野生動物へのグリホサートの影響

目次

グリホサートは野生動物への直接毒性のリスクは極めて低い

カナダの林業でグリホサート系除草剤は森林管理にも使われています。

グリホサート 樹木に有効であることから針葉樹作物の管理をして木材や紙などの製品のために限られて利用されています。土壌ではグリホサート 分解されます。

長い間広く利用されて、グリホサート 安全については複数の公的な規制期間が安全であると評価しています。森林管理に利用することで野生動物への影響についてはどうでしょうか。

 

数多くの独立した科学的・規制的レビューは、グリホサート系除草剤が製品ラベルに従って使用された場合、ヘラジカ、シカ、小型哺乳類などの野生動物に直接毒性の重大なリスクをもたらさないと一貫して結論づけています。なので、直接毒性のリスクは極めて低いと考えられます。

グリホサート 除草剤で処理されるのは年間で森林伐採地の1/3のみであることを考えると、小型・大型哺乳類は通常、風景のごく一部におけるこの一時的な変化に対して、除草剤処理なしで再生される年間2/3の伐採地を含む代替地に移動したり、そこで摂食したりすることで適応する。

 

数多くの独立した科学的・規制的レビューは、グリホサート系除草剤が製品ラベルに従って使用された場合、ヘラジカ、シカ、小型哺乳類などの野生動物に直接毒性の重大なリスクをもたらさないと一貫して結論づけている。したがって、直接毒性のリスクは極めて低いと考えられる。落葉した木質ブラシの種の減少による間接的な影響は、少なくとも一時的にヘラジカによる除草剤処理地の利用を制限することが知られている。しかし、グリホサートベースの除草剤で処理されるのは年間で森林伐採地の1/3のみであることを考えると、小型・大型哺乳類は通常、風景のごく一部におけるこの一時的な変化に対して、除草剤処理なしで再生される年間2/3の伐採地を含む代替地に移動したり、そこで摂食したりすることで適応する。

引用元:https://forestinfo.ca/faqs/how-are-large-and-small-mammal-populations-affected-by-vegetation-management-and-glyphosate-use/

 

グリホサート 安全
グリホサート 安全

30年以上動物の直接的な死亡例なし

グリホサート除草剤は30年以上にわたって森林の植生管理に登録されているが、除草剤の曝露を受けるヘラジカやシカなどの動物の直接的な死亡例が科学的に記録されていないことからその安全性は裏付けられます。

 

しかし、除草剤によって処理地の植物群集が変化することによる間接的な影響は発生していて、ヘラジカが利用する生息地の変化などについて科学的に研究され、記録されています。

 

毎年伐採される森林面積のうち、グリホサート系除草剤で処理されるのは1/3程度であり、大部分(2/3)は化学処理をせずに再生にまかせています。

 

ヘラジカは栄養補給のために多種多様な植物を利用し、特に夏の間は水生植物を利用するが、グリホサート 除草剤が水生植物に散布されることはありません。

 

グリホサートは土に落ちた成分は土の粒子に吸着してその後は微生物により自然物に分解されます。

 

グリホサート 安全
グリホサート 安全
シェア
Share on facebook
Share on twitter