なぜ農家たちはグリホサートを選ぶのか? 正しい理解を得よう!

目次

現代の農業に革命をもたらしたものといえば、グリホサートだろう。この除草剤は70年代から存在していたが、90年代後半に遺伝子組み換え(GM)のグリホサート耐性作物が登場してから本格的に普及した。

過去数十年間、この除草剤のおかげで、農家は侵略的な雑草を除去しながら、グリホサート耐性を持つGM作物へのダメージを最小限に抑えることができた。今日まで、グリホサートは世界で最も広く使用されている除草剤の1つであり続けている。

なぜ農家は何度もグリホサートに戻ってしまうのだろうか?

ここでは、3つの理由を紹介する。

1.グリホサート 除草効果が高い

欧州委員会によると、グリホサート 農薬は世界で最も頻繁に使用されている除草剤である。カナダ保健省によれば、国内で最も広く使用されている除草剤であり、それも不思議ではない。グリホサートは、光合成をして緑の葉を持つ植物であれば、ほとんどの種類の植物に有効な広域除草剤だ。遺伝子組み換え作物が導入される前は、すべての植物を除去しなければならない場合にのみ使用されていた。ワイオミング大学の雑草学教授であるアンドリュー・ニス氏は、グリホサート耐性のある遺伝子組み換え作物はすべてに革命をもたらしたと言う。

「アメリカ、カナダ、南アメリカの農業を変えたのは、まさにこの点だ。グリホサート除草剤を散布しても生き残れる作物を導入したのだ。基本的に、この除草剤を使えば、畑のすべての雑草を殺しても、作物は無傷でいられるのだ」と彼は言う。

カナダの農家の多くは、遺伝子組み換えトウモロコシ、遺伝子組み換えおよび非遺伝子組み換え大豆、小麦を栽培しているオンタリオ州ハミルトン南東部の農家、ジェフ・バーロウ氏を含め、この除草剤によって雑草への取り組み方が完全に変わったと考えている。1843年から続く家族経営のBarlow農場では、過去20年間、グリホサートを使って雑草を駆除してきた。グリホサートは、その効果の高さから、主に使用する除草剤だそうだ。

「他のどの除草剤よりも多く使っている。春に雑草が生えていても、(遺伝子組み換え)大豆を植えた後でもだ。デリケートな大豆を傷つけないように散布できる化学物質は限られていて、そのひとつがグリホサートなのだ」とBarlow氏は言う。

カナダ保健省は、「主にその広範で柔軟な使用パターンと幅広い雑草防除スペクトルにより」、グリホサート系除草剤がカナダで栽培されるいくつかの主要作物(キャノーラ、大豆、フィールドコーン、小麦など)で最も広く使用されている除草剤であることを確認している。また、グリホサートは果樹園で定期的に使用される数少ない除草剤の1つであり、キャノーラ、大豆、トウモロコシ、スイートコーン、テンサイなどのグリホサート耐性作物(GTC)に使用する必須の除草剤でもある。

グリホサート 阻害

また、バーローが言ったように、グリホサートのおかげで、農家は播種前だけでなく、生育期やその後にも柔軟に雑草を殺せるようになり、効果的な雑草管理ができるようになった。

2. グリホサート安全性の高い除草剤の一つである

カナダだけでなく世界中の農家でグリホサート農薬が広く使用されているため、安全性の低い他の除草剤の使用は減少している。

「遺伝子組み換え技術を使えば、農薬の使用量を大幅に減らすことができる。遺伝子組み換え作物が存在する理由はそこにある。一つのグリホサート農薬を使えば、農家はより安全な農薬を使うことができるのだ。それはとても簡単なことだ」とバーローは言う。

人体への曝露に関して言えば、カナダ保健省は、グリホサート 安全性といえば、現在人間が曝露しているレベルでは非常に安全であるとしている。公衆衛生局は、「ラベルの指示通りに使用すれば、取扱者の職業上のリスクは懸念されない」としている。そのためには、化学物質を取り扱う際に保護具(手袋、目隠し、長ズボン、ロングコートなど)を着用する必要がある。

さらに、農家は少量の除草剤を使用するだけで済む。Barlow氏によると、サッカー場2面分の土地に散布するのに必要なのは、水のボトル3本分だという。「扱う量が少ないんだ」とBarlowは言う。除草剤はスプレーの中で水に希釈されていることを強調する。

消費者が食べたり飲んだりしてグリホサートに触れることについてはどうだろうか?カナダ保健省(および米国の環境保護庁のような他の規制機関)は、食品や水からの食事性リスクは短期および長期的には懸念されないと繰り返し述べている。カナダで販売されているシリアル、パスタ、クッキーなどの食品から、わずかな痕跡(10億分の1と考えれば、32年間で1秒のようなもの)のグリホサートが検出されている。カナダ食品検査局(CFIA)の広報担当者は、CTVニュースの取材に対し、”これまでのところ、CFIAの調査によって製品から発見されたグリホサートのレベルは、カナダ保健省によって健康上のリスクがあると判断されたものではありません “と述べている。クニス教授もこの言葉に同意している。

「食品に含まれるグリホサートの量は、多くのものが低濃度で検出されるようになったことに起因している」。

実際、カナダ保健省は広範なグリホサート検査を経て、人間が消費する際の最大残留基準値(MRL)を “健康上の懸念を引き起こす可能性のある量よりもはるかに低い 値に設定している。食品生産者は、販売する前に食品を検査し、MRLを超えていないことを確認しなければならない。こうすることで、消費者は食品に含まれる化学物質や残留物を安全でない量で摂取することはない。

クニスによると、広く使われている化学物質(この場合はグリホサート)であれば、さまざまなものから10億分の1や1兆分の1が検出されても不思議ではない。急性期や慢性期の食生活に支障をきたすには、あまりにも低いレベルなのだ。

3. 繊細な生態系の保護に役立つ

グリホサートが導入される前は、農家は収穫後の畑をすべて耕して雑草を取り除かなければなりませんだった。時間もお金も手間もかかったが、何よりも、作物に栄養分や水を循環させる微生物(バクテリアなど)がたくさんいる土壌のマイクロバイオームにダメージを与えていたのだ。

「土壌の一番上の6インチが最も重要だ。それがマイクロバイオームだ。それが1インチでも失われたら、本当にひどいことになります」とバーローは言う。

耕起は、作物の健康を維持するデリケートなマイクロバイオームを破壊するだけでなく、ミミズを殺し、強い雨が降ると土壌が浸食されて周辺の小川に流れ込み、CO2排出量を増加させる原因にもなっていた。ありがたいことに、グリホサートの使用はこれらすべてを変えた。

「グリホサートがもたらした最大かつ最も重要なことは、不耕起栽培に移行できたことだ。より健康的な土壌を手に入れることができるようになったのだ」とBarlowは語る。

転載元: https://goodineverygrain.ca/2019/07/08/why-farmers-still-choose-glyphosate/

シェア
Share on facebook
Share on twitter