尿中のグリホサートの痕跡

目次

グリホサートは体外に排出される 

人間はグリホサート 成分を速やかに体外に排出し、数日後にはほとんど残らない。このプロセスは、食品に含まれる天然由来の化学物質にも当てはまるため、特定の食品を食べた後に尿中の化学物質がどのように変化するかを研究している研究者もいる。 

実際、排水中のカフェイン代謝物を測定することで、人工レベルでのカフェイン摂取量を推定することができる。  

グリホサート イソプロピルアミン塩をはじめとする農薬は、残留物と呼ばれる低レベルで食品に存在する可能性がある。規制当局は、残留基準値(MRL)を設定することで、各農薬の最大許容量を定めている。 

MRLとは、個々の作物や食品に合法的に存在することができる最高レベルの残留農薬のことです。MRLは、1)食品を販売できるかどうか、2)農家が製品ラベルの指示に従っているかどうか、3)集団における食生活での農薬曝露量の上限推定値、などを判断する手段となる。 

グリホサート とは
グリホサート とは

グリホサートのサンプルテストの結果

ドイツの非政府組織BUND(環境と自然保護のための協会-地球の友のドイツ支部)は、「欧州18カ国のヒト尿サンプル中のグリホサート 成分残留物の測定」と題した研究を実施した。  

その結果、大部分(56.1%)のサンプルには検出可能なレベルのグリホサート 成分が含まれておらず、検出可能なグリホサート 除草剤が含まれていたサンプルのうち、最高レベルでも1リットルあたり2マイクログラム(10億分の2)以下だった。この結果は、EUが考える1日あたりの許容摂取量(0.3mg/kg体重/日)の1,000倍以上、WHOの同等値(1.0mg/kg体重/日)の3,000倍以上も低い摂取量となる。 

グリホサート 安全
グリホサート 安全

グリホサートと人の健康への影響とは一致しない 

EFSAやWHOのこれらの値は、人の健康へのリスクを懸念することなく、人の一生を通じて毎日起こりうる暴露である。尿中にグリホサート 成分やその他の化学物質が検出されただけでは、人の健康への影響とは一致しない。

転載元: https://www.glyphosate.eu/useful-information/safety/traces-of-glyphosate-in-urine/ 

シェア
Share on facebook
Share on twitter