グリホサート:人の健康との関係を理解する

目次

グリホサートが人の健康に悪影響を及ぼす可能性を評価するためのリスクアセスメントプロセスのレビュー。

グリホサートとは?

グリホサート 除草剤は、一般的な除草剤であり、家庭の芝生や庭などの住宅地を含む農地および非農地で使用されている。

グリホサートは1974年に米国で初めて登録され、現在では多くの市販除草剤に使用されている。

現在、がんのリスクを含むグリホサート 農薬の人の健康への影響についての懸念が高まっている。この記事では、グリホサートが人の健康に悪影響を及ぼす可能性を評価するためのリスクアセスメントのプロセスをレビューし、グリホサートの発がん性に関する最近の研究に対する理解を深めることを目的としている。

グリホサート 日本
グリホサート 日本

ハザードとリスクの比較

除草剤を含むすべての化学物質は、人の健康に害を及ぼす可能性がある。しかし、毒物学の基本原則は「用量が毒を作る」というものである。

したがって、人の健康に対する危険な影響のリスクは、化学物質の毒性と生物学的に適切な用量にさらされる可能性の関数である。化学物質は非常に低用量で毒性を示すことがあるが(例:ダイオキシン)、生物学的に適切な用量にさらされる可能性が最小限であれば、危険な影響のリスクは低いといえる。

グリホサートの化学的性質

除草剤の化学的性質は、毒性と環境中での残留性の主要な決定要因となる。グリホサート 使い方の分子は、除草剤の中でもユニークな存在である。登録されている除草剤の約95%は芳香環構造からなる分子である。それに比べてグリホサート 成分は、結合が弱い直鎖状の炭素でできた小さな分子であるため、環境への残留性が低い。

市販されているグリホサートには、水への溶解性を高めるために塩類が配合されており、植物への取り込み性を高めるために独自の界面活性剤が配合されている。

グリホサートの毒性

急性毒性とは、除草剤を散布する際に経皮的または経口的に化学物質を摂取するなど、1回の化学物質の摂取に伴う危険性を指す。慢性毒性とは、食品残渣に含まれる低用量の化学物質を繰り返し摂取するなど、化学物質への長期的な暴露に関連する危険性を示す。

グリホサートのヒトに対する急性毒性は、除草剤の94%や、食酢や食卓塩などの一般家庭で使用される化学物質の多くよりも低い。

また、グリホサートのヒトに対する慢性毒性は、すべての除草剤の90%よりも低い。

暴露の可能性

グリホサートは、様々な作物(トウモロコシ、大豆、綿花)に頻繁に使用されているため、過去20年間で使用量が劇的に増加している。その結果、農薬散布者がグリホサートに暴露する可能性が高まっている。

しかし、EPAはグリホサート 分解の環境中での残留性と食事による暴露のモデルに基づいて、一般市民や農薬散布者以外が生物学的に関連する用量のグリホサートに繰り返し暴露される可能性は低いと結論づけている。

グリホサート 塗る

環境中でのグリホサートの運命

グリホサートの化学的特性は一般に、標的外への移動を最小限に抑え、環境中での散逸を促進する。

グリホサートは土壌や水の中で微生物によって分解され、土壌粒子と強固に結合するため、地下水への溶出を防ぐことができる。グリホサートは植物の中ではすぐに分解されない。そのため、食品にグリホサートが残留する可能性がある。しかし、グリホサートは通常、人間が直接消費するために生産される作物には使用されない。グリホサート 安全の大部分は休耕地や、飼料用(トウモロコシ、大豆)、エネルギー用(トウモロコシ)、繊維用(綿)の作物に散布され、植物が穀物を生産したり収穫したりする何週間も前の成長期の早い時期に、若い植物性の作物に散布されます。

グリホサート系除草剤の規制

除草剤の登録プロセスでは、除草剤の毒性特性、環境中での動態、非標的影響の可能性に焦点を当てた120以上の研究をEPAが審査する必要がある。

これらの研究は、毒物学的データと暴露モデルを用いて、人間への悪影響の可能性を定量化する正式なリスク評価を行うために使用される。

食品品質保護法(FQPA、1996年成立)では、農薬への「総体的な暴露によって害が生じないという合理的な確実性」を要求し、食品消費のモデルに基づいて強制力のある残留基準を設定している。米国農務省食品医薬品局は、市場に出回っている食品に含まれるグリホサート 英語のレベルを積極的に監視している。

転載元:https://extension.psu.edu/glyphosate-roundup-understanding-risks-to-human-health

シェア
Share on facebook
Share on twitter