グリホサートは土壌から地下水に浸出するのか?

目次

本日はフォレストインフォの記事から 

グリホサートは化学構造上、土壌の粒子に素早く結合し、土壌や地下水への溶出が非常に少ない製品です。 

 

グリホサート 成分
グリホサート 成分

グリホサートが土壌層に到達する化学物質の量は最小限

グリホサート 成分は水溶性だが、分子内に正と負の電荷を持っているため、土壌の有機物や粘土粒子との結合力が強い。
その強い結合性の結果、土壌から地下水への溶出の可能性は非常に低いと考えられている。農業とは異なり、森林の植生管理では、
グリホサート 作用機構の除草剤は、競合する植物が多く、林床に葉が落ちている場所に散布される。

そのため、散布されたスプレー雲の多くは、対象となる競合植物のキャノピーに遮られたり、葉のゴミに吸着されたりして、実際に土壌層に到達する化学物質の量は最小限に抑えられる。カナダと米国北部の森林地帯で行われたいくつかの研究では、グリホサート AMPAは強く収着し、通常は土壌の上部15cmに保持されるため、地表や地下水に移動する可能性は低いことが示されている。

十分な降雨があった場合には、土壌粒子に結合した残留物が地表水に移動する可能性があるが、有機物や粘土成分との強い結合親和性のため、そのような残留物が生物学的に再び利用可能になることはないだろう。 

 

 

グリホサート 英語
グリホサート 英語

グリホサートが地下水に浸透する可能性は極めて低い 

森林土壌では、グリホサート 農薬が上部 15 cm 以下のレベルで検出されることはほとんどなく(Thompson et al 2000; Roy et al 1989; Feng et al 1990; Legris et al 1988; Newton et al 1984; Newton et al 1994)、グリホサートが森林土壌を通って地下水に浸透する可能性は極めて低いことを示している。

典型的な森林利用シナリオを考えると、グリホサート 作用機構除草剤による地下水汚染のリスクは農業よりも大幅に低い。これは、処理される森林地の割合が少ないこと、散布は通常、40年から80年の間に1箇所につき1回しか行われないこと、処理場所は通常、飲料水源から非常に離れており、そのような水源地域は広範な緩衝地帯で保護されていることなどを考慮したものである。しかし、グリホサート 作用機構除草剤が広範囲に使用される農業シナリオであっても、通常は非常に低濃度のグリホサートしか観測されず、その発生頻度も非常に低い。

Vereecken(2005)は、ヨーロッパの農業に関するいくつかの研究を報告しているが、それらの研究でも、デンマーク、英国、オランダ、ノルウェーでは飲料水の基準を超える検出がなく、地下水に低レベルの残留物がまれに発生することが示されている。別の例では,Battaglinら(2014)が最近報告したところによると,807の異なるサイトから分析された合計1,171の地下水サンプルのうち,グリホサートは5.8%しか検出されず,AMPAは14.3%しか検出されなかった。
報告された2つの化合物の地下水の最大濃度はそれぞれ2.03 ppbと4.88 ppbで、カナダ保健省が1日1.5 Lの飲料水を生涯(70年間)摂取すると仮定して人間の健康を保護するために設定した最大許容濃度
280 ppbをはるかに下回っていた(カナダ保健省2014年)。
同様に,ケベック州南部の農業地域にある4つの河川の残留農薬を複数年にわたって調査した結果,
グリホサート 成分の最大濃度は3.3~29.0ppbであった(Giroux and Pelletier 2012)。
後者の値は,飲料水の供給源と考えられる地表水で観測された
グリホサート 成分の最高濃度と考えられた(PMRA 2015)。

PMRAは,食生活のリスクは,一般的なヒトに対する急性または慢性毒性に関しても,子どもや生殖年齢の女性などの下位集団に対しても懸念されるものではないと結論づけた。 

 

 

転載元: https://forestinfo.ca/faqs/does-glyphosate-leach-through-soils-and-into-ground-water/ 

 

シェア
Share on facebook
Share on twitter