グリホサート系除草剤は水生生物に有害ですか?

目次

グリホサートとPOEAの影響を調査

リスク分析によると、水生植物と藻類は水生動物よりもグリホサート 除草剤に対して相対的に感受性が高い。水生動物の中では、魚と幼生の両生類(オタマジャクシ)がPOEA(グリホサート系除草剤の一部に使用されている混合界面活性剤)を含む製品に特に敏感である。対象となる散布場所内の小さくて浅い湿地に生息する両生類は、比較的大きなリスクがあると考えられる。しかし、グリホサート イソプロピルアミン塩とPOEAの影響を調査したいくつかのフィールド研究では、現実的な暴露レベルと環境条件の下で両生類に大きな影響がないことが示されている。

水生生物に重大な影響はない

地図に載っていなかったり、上空から容易に観察できなかったりする小規模で浅い湿地帯は、特にこのような生息地によく出没する両生類にとってリスクが高くなる可能性がある特殊なケースだ。魚や両生類の幼生(オタマジャクシなど)がPOEA界面活性剤を含むグリホサート製剤に非常に敏感であることは実験室での研究で明らかになっているが、いくつかの野外研究では現実的な暴露シナリオでは重大な影響はないことが示されている。

藻類や水生植物の中には、グリホサート系除草剤に非常に敏感な種もある。圃場試験の結果は、製品ラベルに従って、またカナダの森林植生管理で一般的に使用されているグリホサート イソプロピルアミン塩系除草剤の使用は、水生生物に重大なリスクを与えないことを示唆する、いくつかの独立したレビューによる結論を支持するものである。これは特に、敏感な水生システムを保護するために特別に設計された緩衝材を日常的に適用している場合に当てはまる。

グリホサート とは
グリホサート とは

これまでの研究について

動物プランクトン、魚類、両生類を含む水生生物に対するグリホサート系除草剤の潜在的影響に焦点を当てた研究が数多く行われており、これらの研究は複数の著者によってレビューされている(ギシー氏ら 2000; ソロモン氏とトンプソン氏2003; ダンキン氏ら 魚や両生類の幼虫(オタマジャクシ)は、実験室条件下で暴露された場合、グリホサートベースの除草剤製剤、特にポリエトキシル化オウゴンアミン(POEA)界面活性剤を含む製剤に非常に敏感であることが知られている(例:フォルマー氏ら1979年;ワン氏ら1989年;ハウ氏ら2004年;エジントン氏ら2004年)。

カナダ西部の海岸林に散布されたグリホサート メカニズムの影響を流域レベルで調査した結果(ホルトビー氏とベイリー氏 1989)、実験的に過剰散布された支流と散布された場所より下流の本流で飼育されていたケージに入れられたギンザケの幼魚に一時的なストレス効果と軽微な死亡(2.6%)が観察された。しかし、居住者であるサケの稚魚については、急性死亡率、越冬死亡率、成長率、支流を利用する確率の変化は観察されなかった。

同様に、その後のいくつかの研究では、実験室やメソコスム条件下で暴露した場合、両生類の幼 虫がこれらの除草剤製品に対して一般的に感受性が高いことが確認されている(チェン氏ら2004; レリーヤ氏ら2005; ウィリアム氏とセムリッチ氏2009 など)。 一般的に、実験室条件下で 96 時間暴露した後に両生類の幼生が 50%以上死亡したと報告されている最も低い濃度は 0.8 mg a.e./L に相当するが(エジントン氏ら. 2004; レリーヤ氏とジョーンズ氏2099)、ウィリアム氏とセムリッチ氏は 0.6 mg a.e./L 相当の ラウンドアップウェザーマックス製剤に暴露した後に 3 種の両生類の幼生のうち 1 種で 80%以上の死亡率を報告している。偶然にも、0.8 mg a.e./L の値は、曝露期間に関係なくすべての水生生物が保護される閾 値濃度と考えられている(CCME 2012)。両生類の幼生が敏感であることが実証されていることや、一般的な森林利用シナリオでは小 規模なエフェメラル湿地に直接オーバースプレーや目標外のドリフト入力が発生する可能性があることから、一般的な森林利用シナリオにおける両生類への潜在的なリスクに関して正当な疑問が生じた(トンプソン氏ら)。

グリホサート 検査
グリホサート 検査

広範囲にわたる階層的な研究プログラム

この問題に直接取り組むために、実験室、現場でのメソコスム、湿地全体、運用モニタリングなど、広範囲にわたる階層的な研究プログラムが実施された。オンタリオ州における典型的な空中散布プログラムの運用モニタリング研究(トンプソン氏ら2004)に基づくと,このような湿地帯で予想される最大濃度は,100回のうち99回は0.55 mg/L(ppm)未満となる(すなわち,重大な急性影響の閾値濃度以下)。緩衝地、隣接地、過剰散布された湿地で様々な暴露を受けた2種類の異なる両生類の死亡率には、有意な差は認められなかった。

他のいくつかのフィールド研究では、製剤化されたグリホサート系除草剤が小規模な湿地帯での最大限のワーストケースを表すと考えられるレベルであっても、両生類の幼生の生存、成長、発達に対する有意な急性影響がないことが確認されている(ウォタスザック氏ら 2004; エッジ氏ら 2014; エッジ氏ら 2012)。同様に、自然化された湿地帯で実施されたin situ囲い込み研究では、最大許容ラベルレートで直接暴露した後でも、製剤化されたグリホサートベースの除草剤に暴露されたカエルの幼生に有意な影響は見られなかった(エッジ氏ら2011; エッジ氏ら2013)。実験室と野外研究の結果の違いは、自然の浅い湿地の生態系では堆積物の収着と分解のプロセスが活発であり、グリホサート 農薬とPOEA界面活性剤の両方への曝露の大きさと期間が制限されていること(ウォタスザック氏ら 2004年;エッジ氏ら2012年;ワング氏ら2005年;ロドリゲス ギル氏2015;私信)と、これらの要因が標準化された試験プロトコルに含まれていないか、最小限に抑えられている実験室での研究とを比較すると、概ね説明できる。

全体として、これらのフィールド研究の結果は、製品ラベルに従い、またカナダの森林植生管理で一般的に使用されているグリホサート系除草剤の使用は、両生類やその他の水生生物に大きなリスクを与えないことを確認している。

転載元:

https://forestinfo.ca/faqs/are-glyphosate-based-herbicides-harmful-to-aquatic-organisms/

 

シェア
Share on facebook
Share on twitter