グリホサート-インターネット上の恐怖政治の寵児

目次

「もう一度」言いますが、 米国環境保護庁(EPA)が最近発表したプレスリリースによると、グリホサートが癌を引き起こすという証拠はないとのことです。

「もう一度」と言ったのは、人間の健康に関する研究を含め、すでに800以上の研究が行われており、グリホサートとがんの関連性はないとされているからです。

グリホサート 安全性に関する農家の意見

専業農家に聞いてみると、グリホサート剤はこれまで使ってきた農薬の中で最も安全なものの一つであると答えるでしょう。グリホサート 使い方は、1エーカーあたりオンスという最小限の量で、厳格な規制ガイドラインに沿って使用され、十分にテストされています。毒性が高く、環境や花粉症に大きな影響を与えることがわかっている化学物質は、合成農薬、有機農薬を問わず、他にも数多く存在します。(面白いことに、この話はあまり聞きませんが)。

農薬は作物の健康のために重要な役割を果たしますが、必要以上に使用することは農家にとって無駄なことです。しかし、農家の作物を守ることができなければ、世界の食糧生産の80%までが失われてしまうかもしれないのです。

恐怖を煽るための便利な道具

そんな中、除草剤 グリホサートはインターネット上の恐怖政治の寵児となっています。フェイスブックでグリホサートについて読んだり話したりしたことがある人は、2015年に国際がん研究機関がグリホサート 農薬をグループ2Aの「ヒトに対する発がん性の可能性が高い物質」としてリストアップしたことを利用して利益を得ようとする法律事務所の「スポンサー付き」の投稿に後から狙われたことがあるでしょう。

フェイスブック フェイクニュース グリホサート
フェイスブック フェイクニュース グリホサート

私にはよくあることです。お金に困っている弁護士からFacebookで「広告を隠す」を押す回数は、驚くほど多いです。

IARCによると、かなり多くのものが発がんの危険性があるかもしれません。危険性と実際のリスクの重要な違いがあります。IARCがグリホサートを分類しているグループ2Aには、ディズニーランド、ビール、コーヒー、釣り竿、夜勤、キャンプファイヤーなども含まれています。実際、IARCのウェブサイトを直接見てみると、「おそらく」がんを引き起こさないものが1つだけあることがわかります。それはカプロラクタムという物質で、ヨガパンツに使われているナイロンのような合成繊維や、ブラシの毛のような一般家庭用品に使われているものです。

よかったのです……ヨガパンツを履いても「おそらく」がんにはなりません。

なぜ弁護士はもっと訴えないのですか?

もし、すべてのものが癌を引き起こすというのが本当なら、弁護士はなぜ他の製品でも儲けようとしないのでしょうか?しかし、そうすることもできるし、そうしています。このリンクでは、カリフォルニア州のプロップ65(EPAが取り締まっているプロップ65)で弁護士が稼いでいる何億ドルもの金額について説明しています。しかし、陪審員についても考えなければなりません。

ワインは発がん性の可能性が高いですが、もし弁護士がナパバレーのワイナリーが悪であると陪審員に説得しようとしたら、それはかなり難しいでしょう。多くのロビー活動の後、コーヒーはカリフォルニア州の警告表示の義務からつい最近外されました。オーガニック食品があなたを殺そうとしているということを、一般人の陪審員に納得させようとしたら?それはもっと難しいかもしれません。

しかし、MONSANTOはどうでしょう?

噂話や一貫した神話のおかげで、モンサント社が悪であると陪審員を納得させるのはあまりにも簡単です。大当たりです。

でも、どうしてこんなことになってしまったのでしょう?欺瞞と金の流れを追うことです。カリフォルニア州の被告がバイエル社傘下のモンサント社を追及する場合、2015年のIARCレポートが前面に押し出されます。その2年後、主任科学者がグリホサートとがんの関連性がないことを示す新しいデータを知っていたにもかかわらず、同僚にそのことを言わなかったという事実が発覚したにもかかわらずです。また、今日の公共部門では、あまりにも多くの「自然派」やオーガニック食品の企業、利益団体、反GMOラベルの支持者が、農薬が一般の人々が考えているよりもはるかに広く使用されているという事実を平気で隠しています。これらの団体は、グリホサートが悪夢のような製品であると世間に信じ込ませようと大金を投じています。

科学的には、グリホサート 安全に使用できると言われており、他の何百もの農薬が訴訟やその他の活動の対象になっていないのは興味深いことです。

 

転載元: https://www.agdaily.com/crops/glyphosate-internets-fearmongering-darling/

シェア
Share on facebook
Share on twitter