グリホサートを安全に使用する方法

目次

はじめに

グリホサート系除草剤は、家庭菜園などの雑草を枯らすのに使用できます。また、植えたい植物を植える前の庭の一部分の雑草を枯らすのにも使えます。グリホサート 使い方について、難しく感じる人もいるかもしれませんが、使い方にはちょっとしたコツがあります。それは、近くに生えている植物を傷つけないように注意することです。

 

グリホサートの安全な使い方

以下、一般的なグリホサート 安全性が守られる使い方を紹介します。具体的な、また詳細な注意事項などは、ご購入されたメーカーのホームページや、製品のラベルを直接ご確認されたほうがよいかと思います。

1

グリホサート剤の散布は、雨や風が予想されない日を選んでください。グリホサートは30分以内であれば雨に濡れることは問題ありませんが、安全を考えて雨の降らない日を選ぶことをお勧めします。また、散布日に風が強いと、グリホサートが庭の枯らすつもりのない植物に流れてしまう可能性が高くなります。

2

長ズボン、長袖シャツ、手袋、ゴーグル、マスクを着用して、うっかりグリホサート剤が体についても問題ないように、保護具をつけて身を守りましょう。

3

グリホサート剤から守りたい庭の植物は、カバーで覆ってください。タープや古いテーブルクロスなど、プラスチック製のカバーであれば何でも構いません。グリホサートは非選択性の除草剤であり、接触した植物をすべて枯らしてしまいます。

4

グリホサート 希釈タイプの除草剤の場合、指定された量の水と混ぜます。必要な水の量は製品のラベルに記載されています。すぐに使える製品の場合は、水を加える必要はありません。

5

不要な雑草が完全に濡れるまでグリホサートを散布します。枯らしたい雑草の花や茎、葉にもかかるようにします。塗布後6時間以内に効果が現れ始めるはずです。

 

最後に

以上、グリホサートを安全に使用するための方法をまとめてみました。以下、実際にどの除草剤を選べばいいのか、また使用期間はどれくらいなのか、「造園パートナーズ庭師の教科書」さんがまとめた外部動画がありますので、そちらも参考にしていただけると幸いです。

https://www.youtube.com/watch?v=2ASYhM_qrd0

 

シェア
Share on facebook
Share on twitter