グリホサート系除草剤の家庭での使用について

目次

グリホサートとは?およびグリホサート系除草剤の安全性について

グリホサートとは、多くの除草剤の有効成分です。グリホサート系除草剤は、農業以外にも、様々な用途で雑草の成長を管理するために使用され、芝生、庭、中庭、車道などから有害で見苦しい雑草を取り除くことができます。グリホサートに関して、情報を下の図にまとめました。(参考:グリホサートとはグリホサート系除草剤の安全性、グリホサート日本における試験結果)

グリホサートとはーグリホサート系除草剤の安全性について
グリホサートとはーグリホサート系除草剤の安全性について

 

グリホサート系除草剤の環境への影響について

日本において、「ヨーロッパではグリホサートは禁止されている」といった噂が流れていますが、欧州、またアメリカにおいても、グリホサートに関する研究は十分に実施され、安全が評価されています。安全だけでなく、環境への影響なども研究されています。

欧州食品安全機関(EFSA)米国環境保護庁(EPA)などの規制当局は、グリホサート系除草剤が環境に不合理なリスクをもたらさないことを確認するため、包括的な評価を行っています。その一環として、規制当局はミツバチなどの非標的生物やその他の野生生物への影響の可能性を特に評価しています。試験の結果、グリホサート系除草剤はミツバチに急性または慢性の悪影響を及ぼさず、動物性野生生物の健康を脅かさないことが判明しています。実際、グリホサートは、環境や生物多様性の保全に役立つ重要なツールです。

さらに、グリホサートは、土壌に強く結合し、地下水に浸出しにくいというユニークな性質を持っています。また、二酸化炭素、窒素、リン酸などの自然界に存在する物質に分解されます。

(参考:グリホサートイソプロピルアミン塩グリホサートカリウム塩、など成分に関する情報)

お家やお庭のお手入れにおけるグリホサート系除草剤の重要性

雑草は見た目が悪く、水や日光、栄養分をめぐって望ましい植物と競合するため、植物の生育が妨げられます。しかし、見た目だけではなく、グリホサート系除草剤は、他の植物や人間、動物に害を及ぼす可能性のある有害な雑草、侵入性のある雑草、迷惑な雑草を抑制するのに役立ちます。

有害な雑草とは何ですか?有害雑草とは、有害であったり、毒であったり、非常に不快であったりする植物のカテゴリーです。有害な雑草には、ウルシ、オーク、ウルシ、クズ、ワイルドブラックベリーなどの植物があります。これらの雑草の中には、驚異的な速さで成長し、複雑な根の構造を持ち、毒素を出すものもあるため、人の手で排除することは事実上不可能であり、危険ですらあります。40年以上にわたり、グリホサート系除草剤は効果が高く、安全に使用されてきました。安全に使用するには、グリホサート系除草剤の製品のラベルに従って使用することが大事です。

 

最後に

実際に、庭(と思われる場所)にグリホサート系除草剤を撒き、その後の経過をまとめられた動画があるので、グリホサート系除草剤の使い方の参考として、見て頂ければと思います。

転載元:https://www.youtube.com/watch?v=JuRvRgp3kEY

シェア
Share on facebook
Share on twitter