グリホサート 雨の日に強い除草剤で、秋の台風と除草を乗り切ろう

目次

日本の9月の天候

9月の日本は、暑い夏から秋へと季節が切り替わるタイミングです。朝の気温は下がり、朝晩と日中の気温差が大きいでしょう。9月は台風や雨も多くなりますが、雑草の処理もしておきたい時期です。今回は、の日の除草対策として最適なグリホサート系除草剤をご紹介します。

9月の天候には3つの特徴があります。気温変化・秋台風・秋雨前線です。

まずは夏から秋への気温の変化。9月の天候はとても変わりやすいのが特徴です。秋分の頃までは夏のような暑さのぶり返しがあり、30℃の真夏日となることもあります。朝は長袖でも肌寒く感じるかと思えば、日中は汗ばむ暑さだったりするでしょう。安定した天気が続かず、日々の大きな気温の変化に体調を崩しがちな季節ともいえます。

9月は台風の接近・上陸も多く、勢力も強いものが多いです。昭和以降、日本に記録的な被害をもたらした台風は13個。そのうち11個が9月に接近・上陸したものです。秋台風は本州を直撃しやすいコースを進み、スピードも早いため、被害が大きくなります。9月半ばを過ぎると秋雨前線が発生し、梅雨のような天気が続くでしょう。

グリホサート 雨 除草剤 効果 日本 茎葉処理型
9月の日本は台風シーズン

グリホサート 雨の日の除草対策

9月は気温が低くなり植物の生長が鈍くなるため、除草に適した時期です。9月に除草することで、雑草が伸びるエネルギーを抑えることにつながります。しかし、雨の日や台風も多い9月。「雨の日に除草剤を撒いてもいいの?」「雨の日が続くと、どのタイミングで除草剤を撒いたらいいかわからない」という方もいるでしょう。

除草剤を散布したくても、タイミングには注意して下さい。やはり雨の最中は、出来れば避けたいところです。薬剤が流されて、土壌や植物に吸収されない可能性があるでしょう。しかし、除草剤の種類によっては少しの雨ならOKのものもあります。

除草剤の種類は2つあります。茎葉処理型(液剤)と土壌処理型(粒剤)です。土壌処理型であれば、雨の最中でも小雨なら撒いても問題ありません。強い雨のときはやめましょう。茎葉処理型は、葉や茎が濡れていると薬剤が吸収されず効果が得られないため、雨の最中は避けます。

雨の最中ではなく、降る前や降った後なら話は別です。茎葉処理型のグリホサート系除草剤の中には「雨が降っても、散布後1時間経てば効果を得られる」というものがあります。散布から乾燥までのスピードが早く、1時間後には薬剤の吸収が終わるからです。グリホサート系除草剤なら、低温時や植物に朝露がついた状態で散布しても問題ありません。

グリホサート 雨 除草剤 効果 日本 茎葉処理型
雨の日に除草剤を撒くときは、タイミングに注意

グリホサート 雨の日の使用タイミング

グリホサート系除草剤を使うベストなタイミングは「数日間雨の降らないタイミング」です。晴れでも曇りでも構いません。しかし、スケジュール的に難しい場合もあるでしょう。

それでは、雨が降りそうなタイミングはどうでしょうか?雨が降る前なら、降り始めるまでの時間次第です。散布した除草剤が乾くまでの時間は商品によって異なります。6時間程度のものもあれば、3日間というものもあり、様々です。1時間後に雨が降っても効果を得られるグリホサート系除草剤もあります。使用する除草剤の取扱説明書をよく確認しましょう。

雨が降った後なら、除草剤の効果に影響はないでしょう。液体タイプの除草剤は葉や茎から吸収されるため、地面が濡れていても関係ありません。そのため、雨が降る前よりも、上がった後に除草剤を撒く方が効果的といえます。

グリホサート 雨 除草剤 効果 日本 茎葉処理型
雨が降り出しそうでも、グリホサート系除草剤なら1時間あれば効果が得られます

雨の日対策・グリホサート系除草剤使用の注意点

グリホサート系除草剤を雨の日に撒く際に、いくつか注意点があります。まずは取扱説明書を良く読むこと。それから近くに川や田んぼがあるときは使用しないようにしましょう。雨の日は除草剤が流れやすいため、近隣の川や田んぼに影響が出るかもしれないからです。

雨の時期に限ったことではありませんが、雑草の高さが30cm以上あると除草剤の浸透が遅れてしまう可能性があります。そうすると、効果が弱まってしまうかもしれません。そのため、雑草は30cm以内に切ってから撒くといいでしょう。

除草剤を散布する際は、保護メガネ・マスク・手袋などの防護用品を着用することも忘れずに。取り扱いが心配なら、安全性が高く、使用も簡単なグリホサート系除草剤がおすすめです。

グリホサート 雨の日のタイミングに悩んだら

除草をしたくても、降ったり止んだりの雨の日が続くとタイミングが難しいですよね。そんなときは、雨に強いグリホサート系除草剤を選ぶのが賢い選択といえます。雨の降る前後であれば、問題なくタイミングを取れるでしょう。

シェア
Share on facebook
Share on twitter