授乳中の母親に対するグリホサート系除草剤の健康リスクは低い

目次

授乳中のグリホサートへの曝露とリスクを評価

本研究の目的は、授乳中の母親集団におけるグリホサート カリウム塩液剤への曝露とそのリスクを評価することです。この化合物は1974年に発売されて以来、市場で最も使用されている除草剤となった農薬です。グリホサート系除草剤は1974年に発売されて以来、市場で最も使用されている除草剤で、750以上の農薬製品にさまざまな形で使用されています。

この物質は、国際がん研究機関(IARC)が「ヒトに対しておそらく発がん性がある」(グループ2A)と分類して以来、論争に包まれてきました。しかし、欧州食品安全機関(EFSA)は、ヒトに対する発がん性の可能性は「極めて低い」と判断し、農業用除草剤としての認可を維持しました。

グリホサート 除草剤は農業分野で広く使用されており、その安全性について国際的な論争があるため、スペイン国民がこの物質にどの程度さらされ、リスクがあるのかを調べる必要があると考えた」とフィサビオ-パブリックヘルスの食品安全部部長Vicent Yusàは述べています。

グリホサート 検査
グリホサート 検査

スペインで初めて実施されたグリホサート分析

グリホサート 分析方法の内部被曝について、ヒトのバイオモニタリング(体内への存在)を通じた国際的な研究はほとんどなく、脆弱な集団に焦点を当てた研究も非常に限られています。このような背景から、フィサビオの研究者が実施した今回の研究は、スペインで初めて実施されたもので、この物質のリスクに関する住民の知識レベルを向上させることを目的としています。

この研究は、バレンシアの大学病院(Hospital Universitari i Politènic La Fe)で出産した20歳から45歳までの授乳中の女性100人の尿サンプルを用いて実施されました。サンプルは、バレンシア共同体の生物医学研究と公衆衛生のためのバイオバンク(IBSP-CV)によって管理されました。

グリホサートを扱う人々のグリホサートへの曝露は、皮膚吸収によるものです。一方、一般の人々にとっては、この物質の残留物を含む食物や水の摂取が主な経路となります。

今回の調査では、グリホサート カリウム塩液剤への曝露と最も直接的に関連する食品は果物であることが明らかになりました。さらに、検出されたグリホサート 除草剤の濃度を他の国際的な研究と比較しました。その結果、研究に参加した母親は、低リスクと考えられる曝露量を示していることがわかりました。

この論文は、Fisabio-Public Healthの食品安全部門の研究者、Pablo Ruiz、Pablo Dualde、Clara Coscollà、Sandra Fernández、Elvira Carbonell、Vicent Yusàが執筆した「スペイン授乳婦の尿中グリホサートとAMPAのバイオモニタリング」(Biomonitoring of glyphosate and AMPA in the ururning mothers)と題し、雑誌「Science of the Total Environment」に発表されています。

グリホサート とは
グリホサート とは

掲載元:

https://medicalxpress.com/news/2021-10-glyphosate-health-breastfeeding-mothers-spain.html

 

シェア
Share on facebook
Share on twitter