お庭で使用:グリホサート 安全性とは?ペットがいても大丈夫

目次

はじめに

今回は、お庭のお手入れでよく使用されている除草剤、グリホサート除草剤とペットの安全性に関して、記事を書きます。最近、ネット上で除草剤はペットに危険を及ぼすから使用しないほうがいいといった噂などが流れていますが、科学的な根拠やメーカーなどからの説明をもとに、きっちりと理解しましょう!

 

家庭用のグリホサート系除草剤って安全?

グリホサートとは、除草剤の主成分の名前です。最近のネットの噂や偏った情報から、グリホサート 除草剤は環境にも人体にとって危ないというイメージを持っている方がいらっしゃるかもしれません。もちろん環境に全く影響がないということはありませんが、グリホサート除草剤は安全性と環境への負荷軽減を考慮して開発・販売されているので、除草剤製品のラベルに従って使用すれば安全です。

グリホサート剤を使うことによって、草刈の手間が省けたり、また腰痛や熱中症、虫刺されや日焼けなどを避けることもできます。家庭用の除草剤はコストや時間の削減にもなり経済的なんです。

家庭用の除草剤はグリホサートを原料としたものが主流です。グリホサートは、アミノ酸である“グリシン”と“リン酸”の誘導体です。このグリホサート 除草剤は、アミノ酸系除草剤に分類され、毒物や劇物ではないのです。

グリホサート系除草剤は、農林水産省登録を取得しています。また、国が科学的データの裏付けでグリホサートの使用基準を定めています。人体や環境へのグリホサート 安全性は確保されているのです。

 

グリホサート系除草剤は人間やペットに対して安全?

グリホサート系除草剤の1番の特徴は、植物特有のタンパク質の成合を阻害することで草を枯らすことです。雑草を何回むしってもまた生えてくるのは、根っこが原因となっています。植物の根が生きているために、くり返し生えてくるのです。

グリホサート系除草剤は、枯らしたい雑草の葉にかけるだけで成分が植物の体内全体に行き渡り、根まで枯らしてくれます。グリホサートは植物にしか効かない成分であるため、安全性が高く、製品のラベルに従って使用すれば、安全な除草剤であると言えます。

また、グリホサートは野生生物・鳥類・昆虫類に対してもリスクが低く、森林保護や環境保全のために、グリホサート 除草剤が広く使用されているのです。

ペット グリホサート 安全 性
ペット グリホサート 安全 性

 

近所で除草剤を使っていても安心?

グリホサート系除草剤は「葉から入り根まで枯らす」ことに加え、土に落ちると効果がなくなることも特徴です。土壌中でアミノ酸に分解されるため、環境に優しいのです。

雑草の茎葉にかからずに土に落ちた成分は微生物により自然物に分解され、約3~21日で半減、やがて消失します。

そのため、近くに生えている植物の根っこに影響したり、地下水を汚染したりする心配はありません。実際、グリホサート 分解により、土中に浸透しても根からは吸収されず、周りの植物に影響を及ぼしません。

もし近所でグリホサート剤を使用している人がいても、安全かつリスクは低いのです。

 

グリホサート系除草剤の効果-害虫も防ぐ!

庭先や駐車場に雑草があると、害虫やダニの温床にもなります。家庭用の除草剤を使うことで、玄関先の見た目やお庭のメンテナンスだけでなく、害虫やダニも防げるのです!あまり頻繁に手入れできない場所の雑草管理などにも、除草剤は活用できます。

グリホサート系除草剤を使って、お手軽かつ安全安心に庭のお手入れをしましょう。

 

 

シェア
Share on facebook
Share on twitter