大規模農業と小規模農業のメリットとデメリットについて考えよう

目次

大規模農業と小規模農業の定義

これまで日本の農業のあり方としては、小規模で最低限の作物を作り、兼業で収入を補うケースが目立っていました。しかし、近年になって大規模農業のメリットが見直され、参入する人々が増加するようになっています。 現在の日本では、農業において大きな転換期を迎えており、これからの時代を作る新しいモデルが研究されている途中といえます。ここでは大規模農業が注目されるようになった背景や、大規模農業の将来性について詳しくまとめていきます。

一般に、その地域の平均的な農家に比べて相対的に経営規模、特に農地面積規模が大きく、専業的な農業経営を「大規模農業」と呼びます。したがって、「大規模」と判断される厳密な基準は存在しません。大規模経営とほぼ同じ意味で用いられているのが現状です。

もちろん規模の基準が存在しないため、同様に「小規模農業」の定期も存在しません。あくまで相対的なカテゴリ分けであり、日本の農業をよく知る人の中には「厳密に言えば、大規模農業は日本には存在しない」と言う人もいます。

大規模農業のメリットとデメリット

日本政府は現在、農業の大規模化を推進しています。若い農業従事者が増加傾向にあるとはいえ、全国的に農業の担い手の減少は進んでいます。そこで、日本政府は農業を持続的に発展させるため、農地利用の担い手への集積・集約化が重要だと考えています。既に「農地中間管理機構」が創設されており、これは耕作放棄された農地などを借り受けて再生・整備するだけでなく、経営規模を拡大しようとする農業者に貸し出しています。この組織が創設された理由も、農地面積を現状の5割から8割に引き上げるという目標のためであり、大規模農業への施策は進んでいるといえます。

日本でメリットが多いと考えられる大規模農業は、アメリカではそうでもない

一方、大規模農業のイメージが強いアメリカでは、「ゴールドシュミット」と呼ばれる仮説があります。これは「大規模農業の割合が農村地域内で増えると、地域共同体の生活や文化的な質が低下する」という内容です。アメリカでは、農業の大規模化が進む地域において、病院や教育施設等の生活インフラの低下が顕著に現れているといいます。このような研究の背景には「小規模農家がアメリカ市民の象徴的存在だ」とする文化が影響していると考えられます。また広い農地に対応する機械や人件費、雑草処理のための除草剤などの農薬のコストも莫大となり、凶作などによる経済的影響も甚大です。

小規模農業のメリットとデメリット

一方、現在注目が集まる小規模農業のメリットとデメリットは何でしょうか?メリットとしては、生産者のこだわりを反映させた栽培方法で育てることができること。大規模農業では出来ないお客様の細かな要望に応えられるので、知名度が上がればファンもつきやすくなります。また、管理がしやすいので、栽培に一手間かけたりすることで付加価値がつき、高値で販売も可能です。販売ルートに関しても、独自のこだわりを守るコネクションを探すことで、息の長い取引が期待できます。農薬などをなるべく使わない育成は、大規模農業では実現できない特別な付加価値の代表です。

デメリットとしては、在庫管理の難しさが筆頭に挙げられます。需要を読み違えると、大量に在庫を抱えて腐らせてしまったり、逆に予想を上回る需要があった場合は、一部取引を断らなければいけないことも。安定出荷ができないと、既存契約先との取引にも不安が生じます。また、新しいことに挑戦しやすいという面もありますが、失敗したときのダメージが大きく、ときに決定的な損失となってしまうこともあります。

生産量が少ないことには、管理しやすさなどのメリットがあれば、需要に応えないデメリットも

日本の大規模農業と小規模農業の割合

小規模農業は農業経営体の98%、全農業者の90%、全耕地面積の70%を占めています。逆に言えば、大規模農業は全体の2%にすぎません。また農業就業人口は年々減少の一途を辿っていて、2016年では3.7%まで落ちています。

農業の大規模化は、農家の一定面積あたりの作業労働時間の減少や、生産コスト削減に繋がります。しかし大量生産に切り替えれば、効率は上がりますが、農作物の品質の低下により出荷歩留まりが落ちてしまっては、安定的な農業にはつながりません。「利益を上げるために大規模化する」という考えは危ういのです。手間とコストがかかることが考えられますが、大量生産に重きを置くよりも、生産管理に力を入れ、出荷歩留まりを意識したほうが利益は得られます。状況に応じてバランスを考えなければ、大規模農業の恩恵は得られません。

これからの農業に求められるものとは

「大規模化すればコストダウンができて、消費者は安く農作物を買うことができるし、国際競争力もつく」と考える人が多いようです。しかし単に農業を大規模化するだけでは、日本の農業が目標とする効率的で安定的な農業経営は叶えられません。環境や未来のことまで見据えたサステナブルな農業こそが、これからの時代に求められるものだと言えるでしょう。

 

シェア