グリホサート農薬に関するカナダ保健省の声明

目次

グリホサート農薬に関する声明

2019年1月11日 – オタワ、オンタリオ州 – カナダ保健省

 

オタワ – 農薬を規制するカナダ保健省の主な目的は、カナダ人の健康と環境を守ることです。そのため、同局はすべての農薬を定期的に見直し、現代の健康と安全の基準を満たし続けているかどうかを確認しています。

グリホサート系除草剤 カナダ保健省
グリホサート系除草剤 カナダ保健省

 

2017年にグリホサートに関する同省の最終再評価決定が発表された後、カナダ保健省は8件の異議申し立て通知を受け取りました。また、「モンサント論文」と呼ばれているグリホサートをめぐる科学の一部の有効性について、公に懸念が示されています。

(参考:グリホサートとはグリホサート日本における科学的根拠に関する情報)

 

カナダ保健省の科学者は、これらの通知で提供された情報を検討し、問題となっている研究の妥当性を評価して、提起された問題のいずれかが評価結果と関連する規制決定に影響を与えるかどうかを判断しました。

 

徹底的な科学的検討の結果、関連データ全体を考慮すると、異議申立人が提起した懸念は科学的に裏付けられないという結論に達しました。提起された異議申し立ては、グリホサートの2017年の再評価決定の科学的根拠に関する疑念や懸念を生じさせるものではなかった。したがって、同局の最終決定は有効です。

 

カナダ保健省は、農薬の安全性に関する決定を行う際に、科学的根拠に基づく透明かつ厳格な規制プロセスに従っています。このプロセスの一環として、カナダ保健省は各異議申し立て通知に対する回答を1月14日に害虫管理規制庁の公薄に掲載します。

 

私たちの科学者は、このレビューを行うにあたり、あらゆる手段を尽くしました。彼らは、連邦政府、州政府、国際的な規制機関、公表された科学報告書、複数の農薬メーカーからのすべての関連データと情報にアクセスしました。これには、モンサント論文で言及されているレビューも含まれます。また、カナダ保健省はグリホサートの評価の際に、がんや遺伝毒性の追加研究を含む数多くの個別研究や生の科学データにアクセスすることができました。情報の公平な評価を確保するため、カナダ保健省は2017年の再評価に関与していない独自の科学者20人からなるグループを選び、異議申し立て通知を評価しました。

(参考:グリホサートイソプロピルアミン塩グリホサートカリウム塩をはじめとする成分に関する情報)

 

現在、世界のどの農薬規制当局も、ヒトが現在暴露しているレベルのグリホサートをヒトに対する発がんリスクとみなしていません。当社は、他国の政府による規制措置を含め、グリホサートに関連する新たな情報を引き続き監視し、人の健康や環境への懸念があるリスクが確認された場合には、適切な対応を行います」と述べています。

(参考:他国のグリホサート農薬に関する評価)

グリホサート
グリホサート

 

翻訳転載元:”Statement from Health Canada on Glyphosate”, Health Canada, January 11, 2019.

https://www.canada.ca/en/health-canada/news/2019/01/statement-from-health-canada-on-glyphosate.html

[「グリホサートに関するカナダ保健省の声明」カナダ保健省、2019年1月11日、2021年5月18日最終アクセス。]


文中の青字*は翻訳編集コメントです。
今回は、カナダ保健省のホームページから、グリホサート農薬に関する声明が記載されているページを翻訳・編集しました。グリホサートに関する、科学的根拠のない情報が氾濫していますが、グリホサートの安全性に関しては、各国機関で研究、評価されています。多くの人が、誤った情報を鵜呑みにせず、正しい情報を得ることができますように。

シェア
Share on facebook
Share on twitter