グリホサートで雑草を処理 正しい理解で安心

目次

の雑草は本当に厄介なものだ。多年生の雑草は、根こそぎ掘り起こさない限り、毎年のように生えてくる。1974年にグリホサートは、多年生雑草の駆除を格段に容易にした。現在、グリホサートは最も一般的に使用されている除草剤だ。グリホサートは、一年生植物、多年生植物、広葉雑草、樹木、低木など、さまざまな植物を枯らすことができる広域スペクトルの物質である。

多くの植物に効果があることから、この製品を気に入っている人もいれば、安全性が気になる人もいるだろう。この記事では、グリホサートが自分の状況に合っているかどうかを判断し、正しいグリホサート 使い方ために、興味深い情報を紹介する。

 

グリホサート 家 庭

グリホサート 成分

グリホサートは、活発に成長している植物に散布する必要がある。グリホサート成分は植物全体に移行し、芳香族アミノ酸であるチロシン、トリプトファン、フェニルアニンの合成に関与する酵素を阻害する。

処理され、生化学的プロセスがグリホサートで阻害された結果、植物は枯れ始める。一年草は2~4日で症状が出始めるが、多年草は7~10日かかる。曇り空で気温が低い場合は、症状が遅れる場合がある。

配合とレート

特定の雑草を枯らすのに必要なグリホサート農薬の量は、植物の種類や散布時のサイズによって異なる。若い苗の場合は1~2オンス/ガロンで十分だが、しっかりとした多年草の場合は3オンス/ガロン以上必要な場合もある。具体的な推奨事項については、製品ラベルに記載してある。

グリホサート 使い方

本製品は、気温が15℃を超え、植物が活発に成長している時期であればいつでも散布可能である。散布する前に天気予報を確認しよう。乾燥する前に洗い流されてしまっても、植物を枯らすことはない。

天気が穏やかなときに散布する。早朝や夕方がよい。スプレーが枯れてほしくない植物に流れた場合、すぐに水で洗い流さないと、その植物が傷ついたり枯れたりする可能性がある。非標的植物へのドリフトは、噴霧器のノズルをより粗い液滴サイズに調整することで軽減できる。

植物の葉が濡れるまでスプレーするが、滴り落ちないようにする。濡れた散布場所を歩かないように注意する。靴についたグリホサート 除草剤で草や他の植物を枯らしてしまう可能性がある。低木や小さな木は、植物を枯らすために何度も散布する必要があるかもしれない。

グリホサート メカニズムと環境

人々がグリホサートや類似製品を好んで使用する理由の一つは、グリホサートは毒性が低く、土壌中に残留しないことにある。土壌粒子に吸着され、溶出の危険性は非常に低い(溶出とは、物質が土壌中を移動することである)。分解の速度は、微生物の個体数や種類に影響される。

土壌中ではほとんど活性がないため、グリホサートにはプレエマージェント活性がない。つまり、雑草の種が発芽して成長するのを防ぐことはできない。植物はグリホサートを代謝することができない。

保管の方法

グリホサート農薬は何年も保管することができるが、すべての農薬製品が極端な温度にさらされる場所に保管しない方がよいだろう。ほとんどの液体と同様に、凍結させない必要がある。

グリホサート 安全性について

グリホサート農薬は、最も毒性の低い農薬の1つだが、この化学物質を取り扱う際にどのような安全装置を使用すべきかについては、必ずラベルを読むこと。また、使用後には必ず噴霧器を洗浄し、ラインにきれいな水を通すことを忘れずに。これにより、噴霧器を再び使用する際に植物を傷つけないようにすることができる。

転載元:https://www.canr.msu.edu/news/killing_weeds_in_the_garden_with_glyphosate

シェア
Share on facebook
Share on twitter