正しい理解:グリホサートについて知っておくべきこと

目次

グリホサートは、一般的な除草剤やその他約500種類の除草剤の有効成分です。グリホサートは、農家、園芸家、その他の土地管理者によって広く使用されています。グリホサートを散布すると、雑草が成長に必要なタンパク質を作れなくなります。

なぜグリホサート 除草剤が重要なのですか?

グリホサート 除草剤を使うと、農家は地上から雑草をコントロールすることができ、土壌を耕す必要がありません。耕起を減らすことで、土壌の栄養分を維持し、水の利用効率を向上させることができます。

土壌が健全であれば、作物の収穫量も多くなり、農家にとっても環境にとってもメリットがあります。

グリホサートとは、セレテドタッソックやアフリカラブグラスなどの攻撃性の高い有害な雑草の防除にも使用されます。これらの雑草を防除しないと、急速に土地を占領してしまい、在来種の牧草地や生物多様性が損なわれてしまいます。

科学的にはどうなのでしょうか?

グリホサートほどテストされている農薬は他にありません。 グリホサート 安全性を裏付ける科学的証拠は明確かつ圧倒的です。

過去3年間だけでも、欧州連合、韓国、日本、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、米国の規制当局が、グリホサート 発がん性 証拠がないことを公に再確認しています。

数多くの独立した規制当局によるグリホサート安全性評価を含む800以上の科学的研究やレビューが、これらの規制当局の姿勢を裏付ける情報となっています。

米国国立農業研究所による最近の縦断的研究では、57,000人の農家とグリホサートの登録散布者を20年以上にわたって追跡調査しました。その結果、がんとグリホサートの関連性は認められませんでした。

グリホサート 農家 人参

農家はこれらの問題に真剣に取り組んでいます

オーストラリアの農家は、高品質で安全、かつ持続可能な農産物を生産することで世界的に有名です。これは、彼らが非常に真剣に取り組んでいる役割です。

農家の方々は、環境と人間の健康に安全な製品のみ使用を承認する規制機関(APVMA)に信頼を寄せています。

農家の方々は、自分自身や家族、農業従事者、地域社会、消費者の健康に気を配っているのです。

グリホサート除草剤にまつわる誤解と事実。

“グリホサートは癌を引き起こす”

誤解です。

過去3年間に、欧州連合、韓国、日本、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、米国の規制当局だけが、グリホサート 発がん性 証拠がないことを公に再確認しました。

グリホサートの登録ユーザー57,000人を20年間にわたって追跡調査した縦断的研究では、がんとグリホサートの間に関連性がないことが明らかになっています。

2016年、APVMAは、確立された化学物質審査推薦プロセスの一環として、IARC報告書およびその他の現代科学的評価を評価しました。APVMAは、グリホサート 発がん性リスクをもたらさず、正式な再検討の対象とする根拠はないと結論づけました。

“グリホサートが使用されている農業システムで栽培された食品は、安全に食べることができる”

事実です。

グリホサートは通常、食用作物に直接散布されることはありません。とはいえ、他の農薬と同様に、農家はグリホサートの最大残留基準値(MRL)を守らなければなりません。2016年5月、残留農薬に関する世界保健機関(WHO)/食糧農業機関(FAO)合同会議は、「グリホサートは、食事による暴露によって人間に発がんリスクをもたらす可能性は低い」と結論づけました。

グリホサート 畑

“グリホサート除草剤は環境に良い”

事実です。

グリホサートを使用することで、農家は地上から雑草をコントロールすることができ、作物の播種準備のために休耕地を耕す必要がなくなりました。この方法は、土壌の破壊を最小限に抑え、土壌の健全性と水の利用効率を最大限に高めます。耕す回数が減れば、機械の稼働率も下がり、排出ガスの量も減ります。グリホサートは、セレテドタッソックやアフリカラブグラスなどの攻撃的な有害雑草の駆除にも使用されています。これらの雑草を管理せずに放置すると、急速に広がり、在来種の草や生物多様性に悪影響を及ぼします。

“グリホサートを含む製品は、ラベルに記載された指示に従って使用する必要がある”

事実です。

家庭用製品のラベルに記載されている使用方法を守ることが推奨されているのと同じように、グリホサート製品の使用者は常に使用方法に従うべきです。重要なのは、グリホサートが人間の健康に対して安全ということです。

“オーストラリアの農家は、グリホサート除草剤を使用しなくても現在のような食料や繊維を生産できる”

誤解です。

グリホサートを使用することで、雑草の抑制、土壌の健康状態の改善、水の利用効率の向上により、農家、特に綿花、穀物、油糧種子、豆類の生産者は、1ヘクタールあたりの生産性を大幅に向上させることができました。現在、オーストラリアの農家は、平均して1人あたり年間300人のオーストラリア人と600人の世界市民を養うのに十分な食料を生産しています。 オーストラリアの農家は、安全で持続可能な食品や繊維を生産することで世界中から信頼されていますが、グリホサートはこれを可能にする重要な役割を果たしています。

“オーストラリアの農家は、他の除草剤を使用することができる”

誤解です。

現在、オーストラリアで使用が承認されている除草剤の中で、グリホサートと同等の安全性と効果を持つ製品はありません。

転載元:https://farmers.org.au/campaign/glyphosate/

シェア
Share on facebook
Share on twitter