持続可能な農業を危険にさらすグリホサートへの攻撃

目次

信頼できる安全で健康的な食品を作るためにグリホサート 農薬に依存しているオーストラリアの農家として、私は最近のいくつかの法的、政治的決定に愕然としている。悲しいことに、これらの判決は「サイエンスフリーゾーン」で下されたものであり、現代の責任ある農業とは何の関係もない。

米国では、人気の高い作物保護製品によって癌になったと主張する男性に対し、陪審員が2億8900万ドルを支払う判決を下した。ブラジルでは、裁判官が9月から農家にグリホサートの使用を禁止した。フランスでは、エマニュエル・マクロン大統領が全面的に禁止したいと言っている。

無意味なグリホサート戦争

グリホサート 除草剤に対する無意味な争いが再燃している。

私と兄は、南部のビクトリア州の土地で、小麦、キャノーラ、豆、干し草など、さまざまな作物を栽培している。高品質の大麦は、Crown LagerやFoster’sブランドをはじめとする多くのビールに使用されている。

この農場には私たちの家族も住んでいる。もしグリホサート 成分が本当に危険なものであれば、私たちは自分自身や妻や子どもたちを危険にさらすことはしない。

グリホサート系除草剤は、農場や家庭菜園で使われる安全で信頼できる雑草防除ツールだ。

誤解されているのは、農家の人たちがタンクローリーでグリホサートを買ってきて、畑をその中に浸していると思っていることだ。

実際には、ラベルに記載された推奨量の範囲内で戦略的に少量ずつ使用している。

グリホサート 英語
グリホサート 英語

農家がグリホサートを使用するタイミング

一般的に、グリホサートは2つの重要なポイントで使用される。1回目は、シーズン初めの播種前だ。 夏場の雑草対策は、雑草のために露地栽培の防除方法に頼るのではなく、貴重な水分を節約するために次の重要な時期となる。ラベルに記載されているガイドラインを守り、安全な方法で散布する。

世界各国の規制機関は、何百もの研究結果を裏付けに、グリホサートの安全性を判断している。

唯一の例外は、国際がん研究機関(IARC)と呼ばれるヨーロッパの団体で、この団体は根拠のない主張をしてきた歴史がある。

ロイター通信のケイト・ケランド記者による最近の調査では、IARCがデータを操作していることさえ内部文書で明らかになっている。IARCは、真摯な研究や環境への影響よりも、プレスリリースで世間に衝撃を与えることを重視しているようだ。

グリホサートの価値

しかし、グリホサート 安全の価値は、単に悪いものではないということではない。グリホサートは、安全で効率的な優れた製品だ。

グリホサート 使い方を使うことで、私たちは環境に配慮したより良い農業を営むことができ、消費者に手頃な価格の食料を確実に供給することがでる。

私たちの住むオーストラリアはとても乾燥しているので、水を無駄にするわけにはいかない。一滴一滴が大切なのだ。私たちは不耕起農業を実践している。つまり、昔ながらの方法である、雑草を耕して土をひっくり返すという、土が水分を失ってしまうような方法で雑草をコントロールすることはない。耕す代わりにグリホサートを使用している。この不耕起栽培は、土壌侵食を防ぎ、生物多様性を維持し、温室効果ガスの排出を削減する。持続可能な農業には欠かせない要素だ。

もしオーストラリアでグリホサート イソプロピルアミン塩が禁止されたら、私たちは1980年代にタイムスリップしてしまうことになる。

つまり、1980年代の雑草駆除の方法に戻ってしまうのだ。栽培をやめて、土を耕す作業に戻らなければならない。これでは、長期的な農場の健全性にも、環境にも悪影響を及ぼす。

また、より古くて過酷な作物保護剤に頼ることになる。

さらに、禁止された場合、収穫量は1980年代のレベルまで落ちてしまうでしょう。現在、オーストラリアでは平均して年間4,000万トン以上の作物が栽培されている。グリホサートが手に入らなくなると、その量は2,500万トンにまで減少する。

大した量ではないかもしれないが、これは大きな損失だ。庶民の食費も上がってしまう。もし、この禁止令が世界の他の国にも広がれば、世界の食糧供給を脅かすことにもなりかねない。

私は、グリホサート 塗るを維持し続け、健全な科学と証拠が勝利を収めることを期待している。

転載元:https://globalfarmernetwork.org/2018/08/unnecessary-war-on-glyphosate-puts-sustainable-agriculture-at-risk/

シェア
Share on facebook
Share on twitter