グリホサートの理解と農業におけるその役割について

目次

グリホサートという言葉は、一部の人々にとって恐怖と誤解を招く言葉となっています。近年、母乳やシリアルからグリホサートが検出されたとするソーシャルメディアへの投稿や記事がありました。どちらの主張も否定されていますが、多くの人に不安を与えています。今、テレビを見ていると、グリホサート 除草剤に対する集団訴訟のコマーシャルが流れています。これは、この製品をよく知らない人々に不必要な恐怖を与える可能性があります。

グリホサート系除草剤の作用は?

グリホサートは、人間を含む動物には存在しないEPSP合成酵素を阻害することにより、シキミ酸経路を破壊することで作用します。シキミ酸経路は、植物や一部の細菌、真菌、藻類が重要なアミノ酸を生産する際に使用する代謝経路です。グリホサート41は、植物の3種類の芳香族アミノ酸の生合成を阻害し、飢餓状態を引き起こし、最終的には死に至ります。

体内に入っても、グリホサート安全

皮膚がグリホサート除草剤に触れた場合、およそ2%の経皮吸収が起こります。また、グリホサートは不揮発性であるため、吸入される可能性は極めて低くなります。グリホサートを摂取した場合、30%が消化管で吸収され、残りは排泄されます。グリホサート安全性は全体的に非常に良好です。グリホサートのLD50は1kgあたり5,000ミリグラムです。これは、LD50が1kgあたり200ミリグラムのアスピリンや3,000ミリグラムの砂糖よりも安全であることを意味します。

グリホサート 阻害

グリホサート 発がん性 証拠はありません

前述したように、世論に影響を与え、多くの人がグリホサートが癌を引き起こすと信じるようになったケースがいくつかあります。米国、欧州連合(EU)、国連・世界保健機関(WHO)の残留農薬合同会議など、世界各国の規制機関が、グリホサートの発がん率に関する動物実験とヒト実験の両方を評価しています。それらの研究結果に基づいて、これらの規制機関は、グリホサート糸除草剤が人間にとって安全であると判断しました。

食品からグリホサートが検出された場合は?

この質問には、残留農薬と人への暴露に関する規制の観点から答えることができます。EPA(米国環境保護庁)は、食品中の残留農薬について、人の健康に悪影響を及ぼさないとされるレベルの100倍を1日あたりの暴露限度としています。つまり、EPAは食品中の残留農薬に対して100倍の安全係数を設定しているのです。EPAの取り組みに加えて、米国食品医薬品局は、農薬のレベルが設定された基準値以下であることを確認するために食品を監視しています。

グリホサート系除草剤商品名は、40年以上にわたって安全かつ順調に使用されています。現在の信頼できる科学的証拠に基づき、グリホサートの使用は消費者に健康上の問題をもたらすものではありません。食品中や食品に含まれるグリホサート農薬に関する報道の多くは、一般消費者に不安を与え、多くの人を「ダーティダース」食品から遠ざけています。このような主張は、農産物に含まれる農薬の量や残留物のキャリーオーバーのリスクについて何も語っていないため、誤解を招く恐れがあります。米国で農薬を食用作物に使用するためには、科学機関や政府機関が、消費者へのリスクが増加しないという結論を出した上で、販売を許可する必要があります。グリホサートは、ラベルの指示に基づいて使用された場合、環境にも人の健康にも極めて安全です。

転載元:https://www.lsuagcenter.com/profiles/lbenedict/articles/page1595884410388

シェア
Share on facebook
Share on twitter