グリホサート代謝物のAMPAの尿からの検出について

目次

BfRの研究評価について

ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)のグリホサートについてのよくある質問からグリホサート イソプロピルアミン塩を含む農薬の成分について引用しています。

 

グリホサートとその代謝物であるAMPA(アミノメチルホスホン酸)がヒトや動物の尿から検出されることの意義は何ですか?

 

グリホサート イソプロピルアミン塩は、除草剤や乾燥処理(収穫前処理)に用いられる薬剤の活性物質として認可されており、食品や飼料中の残留物は、許容最大残留基準値以下であれば許容されます。つまり、ヒトや動物が食物や飼料を介して少量のグリホサートを摂取する可能性がある。

グリホサートは体内で速やかに再排泄されるため、ヒトと動物の尿中に微量の活性物質が検出されることが予想される。しかし、現在までに尿中に検出されたグリホサート濃度は、ユーザーや消費者がグリホサートにさらされたとしても、その健康へのリスクを示唆するものではありません。

この点について、BfRは、欧州および米国における尿サンプルのグリホサート残留を分析した研究の評価に基づく概要を発表しています

引用:

http://link.springer.com/article/10.1007%2Fs00003-014-0927-3#page-1

 

 

尿サンプルのグリホサート残留分析

 

このグリホサート 分析方法で尿サンプルに含まれるグリホサート イソプロピルアミン塩は、おそらく食事から摂取されたものであろうとされています。

最大値1.82 µg/Lは、食品を通して最大20 µgのグリホサートを摂取したことを示している可能性があり、これは体重60 kgの成人ではほぼ0.0003 mg/kg bwに相当し、ADI(一日摂取許容量)の0.1%未満に相当する数値です。

 

明らかに、AMPAへの曝露もあったはずだが、その起源はあまり明らかではない。

動物データに基づくと、ヒトの体内でグリホサート 除草剤がAMPAに大きく変化する可能性は非常に低いものです。

グリホサート 除草剤
グリホサート 除草剤

AMPA濃度は、このADIの0.2 %を超えることはない

ヨーロッパの平均的な食事に含まれるAMPA残留物の量(おそらく遺伝子組み換え作物由来)は不明である。グリホサートの農業使用以外の供給源がある可能性がある。ただし、グリホサートと同じADIがAMPAにも適用される。尿中の測定されたAMPA濃度は、このADIの0.2 %を超えることはないだろうとしています。

 

ヒトの尿中にグリホサートが陽性であることはよくあることで、職業上または家庭内での暴露、食事からの摂取、あるいはその両方が原因である可能性がある。その起源は明確に区別できないことが多く、時には重なることもあるだろうとしています。

 

グリホサート 除草剤を散布後の作業員の尿中濃度は、消費者によるグリホサートの食事からの摂取によるものよりも高い傾向にあります。

 

最も高い濃度は作業者1名とその息子の尿から測定され、推奨される保護措置が適切にとられていなかったことを示していると思われるとしています。

 

ヨーロッパでも測定された尿サンプル中のグリホサート濃度が増加する傾向があるかもしれない。おそらく、より感度の高い分析技術、ヨーロッパでの農業実践におけるより頻繁な使用、輸入食品における高い残留量を反映していると思われるとしています。

 

グリホサート 除草剤
グリホサート 除草剤

グリホサート測定値はADIよりも少なくとも1桁、主に2桁以上低い結果

測定値はすべて、最高値であっても健康上の懸念はない。計算上のヒトへの曝露量はADIおよびAOEL(農薬使用者暴露許容量)より少なくとも1桁、主に2桁以上低い結果でした。

 

AMPAの尿中濃度を考慮した場合も同様である。しかし、グリホサート 除草剤と尿中のAMPAとの相関は低く、植物におけるグリホサートの代謝とは別のAMPAの供給源を考慮する必要があることが示唆されています。

シェア
Share on facebook
Share on twitter