グリホサートに関する事実

目次

最近、私たちの食料生産に使用されている一般的な除草剤であるグリホサート 安全性についての話題が盛り上がっています。

以下では、ミシガン州立大学成分安全性研究センターの専門家が、グリホサート 農薬に関するよくある質問にお答えし、最新の科学情報をお伝えします。

グリホサート 除草剤とは何ですか?

グリホサートは、農作物の成長を妨げる雑草を枯らすために開発・使用されている化合物です。農業用と家庭用の両方があります。

どのように使うのですか?

農業用途では、グリホサートは通常、植物の成長段階に応じて畑に散布され、作物の栄養分を奪う雑草を枯らします。グリホサート除草剤は、EPA(米国環境保護庁)が承認したガイドラインに沿って散布されれば、人間や動物、環境の健康に悪影響を及ぼすことはありません。

家庭での使用では、グリホサートは一般的に、庭、歩道、またはヤードでの雑草やその他の不要な成長を抑えるために使用されます。家庭でのグリホサート 使い方は、製造者の指示に従って使用された場合、人や動物の健康へのリスクは知られていません。

グリホサート スギナ

グリホサートは危険ですか?

研究者たちは40年以上にわたり、グリホサートが人や動物、環境の健康に与える影響について研究してきました。

EPAのガイドラインに沿って使用した場合、グリホサートは人間、動物、環境にとって安全であることがわかっています。

食べることはできますか?

濃縮されたグリホサートは絶対に食べてはいけません。グリホサートは濃縮されると毒性を発揮します。

幸いなことに、食料品店で販売されている食品には濃縮グリホサートは含まれていません。しかし、一部の食品には安全なレベルのグリホサートが残留していることがあります。

濃縮グリホサートは残留グリホサートとは異なります。残留グリホサートとは、作物の生育、生産、収穫後に残ったごく少量のグリホサートのことです。

EPA(米国環境保護庁)は、どのような食品にも安全に含まれるグリホサート残渣の量について厳しいガイドラインを設けています。

グリホサート 安全性の計算

EPAが承認した化学物質については、人が摂取しても健康に悪影響を及ぼさない量が決められています。これは 「基準量 」と呼ばれています。

基準量は、子供などの影響を受けやすいサブグループを含む人間集団が、生涯にわたって有害な影響を引き起こす可能性がないと推定される1日の経口暴露量です。

基準量は、体重1キログラムあたりのミリグラム/日(mg/kg/日)の単位で表されます。EPAのグリホサートの基準用量は1.75mg/kg/dayです。

つまり、体重約80kgの人が1日に約140mgのグリホサート 成分を摂取しても健康への悪影響はないということになります。

スケール感としては、1mg/kgは2年で1分にあたります。

グリホサート 成分

グリホサートはミツバチに害を与えますか?

最近発表された研究では、ミツバチの友好的な腸内細菌(腸内細菌叢)がグリホサートへの曝露によって害を受ける可能性があるとしています。しかし、この研究には、サンプルサイズ、曝露レベル、異なるミツバチや在来種のハチの集団間の遺伝的変動など、グリホサートの有害性とハチの健康を結論づける前に解決しなければならない疑問があります。

友好的な腸内細菌が害されると、動物や昆虫が健康に悪影響を及ぼすことは科学的に確立されていますが、ミツバチの腸内環境とグリホサートについて結論を出す前に、より詳細な研究が必要です。

グリホサートに関する研究が健全かどうかは、どのように判断すればよいのですか?

グリホサート 雨は、研究者、産業界、政府によって 40 年以上にわたって研究されてきました。これらの査読付き研究は、ガイドラインに沿って使用した場合のグリホサート 安全性を実証し続けています。

査読付きの研究とは、その研究と結論が公平な立場の専門家によって評価されていることを意味します。この査読のステップにより、科学的な正確さと公平性が保証されます。

転載元:https://www.canr.msu.edu/news/five-facts-about-glyphosate

シェア
Share on facebook
Share on twitter