グリホサートとはー欧州化学機関(ECHA)によるグリホサートの評価(翻訳・編集)ー

目次

はじめに

グリホサートとは、植え付けられた作物の周囲に不要な植物が生えるのを防いだり、植物や植物の一部を枯らしたりするための殺虫剤で、最も広く使用されている活性物質の一つです。これらの物質はしばしば「除草剤」または「除草剤」と呼ばれます。

グリホサート使い方は、農業や園芸において、種まき前の雑草対策として使用されています。また、グリホサートに耐性のある遺伝子組み換え植物を栽培している場合は、播種後に作物の間に生える雑草を殺すためにも使用されます。しかし、このような行為は欧州連合内では行われていません。

(参考:グリホサート日本に関する情報、グリホサート農薬に関する情報)

グリホサートとは
グリホサートとは

 

ECHAはグリホサートについて何をしている機関ですか?

ECHAは、物質および混合物の分類と表示に関する法律を管理しています。この法律は、毒物、可燃性物質、腐食性物質など、物質が持つ危険な特性に基づいて、物質の評価と表示を行う方法を規定しています。

農薬などの特定の物質については、EUレベルで分類を決定し、欧州全体に適用することができます。実際には、その物質を含むすべての製品に、消費者に警告するための関連する表示が必要となることを意味します。

(参考:グリホサート使い方に関する注意点などの情報)

 

グリホサートについて:2022年に予想されるECHAの意見

2019年、グリホサート更新グループ(GRG)は、2022年末に現行の承認が失効した後に使用するグリホサートの承認を更新することを正式に申請しました。

欧州食品安全機関(EFSA)の評価と並行して、ECHAはグリホサートの分類の見直しを行います。ECHAのレビューでは、物質の有害性のみに焦点が当てられ、グリホサートへの暴露の可能性は考慮されません。

ECHAの評価は2021年に開始され、2022年にはそのリスク評価委員会の最終意見が出される予定です。

(参考:日本におけるグリホサート検査の評価に関する情報、グリホサートカリウム塩など成分に関する情報)

 

グリホサートについて:2017年時点でのECHAの意見

ドイツ連邦労働安全衛生研究所(BAuA)は、グリホサートに(既存の調和分類に加えて)反復暴露後の特定標的臓器毒性の調和分類を追加すべきであると提案しました。CLP法に定められているように、ECHAはこの提案について関係者に公開協議でコメントを求め、2016年7月18日に締め切られました。

ECHAが受け取ったコメントには、ドイツ当局が回答しました。その後、ECHAのリスクアセスメント委員会(RAC)は、2016年12月と2017年3月の2回の連続した会議で調和分類の提案を議論し、独立した科学的意見を作成しました。

RACは、欧州連合加盟国から推薦され、ECHAから任命された専門家で構成される科学委員会です。彼らは、第三者から提供されたものも含め、関連データを検討しました。また、RACは、他の機関が過去に分析した重要な情報を考慮し、それらの研究の一部がどのように評価されたかについての見解の違いを検討しました。

2017年3月15日、RACは、グリホサートを「深刻な目の損傷を引き起こす物質」および「長期的な影響を及ぼす水生生物に有害な物質」とする調和分類を維持することに合意しました。6月15日、RACは、グリホサートの固有の特性が、分類・表示・包装(CLP)規則で定められた分類の法的基準を満たしているかどうかについて、独立した科学的意見を欧州委員会に提出しました。採択された意見、および調和のとれた分類プロセスに関する詳細情報は、以下のリンクで提供されています。

RACおよびECHAの評価は、物質の有害性(その物質が有害な影響を引き起こす可能性があるかどうか)のみに基づいています。リスクや、人や環境がその物質にさらされる程度は考慮されません。これはもちろん、その物質がどのように使用されているか、どの程度使用されているかによって異なります。したがって、それらの詳細なリスクは、関連する法律に基づいてケースバイケースで検討されます。グリホサートの場合、それは農薬に関する法律です。この法律は植物保護製品規則として知られており、欧州委員会と欧州食品安全機関(EFSA)によって管理されています。リスクと暴露に関連する問題の詳細については、以下のリンクを参照してください。(英語表記ですが、欧州化学機関のホームページをご覧ください。)

 

EU加盟国によるグリホサートについての決定

採択後、RACの意見は欧州委員会に送付され、欧州委員会は加盟国とともに、植物保護製品の活性物質としてのグリホサートの使用承認を5年間(2022年12月15日まで)更新することを決定しました。

この決定は、2017年11月27日にEU加盟国の専門家によって行われ、2017年12月12日に欧州委員会によって採択されました。

 

グリホサートについての科学的データはどこから来ているのですか?また、それを見ることはできますか?

ECHAのような規制機関は、評価を行う際に、公開されているかどうかにかかわらず、毒物学的研究から得られたデータを組み合わせて使用します。

EU法では、産業界に対して、市場に投入する化学物質の安全な使用を保証することが求められています。そのため、産業界は、化学物質の有害性を特定するための(生態)毒物学的研究を行う必要があります。これらの研究は産業界が費用を負担します。

通常、産業界のためにこれらの研究を行っている専門の研究所は、EUの法律や関連するガイダンス文書に定められた厳しいガイドラインに従わなければなりません。研究は、合意された方法論に基づいて実施され、品質要件(OECDまたは同等の技術ガイドラインおよび優良試験所基準)を満たさなければなりません。これは、例えば、医薬品の場合と同じプロセスです。

これらの試験の完全な報告書は、ECHAのリスクアセスメント委員会を含む関連規制当局が情報を検証するために提供されています。

グリホサートの分類に関するRACの意見と寄せられたコメントへの回答は、ECHAのウェブサイトで公開されています。また、ドイツ主管庁が提出したCLH報告書(試験の概要を含む)や、公開協議で寄せられたコメントも公開されています。

 

グリホサートの科学的評価が様々に異なると聞きましたが、なぜ一致しないのですか?

最近、グリホサートに関する報告書がいくつか出ています。どのようなアプローチでデータを検討したかによって、異なる結論が出されています。科学的データの解釈と評価には判断が必要なので、これは珍しいことではありません。しかし、これらの最近の報告書の著者が入手したデータは、EU加盟国の独立した専門家で構成されるECHAのリスクアセスメント委員会でも検討されました。

ECHAは、分類・表示・包装規則に定められた危険基準に基づいて、グリホサートの調和された分類の必要性に関する独立した科学的意見を採択しました。前述のとおり、ECHAはグリホサートの本質的な危険性を評価し、個々の用途に関連するリスクは評価しませんでした。それらのリスク、例えばグリホサートを含む製品を使用することによるリスクは、植物保護製品規則に基づいて評価されます。

 

翻訳転載元:” Glyphosate”, European Chemicals Agency, Last modified by ECHA, November 25, 2020

https://echa.europa.eu/hot-topics/glyphosate

「グリホサート」欧州化学機関、2020年11月25日最終サイト編集日付。

2021年5月11日最終アクセス。

 


文中の青字*は翻訳編集コメントです。

今回は、EUにおけるグリホサートの再評価のステークホルダーの一つである欧州化学機関のホームページより、グリホサートに関するページを翻訳・編集しました。EUにおける決定のプロセスなどわかりやすく書かれています。一人でも多くの人に正しい情報がとどきますように。

シェア
Share on facebook
Share on twitter