除草剤の使用をやめたらどうなるか?

目次

グリホサートの使用を抑制すると、針葉樹資源の減少に影響

除草剤はIVMにおいて中心的な役割を果たしています。以前は針葉樹が優勢だった場所で針葉樹の再生を成功させるため、もし除草剤の使用が抑制または中止されると、多くの場所で針葉樹を定着させるという目的を手頃な手段で達成することができず、森林管理者は持続可能性の目標や法的要件を満たすことが難しくなります。最終的には、北米の多くの地域ですでに存在しているように、風景の中で針葉樹が優勢な林分の自然な割合が不足することになるでしょう。針葉樹資源の減少は、持続可能な木材供給量の減少による経済的な影響や、生息地の喪失による生態学的な影響が深刻になります 

例えば、最近ノバスコシア州の再生地で行われた詳細な監査では、除草剤を使用しないことが決定されましたが、その結果がどうなるかを示す良い証拠となりました。このケースでは、87%の針葉樹プランテーションが失敗し、さらに10%が収穫後6〜8年経っても生育可能な基準を満たしていないという結果が出ています(ニコルソン氏 2007)。同様の結果は、他の森林生態系で実施された研究試験でも観察されている(ビリング氏ら2003 ;ダンピエール氏2006)。2001年にケベック州の公有地で除草剤の使用を中止した結果、植林地の設立と手入れにかかる費用が1haあたり5,000ドルを超えることが多くなった(ラベー氏ら2014)。 

これらのプランテーションの多くが最終的に成功するかどうかは現在のところ不明であり、除草剤の使用制限が針葉樹の木材供給に与える影響についての統計はケベック州では得られていません。最近、同州のチーフ・フォレスターは、植林地の適切なモニタリングを重要なニーズとしています(チーフ・フォレスターオフィス, 2015)。 

グリホサート 雨
グリホサート 雨

グリホサートの使用を中止した際の針葉樹の植栽コスト 

針葉樹の植栽は、機械的な敷地整備、苗の生産、植栽のコストを考慮すると、土地所有者にとって1haあたり1,000ドルを超えるコストがかかります。この投資を保護するために、土地所有者はグリホサート 農薬の空中散布を1回行うために約200ドル/ha、手動によるブラシソー処理を1回以上行うために1,000~4,000ドル/haを費やすことになるのです。除草剤の使用を抑制している地域で得られた教訓を考慮すると、特に成功が不安定で不確実な場合、より高い処理コストを正当化するのは非常に難しいでしょう。 

ニューブランズウィック州天然資源局のスタッフが行った最近の木材供給予測によると、除草剤を使用しないという決定の結果、針葉樹の植林が中止された場合、長期的な木材供給総量(20年以上後)は20%近く減少し(針葉樹23%、広葉樹5%)、その結果、730人もの直接雇用が失われることになります。また、自然再生のための間伐や手入れに必要なブラシソーイングができないように予算が制限された場合、将来の総伐採可能量は60%近く減少し(針葉樹66%、広葉樹33%)、2400人もの直接雇用が失われることになります。ここで強調しておきたいのは、このような決定がもたらす影響は、その決定がなされてから何年も経たないとはっきりとはわからないということです。 

グリホサート 効果 日数
グリホサート 効果 日数

グリホサートについての環境研究はどのくらいあるのか? 

このテーマでは何百もの科学的研究が行われ、査読付きのジャーナル論文として発表されています。これらを総合すると、科学者や規制機関がグリホサート系除草剤の森林生態系や関連する野生生物への潜在的なリスクについて結論を出すための実質的な知識ベースとなります。 

グリホサート 成分の環境中の影響に関連する科学的情報基盤は広範囲に及んでいます。実験室での研究とフィールドでの研究の両方を含むこれらの側面に関する査読付きジャーナル論文は数千件に上り、そのうち数百件は最も直接的な関連性があると考えられるカナダや米国北部の森林生態系で実施された研究を記録しています。グリホサートベースの除草剤の影響に関する科学的知識ベースは、他の森林用除草剤や他の代替植生管理技術よりも間違いなく大きいでしょう。査読付きの科学雑誌に掲載された主要な文献は、カナダや国際的な科学専門家や規制当局によってレビューされています。科学的なレビューとリスク分析の結果、グリホサート メカニズムは、製品ラベルと適用される規制に従って使用した場合、環境や野生生物に有害なリスクをもたらすことはないと一貫して結論づけられています。カナダの森林植生管理に関連して、森林生態系に特化して行われた研究結果は、これらの一般的な結論と一致し、支持されています。 

グリホサートベースの除草剤に関連する科学的研究は、査読付きの科学文献に掲載されています。この知識ベースには、多数の学術関係者、政府関係者、その他の科学者によって、様々なテーマで行われた実験室および野外での研究が含まれています。多くの環境運命学や生態毒性学の研究が、ブリティッシュ・コロンビア州、アルバータ州、オンタリオ州、ケベック州、ニューブランズウィック州を含むカナダの森林生態系で行われています。これらの文献の多くは、独立した規制・科学的レビューやリスク評価で評価されています(USDA-FS 1984; グロスバード氏 1985; サリバン氏 1985; ラウテンシュラガー氏とサリバン氏2002; USEPA 1993, レイノルズ氏ら1993; WHO 1994; ウィリアム氏ら2000; ギシー氏ら2000; ソロモン氏とトンプソン氏 2003; だんきん氏 2003; テイタム氏 2004; サリバン氏 2003; クチュール氏ら1995; グイン氏ら2004; トンプソン氏 2011, PMRA 2015)。 

 

これらのレビューやリスク評価のすべてから一貫して導き出された一般的な結論は、製品ラベルや適用される規制に従って使用した場合、グリホサート イソプロピルアミン塩系除草剤は環境や野生生物に害を及ぼす重大なリスクをもたらさないというものです。 

 

転載元: 

https://forestinfo.ca/faqs/what-would-happen-if-we-stopped-using-herbicides/ 

https://forestinfo.ca/faqs/how-much-environmental-research-is-available-about-glyphosate/ 

 

 

シェア
Share on facebook
Share on twitter