グリホサートは安全だと欧州連合の独立した最新の研究で結論づけられた

目次

貪欲な裁判弁護士や貪欲でイデオロギー的な活動家グループの主張にもかかわらず、査読を経た膨大な研究により、グリホサートが人の健康や環境に及ぼすリスクは最小限であることが確認されている。そして、その証拠は続々と寄せられている。

 

グリホサート 安全性を示す膨大な研究結果

欧州連合(EU)のグリホサートに関する評価グループ(AGG)は、11,000ページに及ぶ報告書を発表し、人気の高い除草剤は指示通りに使用すれば安全であることを改めて示した。審査員は、グリホサート 除草剤の生殖細胞変異原性、発がん性、生殖毒性、特定標的臓器毒性(STOT)、内分泌かく乱作用、環境への影響などを検討し、次のように結論づけた。

提案されているすべての用途において、オペレーターや作業者(個人防護具を装着していない場合)、および傍観者に対して安全な使用方法が示された…総合的に見て、AGGは除草剤 グリホサートが植物保護製品に使用される活性物質としての承認基準を満たしていると結論づけた。

グリホサート メカニズム
グリホサート メカニズム

グリホサート 発がん性 証拠がない

特に興味深かったのは、グリホサートの発がん性についての結論で、「存在しない」というものだった。

動物実験、疫学研究、統計分析など、すべての証拠を考慮しても、AGGは発がん性に関する分類の基準を考慮していない…AGGは、グリホサートの発がん性に関する分類は正当化されないと提案している。

世界中の規制当局が実施した17件のレビューでも同じ結論が出ている。例外として、国際がん研究機関(IARC)が2015年に発行した1つのモノグラフでは、除草剤は「発がん性の可能性が高い」とされているが、WHO機関はその後、その判断を変えるような研究を除外したとして、独立した専門家から非難されている。また、IARCに所属する研究者が、グリホサートによる発がんを主張する訴訟で専門家として証言したことも、同機関の客観性を疑問視する声につながった。

反農薬団体の偏見

 

グリホサート 雨
グリホサート 雨

一部の反農薬団体は、グリホサート 展着剤のブランドメーカーが自社の除草剤に不利な証拠を隠蔽しようとしていると主張している。この主張は間違っているが、無関係でもある。AGGの分析は、独立した科学者によって集められた発表済みの証拠を広範囲に渡って検討したものであると述べている。

この書類は、過去のEU承認プロセスで行われたほとんどすべての試験や研究に加え、新しい研究や最近の公開文献のレビューから構成されている…書類提出前の10年間を対象とした文献検索では、7,000件の公開科学論文が見つかった。

また、有機産業を支援するEnvironmental Working Group(環境ワーキンググループ)などの活動家は、食品中のグリホサート残留物が消費者にリスクをもたらす可能性があると主張している。新しいレビューでは、この可能性を考慮し、米国EPAに倣って以下のように判断した。

この暴露評価には、グリホサートが散布された後に作物に残留する可能性と、家畜がグリホサート 農薬とその代謝物に暴露された場合に動物性食品に残留する可能性が含まれている。

しかし、この結論を確認するためには、GRGが追加データを提供する必要があると審査員は判断した。他にもいくつか注意すべき点があった。住宅用(農業用ではない)の場合、「予測される噴霧ドリフトが大きいため、安全な使用が証明できない」というシナリオがあった。

シェア
Share on facebook
Share on twitter