農業イノベーションがなければ、カナダ人の食費は55%も高くなると予想されます。

 

それだけでなく、私たちが好んで食べる食品を手に入れることがますます困難になるでしょう。しかし、植物科学のおかげで、農家は今後何年にもわたって、私たちの好きな主食を持続的に栽培することができるようになります。

 

グリホサートは、雑草を駆除して食料品店に手頃な価格の野菜を並べるためだけに使われているわけではありません。グリホサートは、サスカチュワン州モスバンクの農家、チェリリン・ジョリー・ナグル氏が「彼らの最も貴重な資産」と呼ぶ土地の管理にも役立っているのです。

利点は明らかです。では、グリホサートは安全なのでしょうか?

他の農薬と同様に、ラベルの指示に従って使用する必要があります。カナダでは、グリホサートの使用は、作物に農薬が残留していないかどうかを検査し、農家が正しく使用していることを確認するカナダ食品検査庁(CFIA)と、規制ガイドラインを提供し、製品提出の評価と承認(または却下)を行う害虫管理規制庁(PMRA)の両方によって規制されており、その評価プロセスは世界で最も厳しいもののひとつです。

また、技術の向上と精密農業の利用により、農家はデータを活用して、グリホサートの散布場所や散布量をより正確に行うことができるようになりました。

残留農薬に関して言えば、グリホサートが食品から検出され、検出された限界値では害を及ぼすことは稀です。CFIAは、農家が除草剤を適切に使用し、定められた残留基準値の範囲内で作業することを保証しています。ごくまれに低濃度(10億分の1など)で検出されることがありますが、これはカナダ政府が定めた基準値を大幅に下回っており、人や動物に危険を及ぼすものではないため、健康や安全に関する懸念にはなりません。

持続可能な農業実践の一環としてのグリホサート使用

農家はグリホサートのような除草剤を、総合的な害虫・雑草管理の一環として使用しています。グリホサートを使用することで、土壌や空気、環境全体に長期的なメリットをもたらす保全耕うんや不耕起の方法を採用することができます。

– 土地を耕すことを減らしたり、なくしたりすること

– CO2排出量の削減

– 土壌中の炭素の回収

– 土壌の健全性の向上

– 水の流出を減らし、浸食を抑制します

カナダの農家が、人口増加に伴う食糧供給の需要に応えるために必要なツール、技術、サポートを確実に得ることは、かつてないほど重要になっています。

 

農家は、優れた農業、食品安全、害虫管理を実践することで、私たちの食べ物を安全で豊かなものにしていきます。そして、グリホサートは、カナダ人や世界中の人々が栄養価の高い安価な食品を入手できるようにするための数多くの手段のひとつに過ぎません。

シェア
Share on facebook
Share on twitter