今年の梅雨入りはいつ?コロナ禍の梅雨はおうち時間を楽しもう

目次

今年の梅雨入り、各地の最新予報は?

雨の日も多くなり、いよいよ梅雨入りが近くなってきました。今年はいつ頃梅雨入りを迎えるのでしょうか?各地の最新予報をお伝えします。

日本気象協会の「梅雨入り予想」では、九州~関東は平年より梅雨入りが遅いそうです。北陸と東北に関しては、ほぼ平年並みと予想されています。

6月上旬はブロッキング高気圧により、梅雨前線の北上が抑えられるのです。しかし、6月中旬になると太平洋高気圧が強まることにより、梅雨前線は北上します。それにより、九州~東北は一斉に梅雨入りとなる予想です。

6月2日の最新予想では、九州から東海は11日頃、関東は12日頃、北陸~東北は15日頃に梅雨入りとなるそうです。梅雨入り前にも大雨が降るかもしれないので、注意しておいて下さい。

梅雨入り 紫陽花
梅雨時期に咲き誇る紫陽花の美しさを楽しもう

梅雨入り後の注意点

今年はコロナ禍で迎える梅雨入りになります。梅雨入り後に何を注意すればいいか、考えていきましょう。

梅雨といえば「湿気」です。実は高温多湿の環境では、ウィルスも不安定になると言われています。湿度が高いのでエアコンをドライに設定する人も多いと思いますが、湿度はそのままでもいいかもしれません。

梅雨シーズンは体調不良に悩まされる方も多いのではないでしょうか。低気圧により自律神経のバランスを崩しやすいので、体調不良になることがあります。副交感神経が優位になるので、日中でも体がだるいのです。

低気圧の影響に加えて、朝晩の寒暖差によるストレスや、湿度の高まりによる不快さもあるでしょう。梅雨シーズンはこのような理由により、様々な健康上の影響があります。ストレスをこまめに解消し、規則正しい健康的な生活を心がけましょう。

雨の日が続くと、ガーデニングが趣味の方は外で作業が出来ず、イライラしそうです。ちょうど雑草が繁殖する時期なので「早く雑草取りをしたい」と焦るかもしれません。そういうときは、除草剤を使用するといいでしょう。グリホサート系除草剤は、散布後に雨が降っても問題なく効果を発揮します。

梅雨入り おうち時間
梅雨のおうち時間は模様替えをしてみよう!

梅雨入り後のおうち時間の楽しみ方

どんよりした天気に、気分も落ち込んでしまいそうな梅雨時期。お出かけするにも雨に濡れてしまうため、家で過ごす人も多いのではないでしょうか。そんな不便な時期だからこそ、おうち時間を充実させて過ごしたいものです。というわけで、梅雨時期の楽しみ方をいくつかご紹介します。

まずは、おうち時間を充実させるために、簡単にできる模様替えをしてみましょう。自分の好きな部屋を作れば、気分も上がります。例えば、おしゃれなデザインのポスターを、額に入れて飾ってみるのはどうでしょうか。あるいは、壁紙用のマスキングテープを壁一面に貼るのもいいかもしれません。壁は家の中でも面積が広いので、壁を変えると部屋の雰囲気がガラっと変わります。

親子でも一人でもできる、お菓子作りもおすすめです。「本格的なものは敷居が高い」と思うなら、とにかく簡単に出来るレシピをネット上で探して作ってみるといいでしょう。例えばパンナコッタなどは、材料を混ぜて冷蔵庫に入れて待つだけで、完成します。達成感もあり、おやつの時間も楽しみになるお菓子作りは、おうち時間の楽しみとしてぴったりです。

雨が止んだら、梅雨の一番美しい花・紫陽花を見に、お出かけしてみましょう。全国各地に紫陽花の美しい絶景スポットがあります。

梅雨でもおしゃれを楽しみたい

梅雨の時期は雨が続くので、服装も悩ましいでしょう。でも、梅雨でもおしゃれを楽しみたいですよね。そんな梅雨に最適の女性用コーデをご紹介します。

まず、雨の日にNGのアイテムがあります。基本的に革製品の靴やバッグはNGです。本革は水に弱く、濡れるとシミや色落ちの原因になります。しっかり乾かさないとカビが発生する可能性も。また、シースルーなど透け感のある洋服も避けましょう。雨に濡れると下着まで透けてしまうかもしれません。

雨の日のコーデは「撥水・防水加工のあるアウターカラーパンツかスカート」が良さそうです。アウトドアブランドの防水透湿アウターなら、通勤で着てもおかしくありません。ボトムスは、地面スレスレのフルレングスのスカートは流行っていますが、雨の日は我慢しましょう。ミドル丈の華やかな色合いのフレアスカートなどがおすすめです。

梅雨入り コロナ禍
コロナ禍の梅雨を乗り切ろう!

コロナ禍の梅雨を乗り切ろう

もうすぐ梅雨入りです。雨ばかりの日々に憂鬱になってしまいそうですが、そんなときこそおうち時間を楽しみましょう。美しい紫陽花も満開になる季節です。しっかりと体調管理をして、コロナ禍の梅雨を乗り切りましょう。

シェア
Share on facebook
Share on twitter