冬の雑草対策にはグリホサートが効果的

目次

冬でも生えてくる困った雑草にはグリホサート

「雑草の季節」というと、夏を思い浮かべる方が多いのかも知れません。確かに夏は雑草が一年で一番生い茂る季節ですが、実は冬には冬の雑草があり、夏とはまた違った雑草たちが数多く存在します。「一年生雑草」と「多年生雑草」があるので、それぞれ冬の雑草をまとめてみました。

  • 一年生雑草

種子から芽を出し一年で枯れる雑草です。冬の雑草は秋に芽が出て冬を越し、春から夏にかけて花を咲かせます。年を越すことから「越年性雑草」とも呼ばれます。代表的なものには、ホトケノザ、オオイヌノフグリ、スズメノテッポウ、スズメノカタビラ、ハコベ、ナズナ、ヤエムグラ、オランダミミナグサなどがあります。

  • 多年生雑草

2年以上生きる雑草を指し、地上部分が1年で枯れることがあっても地下茎などから何度も芽が出ます。生命力が強く、防除が大変難しいです。代表的なものには、セイタカアワダチソウ、ヒメムカシヨモギ、オオアレチノギクなどがあります。

これら厄介な冬の雑草を根こそぎにするには、手軽に手に入り安全なグリホサートなどの除草剤が適しています。

グリホサートは雨が多い冬でも効果を発揮

「冬は雨の日が多く、いつ除草剤を撒いたらよいのか判断できない」という悩みを持つ方は少なくないのではないでしょうか。除草剤を散布したくても、雨が降っていては効果がないのではないのかと心配になりますよね。やはり、雨が降っているときや、これから大雨が降るというタイミングでは、除草剤を散布しても十分な効果が得られません。薬剤が雨に流されて、植物に吸収されないからです。とはいえ、スケジュール的に雨の日でも散布せざるを得なかったり、思いがけず散布後に雨が降ってきてしまうことはあるでしょう。そこで、多少の雨でも効果を得られる強い味方、グリホサートの出番です。

雨にも強い除草剤を使おう

現在市販されているグリホサート系除草剤には、なんと散布後1時間経てば雨が降っても効果を得られるというものがあるんです!通常、薬剤が乾燥する前に雨が降ってしまうと効果が得られませんが、散布後の乾燥スピードを上げる技術を採用し、1時間後には薬剤の吸収が済むように作られています。

枯れにくい常緑木もグリホサートで処理できる

常緑樹は、枯らすことが難しい木です。常緑樹は年間を通して緑色を保つ樹木で、冬になっても葉が落ちません。代表的な木はスギやマツです。常緑樹は生命力が強く、除草剤を使わなければ1〜2年ほどの期間がかかることもあります。除草剤を使用しても6ヶ月〜1年ほどかかります。

ここでは除草剤を使って木を枯らす方法を紹介します。常緑樹を枯らすには、グリホサート系の成分が含まれている除草剤を用意しましょう。グリホサート系の除草剤は、植物の酵素の働きを阻害することで植物を枯らします。代表的なものは「ラウンドアップ」です。

除草剤を木の根元に散布して枯らす方を紹介します。「液体タイプ」「顆粒タイプ」両方使うことができますが、顆粒タイプは飛ばされやすいので注意してください。

  • 液体タイプで散布する方法

除説明書通りに除草剤を水で薄め、じょうろに入れて根元に向かって散布する

  • 顆粒タイプの場合

風の弱い日に撒きましょう。薬剤が飛ばされてしまい、他の植物にも影響が出てしまうからです。また翌日に雨が降りそうなときも、散布を避けましょう。

冬の厄介な雑草をグリホサートで根こそぎ綺麗にしよう

自分にあったグリホサート系除草剤を選ぼう

ここでは、ご自分の目的別に粒剤と液剤の除草剤を使い分ける方法を説明します。

2~3月頃の雑草が生える前から、まだ雑草の背丈が低い時期には、長期持続型の粒剤除草剤の使用が適しているでしょう。粒剤除草剤をまく時には雨上がりなど、土壌が湿っているときが定着しやすくおすすめです。雑草の背丈が高くなってくる時期には、速効性のある液体除草剤の使用が適しています。液体除草剤をまく時には、お天気が良く、散布後すぐに雨の予報というタイミングでないときがおすすめです。

除草剤をまいた後に植物を植えたい時は、残効性がなく土に分解されるグリホサート系などの液体除草剤を使用してください。樹木周りの雑草を枯らしたい時は、液体が樹木の幹や根にかからないよう注意して雑草に直接まきます。また、子どもやペットがいる家庭の庭にまきたい時は、家庭用除草剤として販売されている商品を必ず使用しましょう。除草剤の散布当日は、その場所へ立ち入らないようにしましょう。

世界の保健機関が安全性を認めるグリホサート

グリホサートは、植物のリン酸の合成を阻害し、植物固有のアミノ酸を含むタンパク質や代謝産物を合成させず、植物を枯らします。世界中の保健機関が安全であると認めている上、ホームセンターなどで手軽に手に入ります。

 

シェア
Share on facebook
Share on twitter