グリホサートへの認識と科学的根拠に基づく決定が生産者に与える影響

目次

リチャードソン・パイオニア社が、プレハーベスト補助剤として農薬を使用していないカナダ産オート麦の調達に注力するという最近の決定について、Prairie Oat Growers Association (POGA)のメンバーを代表してご報告いたします。リチャードソン社は、この決定は顧客からの懸念を受けてのものであり、これらの要求を満たすために、リチャードソン社の製粉工程ではプレハーベスト乾燥剤を使用していないオーツ麦を調達することを選択したと述べています。

これがビジネス上の決定であることは理解していますが、POGAは、科学的根拠のない情報によって顧客の要求が動かされていることに非常に失望しています。今回の決定は、主にグリホサート 使い方に焦点を当てたものだと言われています。グリホサート 除草剤は、国際的に厳しい科学的レビューを受け、何度も再評価されてきました。カナダ保健省は、グリホサート 農薬を承認した科学的根拠について強い自信を示し、審査において「手を抜かなかった」と述べています。

グリホサート 雨

カナダの農家はグリホサートの安全性への取り組みに誇りを持っています

カナダのオート麦生産者は、高品質で安全な食品を持続可能な方法で一貫して生産しています。これは、オート麦の植え付け前や収穫後にイネ科の雑草を効果的に防除するために一般的に使用されている作物投入剤(グリホサート イソプロピルアミン塩など)なしには実現できません。作物投入剤を使用することで、病気や自然汚染物質、温室効果ガスの排出を減らし、有機物を増やして土壌の健康状態を改善します。

農家の方々は、品質と安全性に対するカナダの世界的な評判を守るために努力しています。POGAは、国内外の顧客の要求を満たす作物を提供するために生産者が必要とする情報を提供する「Keep It Clean」プログラムを支援しています。

グリホサートは農家にとって必要な道具です

グリホサート 農薬は、世界の食糧生産において重要なツールです。グリホサート 安全で効果的であることが科学的に証明されているもう一つのツールを失うことは、播種面積に影響を与えます。多くの地域では、オート麦の買い手が生産リスクを相殺するために価格を調整しなければ、生産者は生産量を減らすしかないでしょう。

カナダの農家はますます多くのコストを吸収しなければならなくなり、収益性と実行可能性に影響を与えています。その一方で、政府は生産者に生産量を増やし、輸出を増やすよう迫っています。農場はビジネスであり、存続するためには健全な経済原則に従わなければなりません。エーカーあたりの収益率は、生産者と消費者に影響を与える指針となります。1エーカーあたりの収益率が低ければ、オート麦の栽培面積が減り、供給量が減れば、買い手はオート麦をより高い値段で買わなければならず、その分が消費者に転嫁されることになります。

グリホサート 塗る

世論に基づいて決定されることのリスク

私たちは、科学的根拠に基づかず、単に世論や知識・理解の不足に基づいて決定されることが続いています。業界としては、農家が責任ある土地の管理者であることを、一般の人々や意思決定者に伝え続けなければなりません。私たちはラベルの指示に従います。

農業で使用される生産ツールは、世界に食料を供給し、環境を保護するために、安全で健康な作物を育てるのに役立っています。重要な管理方法を廃止し、生産コストを上げることで、農家や市場のシェアを失い続けることになります。

生産者の声を聞く必要があります。

そうしなければ、グリホサート 安全に対する科学的根拠に基づかない認識の先に、他の生産ツールまでもがターゲットとなってしまうでしょう。

転載元:https://poga.ca/news/500-perception-versus-science-based-decisions-impact-producers

シェア
Share on facebook
Share on twitter