ブログ

農業 風評被害

農業にまつわる風評被害。東日本大震災後の福島・農薬のグリホサート・かいわれ大根など

風評被害で最も代表的な例は、東日本大震災によるものでしょう。震災後の福島第一原発からの放射能漏れにより、10年以上経った今も、福島県産の農産物や食品を買い控える人が多く、その経済被害は甚大です。また、農薬の「グリホサート系除草剤」も大きな風評被害を受けています。

続きを読む
地方 移住

日本の地方移住の現状とは?コロナ禍により増えた地方移住。人気のある都道府県はどこ?

地方移住を実現し、大自然に囲まれて暮せば、ストレスも減り健康的に過ごすことができそうです。地方移住で住みやすい場所とは「都心部に近い」「交通機関が発達している」「自然が豊かで商業施設もある」ところでしょう。地方移住先として静岡県、福岡県、沖縄県などが人気です。

続きを読む
中国 農業

中国は農業生産額世界1位。食糧自給率は100%!中国農業の特徴と問題とは?

中国農業の特徴は、巨大な生産量に対して国内消費が中心であること。輸出産業としては未成熟です。中国全土には4つの農業地帯があり、小麦と米の生産量は世界一を誇ります。中国農業の問題は「農業問題」「農民問題」「農村問題」の3つで「三農問題」と呼ばれています。

続きを読む
農業 支援

日本が行う海外への農業支援。発展途上国への支援で世界の平和と安定に貢献

世界196ヶ国のうち、約150ヶ国が発展途上国です。2015年には、SDGsにおいて「飢餓をゼロに」という目標が掲げられました。国際協力によるインフラや技術の向上、農業生産性の改善などの農業改革が急務です。日本は1954年から現在まで、積極的な海外への支援により、国際社会で存在感を示しています。

続きを読む
農業 一輪車

農業の必須アイテム「一輪車」の使い方と種類

屋外作業用の一輪車(ネコ車とも)は、山道や畑や工事現場などで農作物や資材を運ぶのに利用される手押し車のことです。「ネコ車」の語源については、建築用語で猫が通るような狭い足場を「猫足場」といい、そのような狭い足場を通ることが出来ることからついたという説が有力のようです

続きを読む
農業 補助金

国や自治体からの農業補助金。自分に合った返済不要の補助金で安定経営を目指そう

高齢化による後継者不足が大きな問題となっている日本の農業。農業従事者の経営をサポートするため、国や地方自治体は多くの補助金制度を用意しています。補助金にはそれぞれ目的があるので、自分に合ったものを探しましょう。返済不要の補助金制度を上手く活用し、安定した経営を目指そう!

続きを読む
グリホサート

そもそもなぜ雑草は生えてくるのか?放置すると怖い雑草をグリホサート系除草剤で処理しよう

自宅の庭や玄関周り、垣根など家の周りのいたるところに生えてくる雑草。自宅などの建物に限らず、道路や歩道などにも雑草は根っこを伸ばしています。コンクリートやアスファルトの割れ目から生えてくることも。踏みつけられても耐える生命力を持ち、場所を問わずどんどん繁殖します。

続きを読む
脱サラ 農業

脱サラ農業が増えている理由とは?自然に憧れる新規就農者に「青年就農給付金」という追い風

就農支援機関も充実し、新規就農者に対する給付金制度もできました。そのため就農へのハードルが下がったことが、脱サラ農業を始める人が増えた理由の1つでしょう。青年就農給付金は、研修期間中は最長2年、就農後は最長5年にわたり、年間最大で150万円の給付金が支給されます。

続きを読む
農業 資格

農業に役立つ資格とは?若者の農業離れを止め、日本の農業を盛り返そう!

日本の農業の衰退は、就農者の高齢化と後継者不足によるものです。若者の農業離れを止め、食料自給率を上げることが、今後の日本には必要でしょう。これから就農を目指す方は、今回ご紹介した農業に関する資格を取得し、様々な支援を利用しながら、日本の農業を支えていきましょう。

続きを読む
日本酒

日本酒の「寒造り」が始まる季節、、、日本のお米でできたおいしい日本酒を楽しもう

1年で最も寒い12月から2月頃までを中心とする、冬場に酒を造ることを「寒造り」といいます。酒はもともと年間を通じて造られていました。古代日本では、人々は神々や祖先の霊を祀り、捧げ物として酒が造られ、神祭りの際にその場で飲み干されてきました。

続きを読む
ハロウィン

ハロウィンに欠かせないパンプキンパッチとは?アメリカらしいハロウィンを楽しもう!

アメリカでは、ハロウィンは子ども達が仮装して近所の家を回り「Trick or Treat!」のかけ声でお菓子を貰います。ハロウィンの起源は、ヨーロッパの古代ケルト民族のお祭り。ケルトの文化は移民とともにアメリカへ伝わり、形を変えながら現代のハロウィンになりました。

続きを読む
円安

円安の農業への影響

2022年は今までにない円安の傾向が加速しています。「有事の円」といわれたのも、今は昔。対米ドルに対しての円安のみならず、ユーロ、中国元、カナダドルまで、幅広く円が売られています。今回の円安は今までと違うといわれますが、具体的にどこが違うのでしょうか?

続きを読む
紫外線

秋こそ紫外線対策を。農業従事者が知っておくべき紫外線について

秋の肌は、まだ夏のダメージが残っている状態です。その夏のダメージが回復しないうちに秋の紫外線をあびてしまうと、ダメージは増して肌の回復を遅くすることになります。農家は長時間の屋外作業により紫外線を多く浴びてしまうので、注意しましょう。夏だけでなく秋も、万全の紫外線対策を!

続きを読む
6次産業化

農産物の価値を上げる6次産業化。農業ビジネスで海外進出も

6次産業化とは、1次〜3次産業を融合することで、新しい産業を形成しようとする取り組みのことで、国を挙げて推進されています。6次産業化で得られる最大のメリットは、所得の向上です。2011年の日本政策金融公庫の調査によると、74.5%の回答者が所得の向上をメリットに挙げています。

続きを読む
農業 ベンチャー

農業の未来を支える農業ベンチャー

「アグリテック(Agritech)」とは、AIやIoTのテクノロジー技術を用いて農業における課題(高齢化・就業者不足)を解決しようとする試みです。スマート農業やIT農業とも言われています。
アグリテックの試みは「農業の効率化」と、熟練農家の定性的な「ノウハウの可視化と分析」の大きく2つに分類できます。

続きを読む
現代 農業

日本の現代農業の問題点とは?高齢化・食料自給率・耕作放棄地など

日本の現代農業の特徴は、狭い農地で多くの人手と化学肥料を使った集約農業です。大量生産はできないものの、国内では様々な工夫をして高品質の農作物が生産されています。しかし、現代の農業が抱える問題は深刻で、これ以上放置できないところまで来ています。日本人として、農業に関する問題をより深刻に捉える時期が来たのかもしれません。

続きを読む
農業 沖縄

気候を活かした沖縄の農業。サトウキビ以外の農産物は?

沖縄の農業は、亜熱帯気候を活かした豊かな農産物が特徴的です。沖縄の農家の約7割が、サトウキビを栽培しています。その他にもゴーヤ、マンゴー、タイモ、パイナップル、キク、バナナ、シークヮーサーなど、多種多様な農産物が作られているでしょう。沖縄県の農業産出額は998億円です。

続きを読む
秋の味覚を楽しもう。きの松茸

秋の味覚を楽しもう。きのこの王様「松茸」について

松茸は、アカマツのそばに生えていることからその名が付きました。「香りまつたけ、味しめじ」という言葉を聞いたことがある方もいると思います。松茸の醍醐味は、なんといっても香り。この香りを楽しむためには、松茸ごはんやお吸い物など、できるだけシンプルな調理法で食べるのが適しています。

続きを読む
農業 バイト

就農のための経験も積める、農業バイトをやってみよう!仕事内容からメリット・デメリットまで

農業バイトの募集先は、大規模農家から家族のみの小規模農家まであります。栽培するものや作業形態は、季節や地域によって様々で、力仕事だけではありません。色々な仕事内容があり、男女問わずあらゆる年代の人が活躍しています。新規就農したいなら、資金を十分用意してからにしましょう。

続きを読む
グリホサート 雨 除草剤 効果 日本 茎葉処理型

グリホサート 雨の日に強い除草剤で、秋の台風と除草を乗り切ろう

9月は台風シーズン。秋雨前線も活発になり、雨の日も多いでしょう。雨の日の除草対策として最適なのは、グリホサート系除草剤。散布後1時間経てば雨が降っても問題ありません。雨の日の除草のタイミングに迷ったら、雨に強いグリホサート系除草剤を選択し、雨の前後に散布しましょう。

続きを読む
ふるさと納税

ふるさと納税と農業

「納税」という言葉がついているふるさと納税ですが、実際には、都道府県、市区町村への「寄附」です。一般的に自治体に寄附をした場合には、確定申告を行うことで、その寄附金額の一部が所得税及び住民税から控除されます。ですが、ふるさと納税では原則として自己負担額の2,000円を除いた全額が控除の対象となります。

続きを読む
土壌改良

土壌改良の方法とコツ:良い作物は良い土から

耕作に不適な土壌を改良し、菜園の生産力を増進させるために、土地に資材を投入して土壌の理化学性と生物性を改良することを「土壌改良」といいます。

自然土壌を農地として人間が利用することで、 現在の農耕地土壌がありますが、農耕地土壌が充分な生産力を発揮するためには、土づくりが欠かせません。

続きを読む
アメリカ 農業 アグリフッド 日本 都市農業 都市

アメリカの最新農業「アグリフッド」と日本の「都市農業」の取り組み

都市にいながら農業体験が出来ることで、健康と福祉の促進が期待されているアグリフッド。日本が都市農業に取り組むにあたり、アメリカの新しい農業の形である「アグリフッド」は大いに参考になります。これからの食料供給や環境保全のことを考えると、日本は都市農業にもっと積極的に取り組んでいく必要があるでしょう。

続きを読む
竹 駆除

グリホサート系除草剤を利用した竹の駆除

「茎葉処理剤」でも様々な種類があり、地上部の葉を中心に速効性があり枯らすグルホシネート系などから、地下部の根や地下茎まで全てを枯らすグリホサート系があります。竹は地下茎が残っているとまた生えてくるため、地下部をしっかりと枯らすことが重要。ですから地下部の根や地下茎まで成長を阻害し全てを枯らすグリホサート系の葉茎処理剤がおすすめです。

続きを読む
北海道 農業

北海道の農業を盛り上げたお米の品種改良

一昔前まで「おいしくないお米」として認知されていた北海道米ですが、長い期間をかけて根気強く品種改良を続けた結果、最近では日本穀物検定協会による食味ランキングで最高位の特Aランクの評価を得ている品種も登場しています。

続きを読む
夏 快眠 温度調節 寝不足 湿度 暑

夏の厳しい暑さで寝不足に…。夏の快眠に必要な工夫とは?

睡眠には大切な3つの役割があります。脳や体の疲れを取る役割、傷ついた細胞を修復し、体の成長を促す役割、記憶の整理という役割です。蒸し暑い夏でも質の良い睡眠を取りましょう。夏に快眠を得るために重要なのは、湿度を上手にコントロールすることと、寝る前に深部体温を下げることです。

続きを読む
グリホサート系除草剤

グリホサート系除草剤による不耕起栽培で地球環境改善

不耕起栽培とは、「作物を栽培する際に通常行われる耕耘や整地の行程を省略し、作物の刈り株、わらなどの作物残渣を田畑の表面に残した状態で次の作物を栽培する方法」と定義されています。不耕起栽培は耕起栽培に比べて、作業時間が短縮でき、省エネルギー的であるなどの長所があり、しかも畑地に生息するミミズ、ヤスデ、クモなどの土壌動物群集が豊かになります。

続きを読む
お盆 お盆休み お墓参り夏祭り

お盆2022。いつ?夏祭りは開催される?

2022年(令和4年)のお盆期間は、8月13日(土)~8月16日(火)です。 一般的にお盆というのは、故人やご先祖様をお迎えして感謝と供養をするための期間。家族でお墓参りをして、ゆっくり過ごすといいでしょう。今年開催される夏祭りも3つご紹介します。

続きを読む
農業女子

農業女子が急増中!?農業の魅力とは

農林水産省が農業経営者として活躍する女性をサポートし、農業全体の活性化、また農業の魅力の発信・向上へ取り組むことを目的とした「農業女子プロジェクト」。農業女子プロジェクトは、全国各地にいる女性の農業経営者同士をつなげるコミュニティです。さまざまな企業とコラボして、農業女子の声を発信したり、問題解決に取り組んだりしています。

続きを読む
新規就農

新規就農の支援のかたち

農林水産省による調査結果では、2017年9月公表の2016年の新規就農者の数は6万150人と報告されています。2年連続で6万人を超え、うち49歳以下の若年層の数が2万2025人と3年連続で2万人を超えました。

続きを読む
グリホサート 真夏

グリホサート系除草剤で、真夏の除草作業を効果的に進めよう!

真夏の草むしりは、熱中症の危険もある上に重労働です。時間と体力を使いへとへとになる前に、グリホサート系除草剤で簡単に除草しましょう。さらに、秋から春の間に除草剤を撒いておけば、翌年の夏にはもう雑草は生えてこないかもしれません。グリホサート系除草剤を使い、雑草が育ちにくい土づくりをしておきましょう。

続きを読む
県民割 旅行

県民割って?ようやく再開してきた国内旅行。

県民割とは、お住まいの都道府県や地域のホテルや宿に宿泊する際に、県民であれば割引や特典がつく制度です。ブロック割とは、GoToトラベルの代替として都道府県が実施している観光支援策「県民割」の支援対象について、これまで”県民の県内旅行および隣接県からの旅行”が対象でしたが、これを「関東や近畿」ブロックまで拡大するものです。

続きを読む
国際ヨガの日 イベント

6月21日は国際ヨガの日。ヨガの歴史と効能を知ろう!

6月21日は「国際ヨガの日」です。2014年12月の国連総会で制定されました。6月21日が国際ヨガの日になった理由は、北半球ではこの日が「夏至」になることが多いからです。国際ヨガの日には、世界各国でヨガを楽しむ様々なイベントが行われます。ヨガには様々な効能があり、世界中で愛されています。

続きを読む
就活

就活選考解禁!23年卒の就活事情

新型コロナの感染拡大の影響を受けて、2021年卒からオンラインでインターンシップや採用選考を実施する企業が増えました。時間と距離の制約がなくなり、就活準備・就活上の利点となるという声もあり、この流れは今後も続いていく可能性があります。

続きを読む
マスク

もうすぐ夏本番!政府のマスク着用に関する見解とは?

日本人はマスクを外すことにとても慎重です。それは、感染対策としての側面ももちろんあるでしょう。しかし、日本人の「人の目を気にする」という国民性が影響していることも否定できません。日本では、実際に人々がマスクを外すようになるまでには、まだしばらく時間がかかりそうです。

続きを読む
小満

梅雨入り直前「小満」の過ごし方

「小満(しょうまん)」は、夏が始まり梅雨入りする前までの時期を指します。あらゆる生命が太陽の光を浴び、すくすく成長していく季節でもあります。「小満」には一体どのような意味があり、実際いつごろを指すのでしょうか?

続きを読む
オートミール

オートミールに発がん性?噂の検証と風評の正体

最近TVやオンラインで話題の健康食品、オートミール。オートミールは全粒穀物が原材料で、食物繊維やミネラルが豊富です。 しかしネット上には、オートミールにはグリホサートなどの残留農薬が含有されていて、発がん性などの健康上の懸念が残るという意見も散見されます。

続きを読む
食品の値上げ

食品の値上げラッシュ、その根本的な理由とは。家庭を直撃する価格高騰に対策は?

小麦の価格が上昇したことで、日本国内ではパンの値上がりが顕著です。そのため、「輸入品より国産品」「パンより米を」という対策が勧められています。パンに比べて米の価格はむしろ下がっているため、小麦製品ではなく米を主食にするのが私たちにできる対策と言えるでしょう。

続きを読む
愛鳥週間 バードウォッチング

愛鳥週間に考える自然保護

愛鳥週間(5月10日〜16日)は1950年に環境庁により制定されたもので、全国各地で主に野鳥に関するイベントが行われます。愛鳥週間の有名なイベントといえば、全国の小中高生によるポスター制作でしょう。愛鳥週間を通して自然保護の大切さを考える機会になっています。

続きを読む
母の日 花 カーネーション

母の日には特別な花を贈ろう

母の日はお母さんにお花をプレゼントします。お花は、ちょうど5月に旬を迎えるアジサイや、優雅で美しいバラも良いでしょう。母の日のギフトとして人気があるカーネーションの色は、赤とピンクです。それぞれの色により花言葉が違います。

続きを読む

グリホサートと輸入小麦に関する風評被害

「アメリカ産小麦は、日本市場向けに直接除草剤が散布されるので危険」というのは、ただ不安を煽るもので、間違い。この方法はアメリカの3%の農場でしか採用されていない、マイナーなもの。化学物質には容量作用関係がある。その視点で見ることが大切。

続きを読む
地震

地震!大切な家と家族を守る方法

地震が起きたら、まずは身の安全を確保することが最優先です。まず、倒れないように手と膝をつき、頑丈な家具の下に潜るなどして頭と首を守りましょう。地震がおさまるまで頭や避難している家具につかまり、安全な場所に移動できるように準備しましょう。

続きを読む
小麦 グルテン

グルテンフリーが人気の理由

世界のグルテンフリー食品市場は、2021年には50億ドル以上に達すると予想されています。しかし、グルテンフリー食が一般の人々にとってより健康的な選択肢であるという証拠はありません。グルテンフリーダイエットで体重が減るというのはただの噂です。

続きを読む
スマート農業

よりサスティナブルな世界を実現するスマート農業

広大な土地を監視して作物や動物の健康状態を把握するドローン、害虫の早期発見に役立つスマートセンサー、区画ごとの特性や天気予報に応じて水や肥料、燻蒸を行う自動システム。これらは、人口が増えすぎた未来の飢餓を撲滅するために役立つかもしれないコンセプト、スマート農業の長所のほんの一部に過ぎません。

続きを読む
トマト 農業

未来への食料供給

2050年には世界人口が100億人に達し、食料需要が56%増加すると予測される中、農業は自然をコントロールしようとするシステムから脱却する時期にあります。様々な研究・取り組みにより、私たちの農業革新は未来のために前進を続けています。

続きを読む
農業 畑

オーガニック食品は従来の食品より健康的?

研究によると、従来の農法で栽培された食品と有機的に栽培された食品の間には、健康面や栄養面で大きな違いはないという結論が出ています。多くの栄養士は、栽培方法に関係なく、人々が野菜や果物の消費量を増やすことの方が重要だと主張しています。

続きを読む
グリホサート 除草剤

毒性の指標LD50

グリホサート系除草剤ラウンドアップのLD50は5000mg/kgですが、案外と身近なものでもLD値で比較するとグリホサート 除草剤より毒性の高いものがあります。
薬も農薬も使用量を守ることで安全性を確保しながらメリットになるということです。

続きを読む
グリホサート 除草剤

グリホサートの植物、土壌などへの残留について

なぜ、グリホサート系除草剤がこれほど長く、広い範囲で使われているのでしょうか。それはこれまでの利用実績と800以上の科学的な検証があるからです。
これらの結果も含めて40年以上の利用実績と800以上の検証と合わせて、グリホサート 除草剤が広い範囲で利用されていることから150カ国以上で利用の承認がされてきた理由の一つだと言えるのではないでしょうか。

続きを読む

農薬のリスク管理について

グリホサート 除草剤はホームセンターなどで手軽に買うことができますが、登録や使い方が決められるなど、法律の規制で問題がないことが判断されて、売り場にあるのです。

続きを読む
グリホサート 安全

野生動物へのグリホサートの影響

グリホサート除草剤は30年以上にわたって森林の植生管理に登録されているが、除草剤の曝露を受けるヘラジカやシカなどの動物の直接的な死亡例が科学的に記録されていないことからその安全性は裏付けられます

続きを読む
グリホサート 除草剤

グリホサート代謝物のAMPAの尿からの検出について

測定値はすべて、最高値であっても健康上の懸念はない計算上のヒトへの曝露量はADIおよびAOEL(農薬使用者暴露許容量)より少なくとも1桁、主に2桁以上低い結果でした。
AMPAの尿中濃度を考慮した場合も同様であるが、グリホサート 除草剤と尿中のAMPAとの相関は低く、植物におけるグリホサートの代謝とは別のAMPAの供給源を考慮する必要があることが示唆されています。

続きを読む
グリホサート 成分

グリホサートによる社会貢献

グリホサート系除草剤は160ヵ国以上で利用されていますが、農業ではグリホサートを利用することで耕起せずに保全農業によるCO2排出を抑制するだけでなく、土壌の生物多様性に貢献する可能性があると認められています。
それだけでなく、鉄道運行の安全性の確保にも利用されていて、コスト的にも重要なメンテナンスに役立つなど社会的にも貢献をしています。

続きを読む
グリホサート系除草剤

グリホサート系除草剤と農薬登録の承認について

農薬には散布対象へ付着しやすくしたり、ムラになりにくくしたり、浸透性を高めたり、対雨性を高めたりするために、展着材として界面活性剤が配合されている商品もあります。農薬として販売されている商品は添加物も含めて適正かつ安全であると認められた商品にのみ「農薬登録」が与えられています。グリホサート系除草剤として販売されている商品もこのような審査を通過して販売されているということです。

続きを読む
グリホサート 発がん性

グリホサートはヒトに対して発がん性があるのか

2015年3月、国際がん研究機関(IARC)がグリホサートをグループ2A(おそらくヒトに対して発がん性がある)に分類したことことによります。
しかしBfRも含めて、各国の安全性評価機関はグリホサート 発がん性を否定しています。
ではなぜIARCだけ評価が異なるのでしょうか。

続きを読む
グリホサート 除草剤

グリホサートの毒性レベルは

グリホサート系除草剤のラウンドアップのLD50は5000mg/kgです。
身近なものでもLD値で比較すると、より毒性の高いものがあります。
安全と思っているものでも過剰に摂取すると有害なものになります。何であれ適正な量であるからこそリスクなく有益なものとなります。
グリホサート 除草剤も同様です

続きを読む
グリホサート 作用機構

グリホサートの除草の仕組みについて

グリホサート系除草剤は生物が吸収した栄養分を体内で使える形に変えて自分の体の成分や活動するためのエネルギーを作る道筋である植物の「代謝経路」を阻害してその植物を根まで枯らします。このようなグリホサート 作用機構と残効性がほとんどないという点で、グリホサート 農薬は農業で長く利用されています。

続きを読む
グリホサート 除草剤

 農薬について

薬の使用におけるリスク管理は、対象作物ごとに申請された使用方法で実施された作物残留試験における残留量を調べ、その値が残留基準値を超えないようにその農薬の使用方法(使用基準)が決められています。

従って、農薬の使用方法(使用基準)を守ることにより、人への安全が確保される仕組みとなっています。

続きを読む

グリホサートはなぜ必要なのか

不耕起栽培では、土壌に住む微生物が増えて、それらを餌とするミミズやクモなどの生物も集まってくるため、土壌環境を整えてくれます。
作物に必要な養分の調整を土壌が行ってくれるので、人為的に土壌の養分調整をする必要がなく、養分過多による病害被害を抑えることができます。不耕起栽培ではグリホサート系除草剤で雑草を枯らします。土壌では微生物によって自然物に分解されます。

続きを読む
グリホサート 除草剤

グリホサートの飲料水への残留について

消費者の蛇口に行くまでの処理での殺菌にてグリホサート系除草剤とその代謝物であるAMPAは分解されています。水道水はダム湖や河川の水などの原水としているが、浄水処理場に集められて不純物を取り除いてから塩素にて殺菌消毒されてから排水管を通って家庭に運ばれています。
なので、散布されたグリホサート 除草剤がそのまま水道水に移行することはありません。

続きを読む
グリホサート系除草剤

昔ながらの耕作農業に戻ることは有効なのか

グリホサート イソプロピルアミン塩を成分とする除草剤が必要なのか、私たち誰もが、生きていくために安定的な食物の供給を望み、できれば農薬などが使われていないことも望んでいます。そ
安全を確保しながら安定的な確保のためには、そのために規制機関の統制などを踏まえた上での安全な農薬やグリホサート系除草剤の利用は必要なのではないでしょうか。

続きを読む
グリホサート 除草剤

グリホサートについて11,000ページのEU報告書

発表された科学を明確な目で見ることことが縦横で、発表された科学は非常に多く、専門家はグリホサート 除草剤の安全性に関する結論を導き出すために、これらの証拠を体系的に検討してきています。これまでにも多くのレビューが行われてきましたが、欧州連合(EU)によって2021年6月に徹底的なレビューがされて、11,000ページに及ぶ報告書が発表されました。

続きを読む
グリホサート 除草剤

 不耕起栽培から見みる「土の力」

不耕起栽培は刈り取った株をそのままにするため、土の中に根が残ることにより保水性が高まります。養分が土壌から流出する可能性が減り、作物にとって最適な土壌環境を保つことができます。グリホサートを使わずに耕起による雑草防除をして化学肥料を大量に投入する必要がある耕起栽培と、土壌微生物による豊かな土壌環境で育てる不耕起栽培と、どちらが望ましい農業なのでしょうか。

続きを読む
グリホサート 作用機構

グリホサート系除草剤は水生生物に有害ですか?

藻類や水生植物の中には、グリホサート系除草剤に非常に敏感な種もある。圃場試験の結果は、製品ラベルに従って、またカナダの森林植生管理で一般的に使用されているグリホサート イソプロピルアミン塩系除草剤の使用は、水生生物に重大なリスクを与えないことを示唆する、いくつかの独立したレビューによる結論を支持するものである。

続きを読む
グリホサート 安全

グリホサート評価の根拠

2019年5月、米国環境保護庁(EPA)はグリホサート 安全を再確認し、発がん性がないことを明らかにしました。グリホサート 除草剤が現行のラベルに従って使用される場合、公衆衛生に対するリスクはないと評価しました。

続きを読む
グリホサート カリウム塩液剤

グリホサートの安全性

カナダ保健省は、グリホサート系除草剤が発がんリスクをもたらす可能性は低く、人体への懸念はないとの判断を堅持しています。

2017年、カナダ保健省は、一般にラウンドアップという商品名で知られるグリホサート 除草剤に関する再評価の決定を発表しました。

続きを読む
グリホサート系除草剤

質問:ラウンドアップはミミズを殺しますか?

ラウンドアップ除草剤の最高試験濃度である5,000ppm(mg/kg乾燥土壌に相当)ではミミズの死亡は認められず、500ppmのレベルでも何らかの悪影響は見られませんでした。比較のために、グリホサート イソプロピルアミン塩系除草剤の散布直後の土壌中のグリホサート 成分濃度は、通常、土壌の上部数センチで数ppm以下であり、標的となる植物体によって遮られた除草剤の量に依存します。

続きを読む
グリホサート 効果 日数

ブラックグラスを抑制した不耕起栽の方法

スウェル氏がブラックグラス対策で最も懸念しているのは、これまで彼の防除プログラムに欠かせなかったグリホサート イソプロピルアミン塩が失われる可能性があることです。

「我々はグリホサート 作用機構に依存していますが、不耕起栽培をしている人は皆そうです。グリホサート 成分が使えなくなると、誰もが再び耕すことになり、コスト的にも持続可能ではなく、環境にも良くないので、35~40年後には後退することになります」。

続きを読む
グリホサート 試験法

授乳中の母親に対するグリホサート系除草剤の健康リスクは低い

本研究の目的は、授乳中の母親集団におけるグリホサート カリウム塩液剤への曝露とそのリスクを評価することです。この化合物は1974年に発売されて以来、市場で最も使用されている除草剤となった農薬です。グリホサート系除草剤は1974年に発売されて以来、市場で最も使用されている除草剤で、750以上の農薬製品にさまざまな形で使用されています。

続きを読む
グリホサート 作用機構

グリホサートの蜂蜜への残留

日本では水道水に残留の基準値がなく、水質基準値原案(毎日2Lの水道水を一生涯飲んだとしても安全な濃度)があり、グリホサート イソプロピルアミン塩の場合は2ppmですが、実際に、日本の水道水ではその1/100の量である0.02ppmを超える濃度の検出例がありません。 

続きを読む
グリホサート 日本

食品の安全性について

グリホサートとは、40年以上前から作物保護のために使用されているアミノ酸系の除草剤です。
雑草を枯らした後は、土壌には残らずに分解されることから消費者や動物に無害で、広範囲の雑草を駆除できるグリホサート 作用機構は農業現場で広く使用されています。

続きを読む
グリホサート メカニズム

除草剤の使用をやめたらどうなるか?

グリホサートベースの除草剤に関連する科学的研究は、査読付きの科学文献に掲載されています。この知識ベースには、多数の学術関係者、政府関係者、その他の科学者によって、様々なテーマで行われた実験室および野外での研究が含まれています。多くの環境運命学や生態毒性学の研究が、ブリティッシュ・コロンビア州、アルバータ州、オンタリオ州、ケベック州、ニューブランズウィック州を含むカナダの森林生態系で行われています。

続きを読む
グリホサート 雨

植物や動物のグリホサートへの暴露レベルに影響を与える要因は?

植物や動物がグリホサート 農薬にさらされるかどうかは、処理面積、散布頻度、製品の散布率など、さまざまな要因によって決まります。
処理場所に直接住んでいるか、処理後数週間以内にその場所を訪れる動植物のみが、かなりのレベルのグリホサートや製剤中の界面活性剤に暴露される可能性があります。 

続きを読む
グリホサート 発がん性 根拠

尿中のグリホサートの痕跡

人間はグリホサート 成分を速やかに体外に排出し、数日後にはほとんど残らない。このプロセスは、食品に含まれる天然由来の化学物質にも当てはまるため、特定の食品を食べた後に尿中の化学物質がどのように変化するかを研究している研究者もいる。 

続きを読む
グリホサート 使い方

自然保護主義農家がグリホサート更新支持を確認

「自然保護団体」からの支援は、グリホサート推進派に一石を投じています。1992年から自分の農場で不耕起栽培を行っているフィンランド人農家のマックス・シュルマンは、「最初の頃に比べると、我々は真剣に受け止められている」と語ります。 

続きを読む
グリホサート 英語

グリホサートに朗報

グリホサートは最近、裁判でいくつかの打撃を受けている。しかし、欧州連合(EU)では、グリホサートに関していくつかの良いニュースが出ているとバイエルは言う。 EUでは、承認されたすべての農薬活性成分は、定期的な科学的評価を受ける。この評価は、指定された加盟国によって行われ、さらに欧州食品安全機関(EFSA)によって査読される。

続きを読む
グリホサート 分解

グリホサートのブロックは災いの元となる

メキシコ政府が安全な作物保護剤の出荷を禁止する決定を下したことは、私のような農家にとって驚きでした。 
メキシコ中央部にある私の農場では、物心ついたときからグリホサート イソプロピルアミン塩を使用してきましたが、
今回の出荷禁止についてはインターネットのニュースで知ることになりました。 

続きを読む
グリホサート メカニズム

グリホサートは土壌から地下水に浸出するのか?

グリホサート 成分は水溶性だが、分子内に正と負の電荷を持っているため、土壌の有機物や粘土粒子との結合力が強い。
その強い結合性の結果、土壌から地下水への溶出の可能性は非常に低いと考えられている。農業とは異なり、森林の植生管理では、グリホサート 作用機構の除草剤は、競合する植物が多く、林床に葉が落ちている場所に散布される。

続きを読む
グリホサート 何日

責任あるグリホサートの使用を優先

この業界が成功している理由のひとつは、継続的な改善への取り組みだ。農家には、責任を持って農薬を使用してきた長い歴史があり、特定の課題に対処するために、これらのツールを賢明に使用している。これは、カナダの大多数の農家が心を込めて採用している総合的害虫管理戦略の一環だ。

続きを読む
グリホサート 作用機構

農家が世界を養うためには、完全なツールキットが必要

植物防護製品(PPPs)の安全性と有効性を決定する際には、最初と最後、そして常に科学が優先されなければなりません。EUが物質を承認する際に世界で最も厳しいシステムを提供し続けたいのであれば、農家がより多くの食料を生産するという課題に対応するために必要な技術とツールへのアクセスを認めなければならないのです。

続きを読む
グリホサート 廃棄

オーストラリアの農業を脅かす「グリホサート戦争」

世界的なグリホサート戦争がオーストラリアにもやってきた。多くのことが危機に瀕している。グリホサートへの攻撃が続き、この効果的なツールへのアクセスが奪われれば、食品のコストが上昇し、環境にも悪影響が及ぶ。ビクトリア州で40年近くグリホサート 使い方を使用してきた農家として、私は長い経験からこの製品のすべてを知っている。

続きを読む