グリホサートの安全性

目次

カナダ保健省が確認したグリホサートの安全性

カナダ保健省も他の規制機関と同様にグリホサート 安全を確認しています。

グリホサートは広く利用されている除草剤として800以上の検証でその安全性が評価されています。

カナダ保健省は、グリホサート系除草剤が発がんリスクをもたらす可能性は低く、人体への懸念はないとの判断を堅持しています。

2017年、カナダ保健省は、一般にラウンドアップという商品名で知られるグリホサート 除草剤に関する再評価の決定を発表しました。

当時、連邦政府の科学者は、”グリホサートを含む製品は、改訂された製品ラベルの指示に従って使用した場合、人の健康や環境に対して許容できないリスクをもたらさない “と結論付けました。

カナダ保健省は、2017年の決定に関して8件の異議告知を受けました。また、グリホサートの安全性に関しては、ラウンドアップの製造元であるモンサント社が科学の妥当性に影響を与えたという懸念もあります。

証拠と異議申し立てを検討した結果、カナダ保健省は動じませんでした。

「我々は、関連するデータ全体を考慮した場合、異議申立人が提起した懸念は、科学的に支持され得ないと結論付けた」と声明で述べています。

“提起された異議は、グリホサートの2017年の再評価決定の科学的根拠に関する疑いや懸念を生じさせるものではありませんでした。よって、同省の最終判断は維持されます。”

グリホサート 安全
グリホサート 安全

IARCだけが違う、グリホサートへの評価

グリホサート カリウム塩液剤は、2015年に世界保健機関の一部門である国際がん研究機関(IARC)が、この除草剤をヒトに対しておそらく発がん性があると分類しました。

同じ分類には赤身肉、厚い飲み物など、身近なものが含まれています。つまりIARCはそれらを「食べてはいけない」とは主張してはいないということです。

グリホサート 発がん性 根拠に科学的な根拠はまったくないので、IARC以外の世界の規制機関や研究機関も「グリホサート系除草剤はヒトに対して発がん性がある可能性が低い」などと結論付けているので、IARCだけが違う評価をしています。

グリホサート 試験法
グリホサート 試験法

転載元:

https://www.producer.com/news/health-canada-confirms-glyphosate-safety/

 

シェア
Share on facebook
Share on twitter