グリホサートで庭の雑草を枯らす(グリホサート作用について)by ミシガン州立大学エクステンション

目次

庭の雑草を駆除するグリホサート 作用をご紹介します。

庭の雑草は本当に厄介なもので、多年生の雑草は、根こそぎ掘り起こさない限り、毎年生えてきます。1974年に開発されたグリホサート系除草剤は、多年生雑草の駆除を格段に容易にしました。グリホサートは、現在、家庭の景観や庭で使用される最も一般的な除草剤です。一年生草本、多年生草本、広葉雑草、樹木、低木など、さまざまな植物を枯らしてしまう幅広いスペクトルを持っています。2000年に特許が切れたため、多くのメーカーがグリホサートを含む製品を製造・販売しています。

多くの植物にグリホサート 効果があることから、このグリホサート系除草剤を気に入っている人もいれば、グリホサート 安全性が気になる人もいるでしょう。この記事では、グリホサートが使用状況に合っているかどうかを判断し、正しく使用するために、グリホサートに関する興味深い情報を紹介します。

 

グリホサート仕組みとは

グリホサートは、活発に成長している植物(雑草)に散布する必要があります。グリホサートは植物全体に移行し、芳香族アミノ酸であるチロシン、トリプトファン、フェニルアニンの合成に関与する酵素を阻害します。

処理され、生化学的プロセスが阻害された結果、植物は枯れ始めます。一年草は2~4日で症状が出始めますが、多年草は7~10日かかります。曇り空で気温が低い場合は、症状が遅れることがあります。

 

配合と割合

特定の雑草を枯らすのに必要なグリホサートの量は、植物の種類や散布時のサイズによって異なります。若い苗の場合は1〜2オンス/ガロンで十分な場合もありますが、しっかりとした多年草の場合は3オンス/ガロン以上必要な場合もあります。具体的な推奨事項については、製品ラベルをお読みください。

※オンス/ガロンとは、密度を表す単位です。1オンス/ガロンは、0.006 236 023 291 グラム毎ミリリットル [g/ml]です。

 

グリホサート 除草剤の適用条件

気温が華氏60度以上で、植物が活発に成長している時であればいつでも散布可能です。散布する前に天気予報を確認してください。乾燥する前に洗い流されると、植物を枯らすことはありません。

天気が穏やかなときに散布、できれば早朝や夕方がよいです。スプレーが雑草以外の植物に流れた場合、すぐに水で洗い流さないと、その植物が傷ついたり枯れたりする可能性があります。非標的植物への曝露は、噴霧器のノズルをより粗い液滴サイズに調整することで軽減できます。

植物の葉が濡れるまでスプレーしますが、滴り落ちないようにします。濡れた散布場所を歩かないように注意してください。靴についたグリホサートで草や他の植物を枯らしてしまう可能性があります。低木や小さな木は、植物を枯らすために何度も散布する必要があるかもしれません。

 

環境への影響

人々がグリホサート系除草剤を好んで使用する理由の1つは、毒性が低く、土壌中に残留しないからです。土壌粒子に吸着され、溶出の危険性が非常に低いのです。また、土壌微生物によって速やかにグリホサート分解され、通常は生育期間中に10〜60%が二酸化炭素に変換されます。分解の速度は、マイクロフローラの個体数や種類に影響されます。

グリホサートは、土壌中ではほとんど活性がないため、発芽前の活性はありません。つまり、雑草の種が発芽して成長するのを防ぐことはできないのです。植物はグリホサートを代謝することができないので、植物の組織に蓄積される傾向があります。これは、近くで繰り返し散布された非対象の樹木や低木にとって問題となります。

樹木にグリホサートが蓄積されると、樹皮のひび割れや全体的な健康状態の低下を招きます。組織内に十分に蓄積されると、植物が枯れてしまうこともあります。樹木の近くで散布する場合、特にその樹木が若くて樹皮が滑らかな場合、何らかの保護用具を使用して幹を保護してください。

 

保管

グリホサート製品は何年も保管することができますが、すべての農薬製品を極端な温度にさらされる場所に保管しない方がよいでしょう。ほとんどの液体と同様に、凍結させないようにしてください。

 

グリホサート安全性について

グリホサートは、最も毒性の低い除草剤の1つで、グリホサート 安全性が各規制機関により評価されていますが、この化学物質を取り扱う際にどのような安全用具(軍手など)を使用すべきかについては、必ずラベルを読んでください。噴霧器を使用した後は必ず洗浄し、きれいな水をラインに通して、再び噴霧器を使用する際に植物にダメージを与えないようにすることを忘れないでください。

グリホサート安全性 軍手などの保護用具
グリホサート安全性 軍手などの保護用具

この記事はミシガン州立大学エクステンションが発行したものです。詳しい情報は、https://extension.msu.edu。情報のダイジェストをメールで直接お届けする場合は、https://extension.msu.edu/newsletters。お住まいの地域の専門家へのお問い合わせは、https://extension.msu.edu/experts、または888-MSUE4MI (888-678-3464)までお電話ください。文中の青字*は翻訳編集コメントです。この連絡先は、米国のミシガン州立大学の連絡先です。お問い合わせする場合は、英語で、また各自で責任をもって行ってください。

 

転載元:”Killing weeds in the garden with glyphosate”, Gary Heilig,  – 

https://www.canr.msu.edu/news/killing_weeds_in_the_garden_with_glyphosate


今回は、ミシガン州立大学のエクステンションのホームページから、グリホサート作用について説明しているページを翻訳・編集しました。エクステンションとは、ミシガン州立大学の知識資源を個人、コミュニティまた企業に提供し支援する活動するプログラムのことです。グリホサート系除草剤は、使用方法をきっちり守って使用すれば、安全性が高い除草剤なのです。噂や嘘の情報を鵜呑みにせず、正しい情報を身に着けましょう。

シェア
Share on facebook
Share on twitter