葛湯などで親しまれる多年生雑草のクズ。海外では大繁殖により侵略的外来種として問題に

目次

外来種繁殖に悩むのは日本だけではない。クズをはじめとする海外に渡った雑草や生物

ヒアリやセアカゴケグモなど、人間に危害を与える外来種の繁殖に悩んでいるのは日本だけではありません。例えば、雑草の「クズ」は海外に渡った後、日本産の侵略的外来種として猛威を振るっています。このように、日本原産の生物や植物が海外に渡り大繁殖し、問題となるケースは多くあるのです。

意外かもしれませんが「世界の侵略的外来種ワースト100」にも名前が挙がっているのが「ワカメ」です。日本では味噌汁、サラダ、ラーメンの具材など様々な料理に使われる身近な食材でしょう。しかし、海外では「害藻」と呼ばれています。その強い生命力と外海での天敵の少なさにより、あっという間に大繁殖してしまったからです。

他に「世界の侵略的外来種ワースト100」に名前が挙がっている、意外な外来生物は「コイ」です。観賞用に日本から輸出されたものが、現地で川に放流され増殖しました。このように、元々観賞用やペットとして輸入された生物が定着してしまい、問題になるケースはとても多いです。

この他にも、ゴマダラカミキリ、マメコガネ、アゲハ、タヌキ、ニホンジカなどが海外で侵略的外来種として駆除対象となっています。

除草剤 大繁殖 クズ 雑草 外来種 多年生雑草 地下茎
日本人には馴染み深い葛湯

アメリカで「グリーンモンスター」と呼ばれる多年生雑草のクズとは

クズ(葛)は多年生雑草で、日本では和菓子などに利用されるとても身近な植物です。日本では古来より「秋の七草」の一つとして名を連ね、親しまれてきました。葛粉や葛湯、葛餅などが有名です。しかし、クズはアメリカではその繁殖力の強さから「グリーンモンスター」と呼ばれています。

クズは、茎がつる状に伸びて絡みつき、草刈りをしてもどんどん増えてしまいます。土中に巨大な地下茎を形成するため、地上部分だけ刈っても意味がありません。他の植物よりも格段に繁殖力が強く、地表ではクズしか生えない緑の砂漠(グリーンデザート)が出来上がります。クズが木に巻き付くと、木は光合成が出来なくなり、病気を引き起こすこともあるでしょう。

実は日本でも、クズが太陽光発電所の周囲に繁殖しすぎて困っているという現状があります。過去に太陽光発電所の機械にクズのつるが入り込み、発電が止まったこともあるそうです。ただ日本は、四季の関係や天敵の存在により、アメリカほどの獰猛な大繁殖は免れています。

除草剤 大繁殖 クズ 雑草 外来種 多年生雑草 地下茎
アメリカでは「グリーンモンスター」と呼ばれるクズ

戦後雑草になったクズ。除草剤で根から駆除しよう

日本では、クズはかつて里山などで栽培されてきた有用植物でした。根は葛粉として、つるは葛布として利用されてきたのです。しかし戦後、里山が放置されるようになると、栽培されていたクズは「雑草」になりました。加えてインフラ整備のために里山の土が採取されるようになると、クズは市街地や道路脇などに生息の場所を広げたのです。

つる性多年生雑草であるクズの除草は少し厄介でしょう。その理由の一つは、フェンスや他の庭木に絡みついているので取るのに苦労することです。丁寧にほどくか、はさみを使って切っていくしかありません。また、地下茎のため、根から茎までを一斉に除去しない限り、茎から再び生えてきてしまいます。そのため駆除のポイントは、根からしっかり取り除くことです。最も有効な方法は、除草剤を活用することでしょう。

クズに除草剤を使用する時は、成分がしっかり浸透するよう、切り口に塗ります。茎の中を循環する液に除草剤を吸収させ、根まで運ばせるのです。地下に広がる巨大な根をまるごと駆除することができるでしょう。

上級者向け!クズから葛粉を作る方法

「せっかくなのでクズを活用して葛粉を作りたい」という方のために、クズから葛粉を作る方法をお伝えします。

<クズから葛粉を作る方法>
①クズの根を掘り出し、水で綺麗に洗い、土と汚れを落とします。
②綿棒や金槌などでクズの根を叩いて、繊維質にします。
③真水に入れてもみ洗いし、ザルで濾します。
④一晩置いた後、上水を捨て、新たに真水を入れ、葛粉を沈殿させます。
⑤④を4~5回ほど行います。
⑥きれいな白色になってきたら、水をギリギリまで捨てます。
⑦ベランダで日干しし、乾いたら完成です。

除草剤 大繁殖 クズ 雑草 外来種 多年生雑草 地下茎
クズの根は葛粉にして楽しむこともできる

雑草のクズは葛粉にして楽しむこともできる

天敵のいない海外では、大繁殖している多年生雑草のクズ。日本ではにも用いられる植物ですが、アメリカでは侵略的外来種として駆除対象になっています。繁殖力が強くどんどん広がってしまうので、除草剤でしっかりと根から駆除しましょう。「もったいない!」と思う方は、ぜひ葛粉を作って楽しんでみて下さい。

シェア