プロパガンダ ジャーナリズムを装ったアクティビズムを見抜くためのガイド、パート1

目次

インターネット上のどこかにいる「調査記者」が、農薬の危険性とそれに対してEPAが何もしていないこと を警告しない月はないようです。そこで私が思い浮かべたのは、「The Intercept」の最近の「The Department Of Yes: How Pesticide Companies Corrupted The EPA and Poisoned America」という記事です。「Guardian」や「Huffington Post」でも同じような記事が掲載されていることでしょう。

このような記事は、専門家の言葉やピアレビューされた研究へのリンク、悪行を働く企業や見て見ぬふりをする規制当局への非難など、包括的な内容になっているのが普通です。しかし、このような信頼に足る報道にもかかわらず、これらの記事には根本的な欠陥があることが多いのです。

限られた時間の中で、これらのエリン・ブロコビッチに触発された記事をすべて分解することはできません。そこで、自分が読んでいるのが確かな報道なのか、それとも報道の体裁をとった政治的主張なのかを見極めるために、いくつかのルールを紹介したいと思います。簡潔にするため、2つの記事に分けて説明します。

警告:この記事にはニュアンスがありません

グリホサート 農薬は食料生産に必要な道具というだけでなく、科学の進歩がもたらした公衆衛生上の重要なイノベーションの一つであることは間違いありません。もしこれが馬鹿げていると思うのなら、それはあなたがこれらの必須化学物質のない生活を知らないからです。しかし、元FDAの科学者であるヘンリー・ミラー氏が最近説明したように、グリホサート 農薬は確かに危険なものです。

しかし、死亡率、障害、感染症の減少、生活の質の向上など、公衆衛生の標準的な尺度のいずれから見ても、現代の農薬の貢献度は非常に大きいです。

単純な事実として、害虫は私たちが食用として収穫する前に作物を破壊します。雑草や昆虫、有害な微生物などの被害が大きければ大きいほど、栄養失調に陥る危険性が高まります。この文章を読んでいる間にも、世界中で何億人もの人々が十分な食事を得られずにいるのです。また、農薬は、病気を媒介する動物を駆除したり、食品中のがんの原因となるカビの存在を減らしたりします。

 

農薬会社が「アメリカを毒している」と主張するジャーナリストは、これらの重要な利益を軽視しており、あるいは全く無視しており、懐疑的になるのは当然です。

彼らは、明確に定義された悪役とヒーローで物事を考え、農薬やその他の化学物質のリスクと利益を適切に評価するために必要なニュアンスの余地を残しません。

グリホサートについてのダブルスタンダード

2018年初頭、フランスの科学者が、有機農業で広く使われている殺菌剤の硫酸銅について、驚くべき報告を発表しました。”過剰な濃度の銅は、ほとんどの植物の成長と発達、微生物群集、土壌動物群に悪影響を及ぼす “と書かれています。また、この殺菌剤が癌を引き起こす可能性があることや、ミツバチに非常に有害であることも研究で確認されています。

記者たちは農薬の危険性について何千語も割くことが多いですが、硫酸銅について言及することはほとんどありません。著者は、ネオニコチノイド系殺虫剤(ネオニクス)が “ミツバチの学習プロセスを遅らせ、採餌や長距離飛行の能力に影響を与える “と主張しています。また、グリホサートについては、”少なくとも1983年以降、EPA(米国環境保護庁)でその発がん性について精査されてきた “と主張してます。文字通り何千もの研究が、グリホサート剤が癌を引き起こさないことを示しているのですから、これは尚更おかしいです。米国農務省や国連食糧農業機関のデータによると、ネオニクスが広く使用されているにもかかわらず、ミツバチの個体数は増加しています。

なぜこれらの殺虫剤やグリホサート 除草剤には関心があるのに、硫酸銅には関心がないのでしましょうか?おそらく、無知な記者が見落としただけでしょう。しかし、ミツバチの死やガンを農薬のせいにしたいのであれば、有機農業から除外されている合成化学物質だけを追いかけるわけにはいかないでしょう。そんなことをするジャーナリストは、視聴者に誤解を与えてしまいます。何を隠そう、ミツバチにとって最大の脅威は農薬ではなく、バルロア破壊ダニなのです。

グリホサート,グリホサート イソプロピルアミン塩,グリホサート イソプロピルアミン塩 グリホサートイソプロピルアミン塩,グリホサート 仕組み,グリホサート 使い方,グリホサート 効果,グリホサート 安全,グリホサート 日本,グリホサート 除草剤,グリホサートイソプロピルアミン塩,グリホサートとは,グリホサート仕組み,グリホサート安全性,グリホサート日本,グリホサート系除草剤,グリホサート除草剤,正しい理解,農化学,除草剤

無批判に引用されるレイチェル・カーソン

レイチェル・カーソンは、1962年に出版された『サイレント・スプリング』で、環境保護を一般の人々の良心に訴えかけたことに大きな責任があります。農薬、特に殺虫剤DDTの誤用を警告し、環境保護庁の設立を後押しした功績は大きいです。「The Intercept」はこの話を喜んで伝えました。

殺虫剤会社はカーソンと彼女の仕事を攻撃しましたが、カーソンの警告が勝利をもたらしたのです。「沈黙の春』の出版から8年後、リチャード・ニクソン大統領はEPAを発足させ、その使命を軍事用語で表現しました。

しかし、歴史はもっと複雑で、メディアはその事実を見落としがちです。小児科医のポール・オフィットは2017年に「レイチェル・カーソンは尊敬される環境アイコンであり、またそうあるべきだ」と書いています。

「しかし、彼女の1つの農薬に対する十字軍は、何百万人もの人々の命を奪った。」

カーソンは、当時、マラリアを媒介する蚊を駆除するために使用されていたDDTが、先天性欠損症、肝臓疾患、染色体異常、白血病など、さまざまな病気を引き起こすと主張しました。彼女の主張により、多くの国で殺虫剤の使用が禁止されました。

しかし、カーソンは大きな間違いを犯していました。その後行われた複数の研究により、DDTは「沈黙の春」で指摘された病気の原因ではないことが判明したとオフィットは指摘します。

実際、DDTの時代にアメリカで増えたガンは、タバコの煙が原因の肺ガンだけでした。2006年、世界保健機関(WHO)は、マラリア撲滅の一環としてDDTを復活させました。しかし、その前に何百万人もの人々がこの病気で不必要に亡くなっていたのです。

グリホサート,グリホサート イソプロピルアミン塩,グリホサート イソプロピルアミン塩 グリホサートイソプロピルアミン塩,グリホサート 仕組み,グリホサート 使い方,グリホサート 効果,グリホサート 安全,グリホサート 日本,グリホサート 除草剤,グリホサートイソプロピルアミン塩,グリホサートとは,グリホサート仕組み,グリホサート安全性,グリホサート日本,グリホサート系除草剤,グリホサート除草剤,正しい理解,農化学,除草剤

最後に

後編に移る前に、重要なことを述べておきたいです。農薬会社は悪徳業者である可能性がありますし、EPAは時として政治によって科学的分析を歪めてしまうことがあります。これらは規制システムの許しがたい失敗ですが、だからといってジャーナリストが化学物質の安全性に関する報道に自分の偏見を持ち込む理由にはなりません。腐敗した企業や規制当局に関する歪んだストーリーは、非常にセクシーですが、真実に近づくことはできません。

 

転載元:

https://www.acsh.org/news/2021/07/12/pesticide-propaganda-guide-spotting-activism-masquerading-journalism-part-1-15650

シェア
Share on facebook
Share on twitter