欧州化学機関(ECHA)のグリホサート系除草剤 評価に関するビデオー翻訳・編集

目次

翻訳転載元:”What is happening with glyphosate in the EU?”, European Chemical Agency, Feb 8, 2017.

「欧州でグリホサートに関して何が起こっているのか?」欧州化学機関、2017年2月8日。
最終アクセス2021年5月13日。

 

今回は、欧州化学機関(以下、ECHAとする)のグリホサート系除草剤の評価に関するビデオから、テキストをおこして、日本語にしました。ビデオは2017年2月時点のものですが、国際機関などがグリホサートをどのように評価しているのか、参考になると思います。ビデオをみながら、下のスクリプト(記事)をご覧ください。


はじめに

ECHAのリスクアセスメント委員会がグリホサートを分類するまで、欧州委員会は2017年末まで一時的に認可を延長しました。

このビデオでは、グリホサートのEUでの分類における私たちの役割について説明しています。

(参考:グリホサートとは

 

ECHAからの説明

ECHAリスクマネジメント取締役:ジャック・デ・ブルイーン

ECHAは、分類および表示に関する規則に基づき、分類プロセスを管理しています。ECHAでは、毒物、可燃性、腐食性などの危険な性質を調べます。農薬などの特定の化学物質については、通常、EUと整合性のある分類があります。企業はこの調和された分類を製品に適用し、労働者や消費者が製品を購入する際に分かるように、ラベルに適切な警告を表示しなければなりません。 ここで強調しておきたいのは、私たちは化学物質の危険性だけを見ているのであって、その化学物質を使用した場合や、その農薬を含む製品を使用した場合に起こりうるリスクは見ていないということです。リスクは農薬規制で評価されるものであり、ECHAの権限ではありません。調和された分類・表示が必要な物質については、EU加盟国(ここではドイツ)から提出された書類があります。この書類はパブリックコンサルテーションの一環として公開されました。

 

ECHAリスクアセスメント委員会(RAC)の委員長:ティム・ボウマー

RACは科学的意見を作成し、欧州委員会が化学物質に関する決定を行えるよう、欧州委員会に勧告を行っています。科学委員会は、ほぼすべてのEU加盟国のメンバーで構成されており、加盟国が指名しますが、ECHA管理委員会が独立した立場で任命します。ECHAでは、すべての申請書類、特に本申請書類について大規模な公開協議を行っています。誰でも公開協議に参加し、検討すべき情報を提供することができます。300件近くのコメントが寄せられ、すべてウェブサイトで公開されました。後日、書類提出者と委員会報告者がコメントに全面的に回答します。この書類では珍しく、RACへのプレゼンテーションがさまざまな関係者から招かれました。ドイツの書類提出者、欧州食品安全機関、残留農薬に関する合同会議、国際がん研究機関に加え、産業界を代表するグリホサート・タスクフォース、市民社会を代表する健康環境連合(HEAL)です。本日の委員会では、全員がそれぞれの意見を発表します。(2017年2月8日)

 

ステークホルダーからの説明

健康環境連合(HEAL)代表(以下、HEALとする):ピーター・クローシング 氏

グリホサートは非常に重要な農薬です。

HEAL(Health and Environment Alliance)とは、EUにおける自然環境と構築された環境が健康にどのような影響を与えるかについて取り組む、欧州を代表する非営利団体です。

 

グリホサート・タスクフォースのスポークスパーソン:クレア・マッカリック氏

ヨーロッパの農家では広く使用されており、現在、非常に重要なツールとなっています。

 

HEAL代表:ピーター・クローシング

グリホサートの人の健康への影響について、矛盾した意見があることはよく知られています。

(参考:グリホサート日本語での健康に関する情報、グリホサート系除草剤の安全性な使い方に関する情報)

 

ドイツ連邦リスクアセスメント研究所(BFR)代表(以下、BFRとする):ラース・ニーマン氏

グリホサートの発がん性や変異原性、発達毒性に関して、多くの人が懸念しています。

(参考:グリホサート日本語での評価-BFRによる情報提供)

 

HEAL代表:クリストファー・ポルティエ氏

グリホサートの場合、人々は知りたがっているので、透明性がこのプロセスの一部でなければならないというのが大きなポイントです。透明性がなければ、人々の信頼を失うことになるでしょう。

 

欧州農薬協会(ECPA):ロッキー・ロウ氏

このプロセスでは、市民社会、産業界、あるいは単なる利害関係者など、すべてのステークホルダーが希望する情報を提供できるような公開協議が行われます。

 

欧州食品安全機関(EFSA):ホセ・タラゾナ 氏

さまざまなステークホルダーや加盟国から寄せられたコメントを見たい場合は、誰のコメントが考慮されているのかを確認することができます。私たちはグリホサートについて6000ページを公開しています。

 

グリホサート・タスクフォースのスポークスマン:クレア・マッカリック氏

今日は、ECHAが関係者にヘルシンキに来て直接意見交換するための新たなプラットフォームを提供する日です。(2017年2月8日)

 

HEAL代表:クリストファー・ポルティエ氏

ヨーロッパのNGOにグリホサートについての情報を提供する場を提供してくれました。これは非常に重要な一歩だと思います。

 

BFR代表:ラース・ニーマン氏

RACは独立した評価を行える立場にあり、他の規制機関による過去の評価を踏襲する義務はありません。

 

HEAL代表:ピーター・クローシング 氏

ECHAが既存のエビデンスを考慮しながら、すべての議論を検討していることに期待しています。

 

BFR代表:ラース・ニーマン氏

ですから、グリホサートについては、さまざまなエンドポイントに関してバランスのとれた結論を出してくれると思います。

 

最後に

RACは今年中(2017年)に最終意見を採択すると予想しています。ECHAは最終意見を委員会に提出し、委員会は分類の最終決定を行います。また、欧州委員会は、グリホサートをEU域内で使用し続けるかどうかを決定する際にも意見を考慮します。

 

 

シェア
Share on facebook
Share on twitter