グリホサートの事実。小麦生産者はグリホサートをどのように使用していますか?

目次

小麦の生産は、米国内の42の州で、さまざまな気象条件のもとで行われています。小麦生産者は、持続可能で経済的に成り立つ高品質の作物を栽培するために、多くの課題に直面しています。栽培者は、この42州で多くの害虫による作物の生存率への脅威に直面しています。その一つが雑草です。小麦生産者がよく使用するグリホサートは、小麦の植え付け前や収穫後のイネ科雑草の防除に非常に効果的な製品です。

グリホサート 英語
グリホサート 英語

事実をご紹介します。グリホサートとは?

グリホサートとは、雑草を防除するために使用される多くの「非選択性」除草剤の有効成分です。非選択性除草剤はほとんどの植物を駆除しますが、選択性除草剤は特定の種類の植物を駆除するように設計されています。非選択性除草剤は、作物の植え付け前に雑草を駆除するために使用されます。

グリホサート系除草剤は、多くの種類の雑草を防除できるシンプルで費用対効果の高い方法であるため、農家で頻繁に使用されていますが、グリホサート系除草剤商品名は農業以外の分野でも人気があります。グリホサートは雑草を防除するために使用され、その散布はターゲットを絞って行われます。

事実はこうです。グリホサート安全性について

一般的な除草剤成分であるグリホサートは、人間や環境に有害な影響を与えることなく安全に使用できることを保証するために、規制機関によって精査され続けています。世界各国の規制機関で徹底的に審査され、登録されています。世界100カ国以上で登録されており、40年間にわたり販売されています。また、農作物保護製品としては世界で最も広範な人の健康、安全、環境に関するデータベースに裏付けられています。私たちが口にする食品の安全性を確保し、グリホサートのような作物保護ツールを使用する人々を保護するために制定された米国の法律は、農家、住宅所有者、その他の土地管理者がこれらの製品を使用して安全性を確保する方法を規定しています。

グリホサート 安全性については多くの誤った主張がありますが、実際には、世界中の規制当局や科学者は、グリホサートをラベルの指示通りに使用した場合、人の健康、環境、非標的動物や植物に不合理なリスクを与えることはないと結論づけています。

事実はこうです。小麦へのグリホサート使い方は限定的

小麦産業におけるグリホサートの使用は限られており、一部の小麦畑では全く使用されていない場合もあります。実際、独立系の消費者調査会社GfKによると、2016年は米国の小麦エーカーの33%に適用されました。一般的に、小麦におけるグリホサートの散布は、成長中で最終的に収穫可能な小麦作物が存在しない休耕期に行われます。小麦におけるグリホサートの散布量と使用量は、不耕起栽培や最小耕起栽培など、他の生産方法にも左右されます。

アメリカのグレートプレーンズ地域では、不耕起栽培の面積の割合が過去26年間で15%以上増加しています。この変化により、雑草をコントロールし、土壌の水分を維持するために、グリホサートの使用量が増加していることが確認されていますが、他の商品作物に比べて散布量はまだ少ないです。また、雑草を駆除することで、小麦に感染するウイルスの拡散を抑え、小麦の品質と収量を維持することができます。

グリホサート 雨
グリホサート 雨

小麦におけるグリホサートの潜在的な用途は4つあり、最初の2つが最も一般的なものとして挙げられています。

  1. 植え付け前、植え付け時、植え付け後で小麦の出芽前に散布することで、生育期間中の雑草の競争を最小限に抑えることができます。このグリホサート 使い方は不耕起栽培で最も一般的です。
  2. 前述のように、収穫後、作物がないときに休眠散布を行い、貴重な土壌水分を雑草に使わせないようにします。これは米国西部や半乾燥小麦生産地域で最も一般的に行われています。
  3. 収穫前の散布 小麦工場が停止した後、小麦の穀粒形成が完了し、作物が成熟した時点で散布します。これは収穫前で、青々とした雑草を乾燥させ、作物をさらに成熟させるために使用されます。これは全小麦エーカーの3%以下で使用される珍しい処理ですが、天候の影響で小麦の収穫が十分に乾燥せず収穫できない場合に使用することができます。
  4. 農産物破壊とは、雑草、昆虫、病気、悪天候などにより、生育している小麦の収穫ができなくなった場合に使用されます。その結果、当然ながら収穫可能な穀物は得られません。

小麦生産者には、雑草をコントロールし、作物を管理するための選択肢があり、除草剤は生産者の作物生産の「道具箱」の中の一つのツールです。グリホサートは、指示通りに使用すれば、農家にとって効果的で実証済みの雑草管理ツールであり、農家や農業従事者、環境に不合理なリスクをもたらすことはありません。

シェア
Share on facebook
Share on twitter