欧州議会、グリホサート削減の際の農家への影響評価を支持

目次

グリホサート使用量削減の影響 

ドイツのキリスト教民主党員であるノルベト・リンス氏は、「立法案のそれぞれについて、本当に影響評価が必要である」と述べ、グリホサート 成分の使用量削減が農場や農家にどのような影響を与えるかについての影響評価が必要であると付け加えた。 

 グリホサート イソプロピルアミン塩は、欧州の農業で最も広く使用されている活性物質の一つであり、世界で最も多く使用されている除草剤でもある。
現在、
EUで承認されているが、この承認は2022年12月15日に失効となる。

2019年12月12日、EUにおけるグリホサート 農薬の承認更新を求める企業グループが、2022年以降の更新申請を開始したことで、EUにおける更新プロセスが正式に開始された。 

しかし、グリホサート 除草剤の更新には大きな争点があり、同物質を再承認すべきかどうかについての議論はすでに十分に行われている。 

 

グリホサート 発がん性 根拠

求められるスペイン農家にとってのグリホサート評価 

スペインの保守派議員であるヘルマン・テルチ氏(ECR)は、スペインの農家への影響評価が行われていないことを強調した。
彼らは、自分たちに何が期待されているのか、将来的にどのようにすれば実行可能な方法で仕事ができるのかを十分に評価することができず、「苦労している」という。
 

彼らは、グリホサート 農薬が必要だと確信しているので、このような脅威、つまりダモクレスの剣にさらされたくないのです」と彼は付け加えた。 

テルッチ氏は、代替品の開発や農薬使用量の削減を歓迎しているが、これは現実的でなければならず、そうでなければ「社会的大惨事」になりかねない。 

グリホサート エース

しかし、現実的でなければ、「社会的破局」を招く可能性がある。
この意味で、削減が非現実的な方法で行われようとしているのであれば、現実的な評価、つまり有害性の評価が必要だ。
 

 

転載元: 

https://www.euractiv.com/section/agriculture-food/news/meps-back-impact-assessment-for-farmers-in-case-of-glyphosate-reduction/ 

 

シェア
Share on facebook
Share on twitter