グリホサート安全性の承認更新におけるアセスメントグループ by 欧州委員会(European Commision)

目次

グリホサートに関するアセスメントグループ – AGG

EUの農薬法では、すべての活性物質の承認を定期的に見直すことが義務付けられています。このプロセスは、報告者である加盟国による科学的評価から始まり、その後、欧州食品安全機関(EFSA)が監督する査読プロセスを経て行われます。グリホサートについては、2019年12月に評価プロセスが開始され、2022年12月の現行承認の失効前に決定を下すことができます。

2019年5月10日、4つの加盟国(フランス、ハンガリー、オランダ、スウェーデン)が、グリホサートの承認更新のための次の申請の評価のために、共同で報告者を務めることが任命されました。この4つの加盟国は、「グリホサートに関する評価グループ(AGG)」を形成しています。AGGは、グリホサートの承認更新のために提出された書類の科学的評価を行います。

AGGは完全な透明性を持って活動することを約束し、関連情報をこのウェブサイトで公開します。本サイトの内容は、AGGの責任で管理されています。

文中の青字*は翻訳編集コメントです。(参考:グリホサートとはグリホサート農薬に関する情報、グリホサートイソプロピルアミン塩など成分に関する情報、グリホサート安全性に関する情報、グリホサート検査結果に関する情報

 

2019年の提出前ミーティング

活性物質の承認更新のための書類を提出する前に、申請者は、手続き上および科学上のトピックについて議論し、ガイダンスを得るために、報告者であるメンバー国との提出前ミーティングを要求することができます。

グリホサートの場合、申請者はGlyphosate Task Force 2(GTF2)が代表を務めているが、2019年末にGlyphosate Renewal Group(GRG)に改称された。GRGは、活性物質であるグリホサートのEUでの承認を2022年に更新することを申請している企業のコンソーシアムです。AGGはGRGと2019年に5回(対面会議3回、電話会議2回)、2020年に3回(すべて電話会議)の提出前会議を開催しました。EFSAも一部のプレサブミッションミーティングにオブザーバーとして出席しました。会議で議論されたプレゼンテーションや議事録を以下に掲載します。

 

2019年7月4日の一般的なプレサブミッションの電話会議

プレゼンテーション(英語

議事録

2019年9月27日の一般的なプレサブミッション会議

プレゼンテーション:スライド1~30スライド31~42

発表議事録

2019年10月17日の技術的プレサブミッション会議(環境運命、生態毒性、内分泌かく乱特性

エコトックスのプレゼンテーション(ED特性を含む

環境運命のプレゼンテーション

議事録(環境運命、生態毒性、内分泌かく乱特性

2019年10月18日の技術的プレサブミッション会議(毒性学および食品中の残留物

毒性学プレゼンテーション(ED特性を含む

残留物プレゼンテーション

議事録

2019年12月11日のテレビ会議(科学的査読付き公開文献の評価

プレゼンテーション

議事録

2020年4月16日のテレカンファレンス(生物多様性への影響の評価

プレゼンテーション

議事録

2020年6月4日のテレビ会議(補足書類の提出

プレゼンテーション

議事録

2020年8月26日のテレコンファレンス(サニテーションと開示のタイムライン

議事録

付録 CBIフォームに対するAGGのコメント

付録 SE情報の公開

付記 SE情報と秘密保持法

 

グリホサートの更新申請書を提出

グリホサートの承認更新申請が、9社のコンソーシアムであるGlyphosate Renewal Group(GRG)により、2019年12月15日の期限内に提出されました。

この申請書類には、新規および進行中の試験に関する情報が含まれており、報告者である4つの加盟国(AGG)、欧州食品安全機関(EFSA)、欧州委員会、その他すべてのEU加盟国に送付されています。

AGGが評価した本申請は、規則(EU) n° 844/2012の基準を満たしていませんでした。そのため、申請者は2020年1月23日までに修正申請書を提出するよう要請されました。

修正申請書のダウンロード

フランス

ハンガリー

オランダ

スウェーデン

AGGは、更新された申請書が規則(EU) n° 844/2012の基準を満たしていると結論付けました。この申請書は、EFSAの質問登録に掲載されています(Pesticide dossier, EFSA question number: EFSA-Q-2020-00140)。

完全性判定書のダウンロード

フランス

ハンガリー

オランダ

スウェーデン

AGGが評価するための書類一式は、遅くとも2020年6月15日までに申請者から提出されなければなりません。

 

グリホサートの更新のための補足書類の提出

グリホサートの承認更新のための補足書類が、2020年6月15日の期限前に、グリホサート更新グループ(GRG)からAGGの4つの報告担当加盟国に提出されました。

この補足書類は、AGGによって規則(EU) n° 844/2012の要件と照合されましたが、すべての基準を満たしていませんでした。そのため、申請者は2020年7月24日までに修正した申請書を提出するよう求められました。

フランス

ハンガリー

オランダ

スウェーデン

 

7月23日、改訂された補足資料をAGGメンバーが受け取りました。AGG メンバーは、グリホサートに関する更新された補足書類の完全性を評価し、以下の点を確認しました。

グリホサートに関する更新された補足書類の完全性を評価し、それが規則 (EU) n° 844/2012 の第 7 条で規定されたすべての要素を含んでいることを確認しました。本申請は許可されました。

フランス

ハンガリー

オランダ

スウェーデン

更新された補足書類は、規則(EU) No 844/2012の第8条(3)に従い、他の加盟国、欧州委員会およびEFSAに送付されます。

書簡の中で、AGG メンバーはさらなる説明が必要な発言をしています。さらに、AGG メンバーは、いくつかの最終報告書または研究がまだ入手できていないことに留意しました。これらの明確化/報告は、Regulation (EU) No 844/2012 の Article 11(5) に従って要求されます。

 

転載元:” Assessment Group”, European Commission

https://ec.europa.eu/food/plant/pesticides/glyphosate/assessment-group_en

 


文中の青字*は翻訳編集コメントです。今回は、グリホサート更新グループのホームページから、当グループの透明性に関する取り組みについて説明されてあるページを翻訳・編集しました。当グループが、ヨーロッパの規制当局に提出した書類・資料など、すべて公開されているので、グリホサートに対して不安をいだいている方たちにも、ぜひ見ていただければと思います。(リンク先は英語です。)

シェア
Share on facebook
Share on twitter