グリホサートとは? グリホサートの詳細をお紹介します

目次

グリホサートは、雑草や牧草の防除に用いられる除草剤です。人気の高いブランドをはじめとする多くの除草剤の有効成分です。グリホサート 除草剤は、米国では1974年に農薬として登録されており、世界の多くの国でも使用されています。

グリホサート仕組み

グリホサート剤は、メチルホスホン酸のメチル基とグリシンのアミノ基を反応させて得られるホスホン酸です。除草剤の中で唯一、5-エノールピルビル-3-シキメートリン酸合成酵素(EPSPS)を攻撃します。

グリホサート 除草剤 効果

グリホサートは広範囲の除草剤です。つまり、特定の雑草や植物を枯らすことはできません。その代わり、使用した場所のほとんどの広葉樹を殺すことができます。

グリホサートは、フェニルアラニン、チロシン、トリプトファンという3つのアミノ酸の合成に関与する植物の酵素の働きを阻害することで効果を発揮します。

除草剤グリホサートは主に葉から植物に吸収され、根にはごく微量しか吸収されません。そのため、グリホサート系除草剤は成長中の雑草や草を枯らす効果しかないです。種子の発芽を止めることはできないのです。

植物の体内に吸収されたグリホサートは、根や葉など植物全体に行き渡り、植物の成長に必要なタンパク質の生成を妨げます。その結果、植物は死んでしまうのです。

グリホサート系除草剤の構成

グリホサート農薬を含む除草剤には、液体、濃縮物、固体の形態があります。グリホサートは、インジェクション・システム、スポンジ・バー、空中散布、ブロードキャスト・スプレー、シールド・スプレー、ワイパー・アプリケーター、コントロール・ドロップレット・アプリケーターなどを用いて植物や雑草に散布することができます。

グリホサート剤の用途

グリホサートの主な用途は、除草剤と作物乾燥剤です。

除草剤

グリホサート カリウム塩液剤は、最も一般的に使用されている除草剤のひとつです。家庭用から工業用まで、さまざまな規模の農業に使用されていますが、その間にも多くの場所で使用されています。

しかし、除草剤としての使用は農業だけにとどまりません。除草剤としての用途は農業だけではなく、公園や運動場などの公共の場でも、雑草やその他の不要な植物の成長を防ぐために使用されています。

農作物の乾燥剤

グリホサート 農薬は、作物の乾燥剤として使用されることもあります。乾燥剤とは、存在する環境の乾燥状態や脱水状態を維持するための物質です。

農家では、豆類、小麦、オート麦などの作物を収穫する直前にグリホサート 農薬を使って乾燥させます。これは、収穫のスピードを上げ、全体の収穫量を増やすためです。

しかし実際には、グリホサートは本当の乾燥剤ではありません。しかし、実際にはグリホサートは本当の乾燥剤ではなく、農作物にとっては乾燥剤のような役割を果たしているのです。植物を枯らすことで、食物の部分が通常よりも早く、均一に乾燥するのです。

リスクと危険性

グリホサートは広く使用されているため、人間や動物、昆虫が長期的にグリホサートにさらされた場合の影響について継続的に研究されています

米国環境保護庁(EPA)は、グリホサートとその人の健康、環境、食品の安全性への影響について広範な調査を行っています。グリホサート 除草剤に関する入手可能なデータを検討した結果、以下のような判断がなされました。

グリホサート 健康 影響
グリホサート 健康 影響

グリホサート安全性と人の健康

EPAの研究では、グリホサートの人の健康への影響について次のような結論が出ています。

– 除草剤のラベルに記載されている指示通りに使用した場合、大人にはグリホサート安全だと思われます。また、子供がこの化学物質に対してより敏感だと考える理由もなく、妊娠中や生まれた後に暴露されたとしても、気にすることは必要がないのです。

– また、残留している食品を食べても、グリホサートが使用されている住宅地で遊んでいてもグリホサート安全です。

– グリホサートが内分泌系を撹乱しません。

– 人の体に優しく、グリホサート 発がん性 根拠はありません。

癌を引き起こさないというEPAの主張を支持する他の組織には、欧州化学品庁、カナダ害虫管理規制庁、欧州食品安全機関、食糧農業機関/世界保健機関合同(FAO/WHO)、ドイツ連邦職業安全衛生研究所などがあります。

 

食品とグリホサート安全性

グリホサートは広く使用されているため、新鮮な果物、シリアル、野菜、その他多くの食品から微量のグリホサートが検出されることがあります。これらの残留物は危険性がないため、気にする必要はありません。

グリホサート除草剤 ガーデニング
グリホサート除草剤 ガーデニング

食品や食品がEPAの定める基準値を遵守している限り、安全に摂取することができます。この制限値はEPAが定めたもので、食品に残留する農薬の量を規定しています。

連載元

https://www.verywellhealth.com/glyphosate-5084577

シェア
Share on facebook
Share on twitter