オピニオン:グリホサートは農家のツールであり、政治家の戦術ではない

目次

連邦選挙を前に、3人の連邦大臣が、ドライビーン、レンズ豆、エンドウ豆に適用されるグリホサート 農薬の最大残留基準値の引き上げについて、迅速な結果が得られる可能性があったプロセスを停止するよう求めた。

食品や環境に残留する農薬の安全レベルを示す科学的データを定期的に見直し、規則が最新の科学に沿ったものであること、また貿易相手国や世界の他の経済大国と調和したものであることを確認する。これにより、カナダは国際的な貿易基準の範囲内で運営されている。

グリホサート 廃棄

グリホサートに政治家が関与することによる影響

通常、政治家が科学的レビューに介入することはない。しかし、3人の大臣が、議論を呼んでいるが科学的には安全だと証明されている化学物質の通常の審査プロセスを、選挙が行われるのと同時に一時停止した場合、それは利己的に見える。

都市部の多くの有権者は、米国での軽薄な訴訟(たとえ成功したとしても)や、いわゆる環境保護主義者からの圧力により、最も人気のあるブランドのグリホサート 除草剤に否定的な印象を持っている。そして、9月20日の選挙で新民主党、あるいは緑の党に票が移る可能性のある別の問題を避けるために、連邦自由党は期待しているようだ。

グリホサート 除草剤は、ブロモキシニルやジカンバなどの除草剤が様々な作物用途で見直され、6種類以上の人気のある殺菌剤もMRLの見直しが行われているにもかかわらず、特に注目されている。

グリホサート 農薬の場合、これらの作物に使用するために登録した企業の1つが、MRLを国際基準に沿ったものに変更することを意図して見直しを要請しており、パルス作物を乾燥させるためにこの製品の使用を拡大できる可能性が高い。

グリホサートは特許が切れており、現在は多数の企業が製造している。

グリホサート 除草剤の規制の状況

カナダ保健省の農薬規制管理局は、Pest Control Products Actに基づき、国際的に認められたアプローチを用いて、MRLを含むすべての農薬のリスクを科学的かつ公平に評価する法的義務を負っている。

カナダ保健省は、科学的根拠に基づいたMRLを、農薬と作物の組み合わせごとに、健康上の懸念が生じる可能性のある量を大幅に下回るレベルで設定している。

カナダは、国連の食糧農業機関および世界保健機関のコーデックス委員会と協力し、また米国やその他の国際的なパートナーと協力して、農薬の使用が安全で、世界的に受け入れられる貿易を実現している。

グリホサート 農薬レビューのプロセス

今回のグリホサート 安全の見直しは、カナダのドライビーンズに対する4ppm、エンドウ豆に対する5ppmという低いMRLを、2019年5月のFAO-WHOの勧告である、豆類は15、レンズ豆とエンドウ豆は10に合わせるためのものとされている。

当初グリホサート 農薬のMRL見直しに関する意見募集期間は、45日間の公開協議を経て7月20日に終了するはずだった。その時点では、一般からの回答が多かったことと、COVID-19のスタッフの問題で遅れが生じたことから、9月3日まで延長された。これは、科学的根拠の有無にかかわらず、この問題に関心のあるカナダ人が自分の見解を述べることができるようにするための責任ある行動だった。しかし、選挙で選ばれた政治家による介入は行き過ぎである。

閣僚たちは、この延期によってプロセスが改善され、以前に発表された同省における必要な資金の拡大の実施を含め、審査の透明性が高まると主張している。

グリホサート 阻害

除草剤は農家のためのツールであって、政治家のためのものではない

プロセスを改善し、透明性を高めることは、誰がこのMRLの見直しを促したのかを示すことも含め、何の問題もない。しかし、審査の途中で中止し、選挙の前に結果を先送りすることには問題があるかもしれない。少なくとも、政治的な干渉を受けていると思われても仕方がない。

グリホサート 展着剤は農家のためのツールであって、政治家のためのものではない。

 

 

転載元:https://farmtario.com/news/opinion-glyphosate-a-tool-for-farmers-not-a-politicians-tactic/

 

 

シェア
Share on facebook
Share on twitter