リスクを理解するためには、常識が必要

目次

―もし、あなたの友達が橋から飛び降りたら、あなたも飛び降りるか?-

私は父親として、子供たちにリスクを考える際の常識を身につけさせるために、このセリフを使ったことがあるかもしれない。

しかし、時にはリスクが大げさになってしまうこともある。視点を変えてみるといいだろう。

グリホサートに関する馬鹿げた研究

カリフォルニア州に、私が農場で雑草と戦うために使っている道具を禁止しようとするグループがある。彼らは、私たちを脅してそのリスクを知らせようとしている。

今回、彼らはとんでもないことをやってのけた。彼らは、ビールやワインに含まれるグリホサート 除草剤のごくわずかな痕跡を見つけるためにテストを行った。

視点を変えてみよう。

アルコールは既知の発がん物質である。米国がん協会のホームページにあるリストにも載っている。国際がん研究機関(IARC)のグループ1に分類されている。

IARCは、ほとんどすべてのものにがんのリスクがあると謳うことで有名な国際機関だ。アルコールは、アフラトキシンとアルミニウム製造の間に位置している。

アルコールは、米国毒性プログラムのリストにも含まれている。米国がん協会のサイトでは、このリストに掲載されているものが必ずしもがんの原因になるとは限らないと説明している。

グリホサート 成分はIARCのリストにも掲載されているが、下位グループの2Aで、グリシドール 展着剤と美容師として働くことの間に位置する。

グリホサート 農薬は完全に安全であるという研究結果が出ているにもかかわらず、なぜこのリストに載ったのかについては議論がある。その調査に関する記事はこちらだ。

グリホサート メカニズム

反技術的なアジェンダ

グリホサートを心配するという考えは、反技術的なアジェンダに基づいたナンセンスなものだ。

なぜ人々がアルコール中のグリホサート 農薬のレベルをテストすることにまで駆り立てられるのか、それが唯一の説明だ。

次は?砒素やアスベストに含まれるグリホサートを検査するのか?

私たちは農場で暮らし、自分たちが育てたものを食べている。孫たちは畑で遊んでいる。もしグリホサート 安全性に不安があれば、私は使わない。

すべての段階で、私たちはこの作物保護製品を細心の注意を払って使用し、製品のガイドラインに従い、適切な量だけを散布している。芝生の手入れには使うかもしれない。

私たちの不安を煽っている団体によると、彼らのテストで見つかった最高レベルは、体重125kgの大人が1日に300ガロン以上のワインを一生飲み続けないと到達しないほど少量だったそうだ。これは、1分間に1本のワインを飲まなければならないということだ。

私もおいしいシャルドネは好きだが、自分の限界を知っている。

狂気の沙汰は続く。このレベルでも、大酒飲みは慎重になるべきだと主張しようとしている。もちろん、ビールやワインを大量に飲む人にとって、グリホサート 作用機構は最も心配のない物質だ。それよりも、大量のアルコールを摂取することの方がはるかに有害なのである。

グリホサートはワインよりも安全

酒の飲み過ぎは仕方がないが、農家がグリホサートを使う理由はいろいろある。

グリホサート 除草剤が人気なのは、効果が高く、他の除草剤に比べて安全性が高いからだ。また、不耕起栽培を行うことで、土壌の保全にも役立つ。

ビールやワインの原料となるホップやブドウも、飼料用の大豆も、最終的には健康な作物を育てることが大切だ。

植物が雑草を撃退することで、より大きく、より強く、病気と闘うことができる。そして、より美味しく、より求めやすくなる。

そうなんだ。私はそれに乾杯しようと思う。

 

転載元:https://globalfarmernetwork.org/2019/03/we-need-common-sense-to-understand-risk/

シェア
Share on facebook
Share on twitter