グリホサート(除草剤)についての事実 by ミシガン州立大学の成分安全研究センター

目次

グリホサートの安全性について知っていますか?

ここ数週間、私たちの食品生産に使用される一般的な除草剤であるグリホサートの安全性についての会話が活発になっています。

以下では、CRISの専門家がグリホサートに関するよくある質問に回答し、最新の科学を常に把握しています。

(CRISとは、ミシガン州立大学成分安全研究センターのことで、日常生活で使う製品の成分安全に関する難しい質問に積極的に取り組んでいる世界でも数少ない組織の1つです。専門知識を使用して、食品や化粧品の成分に関する最新の科学に基づいた情報を調査、事実確認、およびグローバルコミュニティに提供します。)

 

グリホサートとは何ですか?

グリホサートは、作物と競合する雑草を殺すために開発され、使用される化合物です。 農業用と家庭用の両方で利用できます。

(参考:グリホサート日本における情報(日本語)

 

どのように使用されますか?

農業での使用では、グリホサートは通常、作物の栄養素を奪い合う雑草を殺すために、植物の成長のさまざまな段階で畑に噴霧されます。 グリホサートがEPA承認ガイドライン内で適用される場合、それは人間、動物、または環境の健康に悪影響を及ぼしません。

家庭での使用では、グリホサートは通常、庭、歩道、または庭での雑草やその他の不要な成長を減らすために使用されます。 グリホサートの家庭での使用は、製造元の指示に従って使用された場合、人間または動物の健康に既知のリスクをもたらしません。

庭に使用されるグリホサート除草剤
庭に使用されるグリホサート除草剤

 

危険ですか?

研究者たちは、グリホサートが人間、動物、環境の健康に与える影響を40年以上にわたって研究してきました。

グリホサートは、EPAのガイドラインに従って使用された場合、人間、動物、および環境に対して安全であることがわかっています。

(参考:グリホサートの安全性に関する情報(日本語)グリホサート日本における安全性に関する情報(日本語))

 

食べてもいいですか?

濃縮グリホサートは摂取しないでください。 グリホサートは濃縮レベルで毒性があります。 もちろん、食料品店で入手できる食品には濃縮グリホサートは含まれていません。 一部の食品には安全なレベルが証明されているグリホサートの残留物が含まれています。

 

濃縮グリホサートは、グリホサートの残留物とは異なります。 グリホサート残留物は、作物の成長、生産、収穫から残った非常に少量のグリホサートです。 EPAには、あらゆる食品に安全に許容されるグリホサート残留物の量に関する厳格なガイドラインがあります。

(参考:グリホサート 食品との関連情報(日本語))

安全性の計算

EPAが承認したすべての化学物質について、当局は、健康への悪影響の影響を受ける前に人が消費できる物質の量を決定します。 これは「参照線量」と呼ばれます。

参照用量は、子供などの敏感なサブグループを含む、生涯にわたって有害な影響を引き起こす可能性が低い、ヒト集団への推定1日経口暴露です。

参照用量は、1日あたりの体重1キログラムあたりのミリグラムの単位で表されます(mg / kg /日)。 グリホサートのEPA参照用量は1.75mg / kg /日です。

つまり、体重が約80 kg(176 lbs)の場合、健康に悪影響を与えることなく、毎日約140mgのグリホサートを摂取することができます。

スケール感としては、1mg / kgで2年で1分!

(参考:科学界におけるグリホサート 安全性に関する情報(日本語))

グリホサートと食に関してー安全性の計算
グリホサートと食に関してー安全性の計算

 

グリホサートはミツバチに害を及ぼしますか?

最近発表された研究は、ミツバチの友好的な腸内細菌(すなわち腸内細菌叢)がグリホサートへの曝露によって害を受ける可能性がありうることを示しています。 ただし、サンプルサイズ、曝露レベル、さまざまな蜂蜜と在来の蜂の個体群間の遺伝的多様性など、グリホサートと蜂の健康の有害性を結論付ける前に対処する必要がある研究についての質問があります。

友好的な腸内細菌が害を受けると動物や昆虫が健康に悪影響を与える可能性がありうることは科学文献で十分に確立されていますが、蜂の腸の健康とグリホサートについて結論を出す前に、より詳細な研究が必要です。

グリホサートと食
グリホサートと食

 

グリホサートに関する研究が健全なものであるかどうかはどうすればわかりますか?

グリホサートは、40年以上にわたって研究者、業界、および政府によって研究されてきました。 これらの査読済み研究は、ガイドライン内で使用された場合のグリホサートの安全性を引き続き実証しています。

ピアレビューされた研究は、研究と結論が非部分的な対象分野の専門家によって評価されたことを意味します。 このピアレビューステップにより、科学的な正確性と公平性が保証されます。

疑問がある場合は、TwitterとFacebookの#CRISfactsを使用してCRISの専門家に連絡するか、cris @ msu.eduに直接メールでお問い合わせください。(このTwitter,Facebookのハッシュタグ、またメールアドレスは、ミシガン州立大学成分安全研究センターのものです。もしSNSやメールを通して連絡する場合は、英語での記述をお願いいたします。)

グリホサート 科学
グリホサート 科学

引用:”Facts about Glyphosate (Weed Killer)”, Center for Research on Ingredient Safety,MICHIGAN STATE UNIVERSITY, September 4, 2018,

https://www.canr.msu.edu/news/five-facts-about-glyphosate

[Retrieved on March 29, 2021][Translated into Japanese on March 29, 2021 by glyphosate-fact-sheet.com]

「グリホサート(除草剤)についての事実」、ミシガン州立大学成分安全研究センター、2018年9月4日。2021年3月29日最終アクセス。


文中の青字*は翻訳編集コメントです。

今回は、ミシガン州立大学の成分安全研究センター(CRIS)のホームページから、グリホサートについて説明している記事を転載・翻訳しました。日常生活で使用する製品に含まれている成分の安全性に関する研究を専門的に研究している研究センターで、とてもわかりやすく、簡単にグリホサートに関することや、食、安全性などについて説明されています。グリホサートに関する間違った情報が氾濫していますが、一人でも多くの人に、正しい情報が届きますように。

シェア
Share on facebook
Share on twitter