質問:ラウンドアップはミミズを殺しますか?

目次

Q:「ラウンドアップはミミズを殺す」と言われました。これは本当でしょうか、それとも嘘でしょうか?

A: コミュニティマネージャーからの専門家の回答

ミミズは、他の土壌マクロ生物とともに、不可欠な生態系サービスを提供しています。エドワーズ氏とボーレン氏(ミミズの生物学的・生態学的研究, 1996)は、過去100年の間にミミズについて書かれた最も重要な本の中で、多くの農作物がミミズに与える潜在的な影響を調査しました。著者らは、有効成分のミミズに対する毒性を0(比較的無毒)から3(極めて毒性が強い)のスケールでランク付けしている。ラウンドアップの有効成分であるグリホサート イソプロピルアミン塩は0にランクされています。

モンサント社はいくつかの実験室での毒性試験を行い、グリホサート 除草剤とオリジナルのラウンドアップ除草剤は、通常の散布で予想されるレベルを大幅に超える土壌濃度でもミミズに害を与えないことを実証しています(ギシー氏ら2000)。この試験は、一般的なサロゲートであり、他のミミズと同等の農薬感受性を示しているミミズの種 シマミミズを用いて行われました(エドワーズ氏とボーレン氏, 1996)。

 

これらの試験では、ラウンドアップ除草剤を土壌に均一に投入し、試験期間中のミミズの曝露を確保しました。ラウンドアップ除草剤の最高試験濃度である5,000ppm(mg/kg乾燥土壌に相当)ではミミズの死亡は認められず、500ppmのレベルでも何らかの悪影響は見られませんでした。比較のために、グリホサート イソプロピルアミン塩系除草剤の散布直後の土壌中のグリホサート 成分濃度は、通常、土壌の上部数センチで数ppm以下であり、標的となる植物体によって遮られた除草剤の量に依存します。その結果、無影響レベルと環境関連の土壌濃度との間には大きな安全マージンが存在することになります。これらの研究は、世界保健機関(WHO、1994年)および世界のいくつかの政府規制機関によってレビューされています。

グリホサート 分析方法
グリホサート 分析方法

AMPA(アミノメチルホスホン酸)のミミズの繁殖への影響

さらに、グリホサートとその一次土壌分解物であるAMPA(アミノメチルホスホン酸)のミミズの繁殖への影響についても調査されています(EU Glyphosate DAR, 2014)。473および132 ppmのグリホサートまたはAMPAの土壌濃度では,ミミズ(シマミミズ)の成長および繁殖への影響は認められませんでした。グリホサート イソプロピルアミン塩とAMPAについては、これらの無影響濃度が大きな安全マージンとなります(ギシー氏ら、2000年)。上述したすべての研究は、経済協力開発機構(OECD)の下で開発された標準プロトコルに従って実施され、研究は品質およびコンプライアンス対策の下で行われました。

グリホサート 発がん性 根拠
グリホサート 発がん性 根拠

参考文献

Edwards C.A., Bohlen P.J. (1996). Biology and Ecology of Earthworms, Ed. 3. Chapman & Hall Ltd., London.

EU Glyphosate Drat Assessment Report (DAR) (2014). http://dar.efsa.europa.eu/dar-web/provision

Giesy J.P., Dobson S., Solomon K.R. (2000). 除草剤ラウンドアップの生態毒物学的リスクアセスメント。Reviews of Environmental Contamination and Toxicology 167: 35-120.

WHO(世界保健機関) (1994). グリホサート: 環境衛生基準159。World Health Organization, Geneva, Switzerland.

 

転載元:

https://gmoanswers.com/ask/i-had-someone-tell-me-roundup-kills-earthworms-true-or-false

 

シェア
Share on facebook
Share on twitter