植物や動物のグリホサートへの暴露レベルに影響を与える要因は?

目次

植物や動物がグリホサート 農薬にさらされるかどうかは、処理面積、散布頻度、製品の散布率など、さまざまな要因によって決まります。
処理場所に直接住んでいるか、処理後数週間以内にその場所を訪れる動植物のみが、かなりのレベルのグリホサートや製剤中の界面活性剤に暴露される可能性があります。
 

グリホサートの水生生物への影響 

カナダでは、グリホサート 成分ベースの除草剤が年間約150,000 haに散布されており、これは皆伐による伐採面積の約1/3に相当します。最も一般的な使用シナリオは、競合する植生から針葉樹の苗を解放することであり、伐採後数年(1~4年)以内に特にターゲットとした再生場所に空中散布されます。処理される場所は森林全体に分布しており、一般的には40~80年のローテーションサイクルの中で1~2回、1ヘクタールあたり酸相当量(a.e.)約2kgの割合で処理されます。対象となる競合植生のキャノピー内にある植物(落葉樹の茂みの中にある種や、トレブリング・アスペン、ラズベリー、カラムシなどの背の高い草本の種)は、地面に近い植物よりも比較的高い割合で散布を阻止すると考えられます。散布時(8月~9月中旬)に対象となる散布ブロック内に生息し、採餌範囲や移動手段が限られている動物は、比較的高い曝露量を経験する可能性がある。居住している動物や、処理後すぐに現場を訪れた動物も、汚染された食物を摂取したり、処理された表面からの脱着によって、より短期間に残留物にさらされる可能性がある。グリホサート イソプロピルアミン塩は比較的難分解性であるため、このような環境暴露は期間が短く(数日から数週間)、その間に濃度は急速に低下する。森林使用のシナリオでは、小川、河川、池、湖などの主要な水域は通常、緩衝地帯によって保護されているため、ほとんどの水生生物が毒物学的に有意なレベルにさらされる可能性は低いと考えられる。水生および陸生の両生類のライフステージは、小さくて浅い、通常は一時的な湿地に関連していることが多く、処理された地域内に生息する可能性があるため、比較的高い曝露の可能性がある珍しいケースとなります。 

グリホサート 分解
グリホサート 分解

グリホサート暴露は懸念レベルに達しない 

最近のリスク分析(PMRA 2015)では、グリホサート系除草剤の一般的な使用方法は、森林での使用やさまざまな農作物によく見られる複数回の散布を含むものであっても、鳥類、哺乳類、土壌生物、魚類、両生類に対するリスクは低いと結論づけています。森林管理におけるグリホサート除草剤の使用というより具体的な文脈では、2 kg a.e/ha程度の低率での単回暴露が行われるが、Durkin(2003)は、急性または慢性シナリオのハザード指数はいずれも懸念レベルに達しておらず、こうした分析は、鳥類、哺乳類、魚類、無脊椎動物への潜在的な影響は最小限であるというUSEPAが以前に出した結論を支持するものであると結論付けています 

 

グリホサートの散布は40年から80年1回のみ 

森林利用のシナリオでは、植物や動物の曝露は、様々な環境区画における初期レベルを制御する散布の頻度、方法、速度の関数であり、特定の生物が実際に曝露される可能性が決定されます。様々なコンパートメント(例:土壌、植生、水)内の残留物の持続性と運命は、暴露の潜在的な期間を決定し、そのような残留物が生物学的に利用可能かどうかを決定します。最後に、植物の特徴的な成長パターンや、動物の自然な行動(どのように採餌し、環境と相互作用するか)が、潜在的な暴露経路や程度に影響を与える可能性があります。グリホサート イソプロピルアミン塩の除草剤は通常、40年から80年の森林の変遷サイクルの最初の1年から4年の間に1回だけ散布されることを考えると、ほとんどの生物が暴露する可能性は極めて低いです。さらに、重大な曝露の可能性は、散布時にこれらの再生ブロック内に生息または採餌する植物または動物のみに限定され、既知の除草剤残留物の放散速度を考慮すると、処理後8週間以内となります。カナダでは、グリホサート系除草剤で処理された林地面積は年間約15万ヘクタール、つまり皆伐された面積の約19%と推定されていますが、その一方で、大部分の林地は自然に再生されるか、化学物質を使用しない代替手段を用いて再生されています。これは、野生生物が実際に直接暴露される確率を支配すると同時に、潜在的な間接的影響という観点から、除草剤処理によって影響を受ける可能性のある生息地の割合を支配するという点で、特に重要な側面です 

グリホサート エース
グリホサート エース

陸生の成体の両生類に対するグリホサートのリスクは最小限 

グリホサート メカニズムを用いた除草剤は通常、平均散布量 1.9kg a.e./ha で空中散布される(Thompson 2011)。空中散布された薬剤の多くは対象となる木本・潅木層で遮断され、地上の草本植物や土壌層に垂直方向に分配される量は割合に少ない(Thompson et al.1997)のです。そのため、散布時またはその後すぐに、一般的に階層化された植物群集の上層に生息する植物(例:ハンノキ、シモツケソウ)や、この層で採餌している可能性のある生物(例:鳥、ヘラジカ)は、地面の層に限定された生物(例:ミミズ、小型哺乳類)よりも比較的高い曝露量を経験する可能性が高いです。小川、河川、池、湖への直接散布は許可されておらず、これらのシステムは緩衝地帯によって保護されているため、ほとんどの水生生物が直接暴露されることはないです。例外として、小規模で浅い、通常は一時的な湿地帯に生息する水生生物(両生類など)が 直接曝露される可能性がありますが、これらは散布区画の中やすぐ近くに存在していても、地図に 載っていなかったり、空中から見えなかったりするため、過剰散布された領域からは除外されません(Thompson et al.2004)。現在、カナダではこの問題を明確に扱うためにいくつかの生態毒性学的フィールド研究が行われており、その結果、水生の幼生または陸生の成体の両生類に対するリスクは最小限であることが示されています 

 

転載元: 

https://forestinfo.ca/faqs/what-factors-impact-the-level-of-exposure-of-plants-and-animals-to-glyphosate/ 

シェア
Share on facebook
Share on twitter