グリホサートに朗報

目次

欧州連合(EU)でのグリホサートの評価

グリホサート 農薬は最近、裁判でいくつかの打撃を受けている。しかし、欧州連合(EU)では、グリホサートに関していくつかの良いニュースが出ているとバイエルは言う。 EUでは、承認されたすべての農薬活性成分は、定期的な科学的評価を受ける。この評価は、指定された加盟国によって行われ、さらに欧州食品安全機関(EFSA)によって査読される。バイエルの担当者によると、グリホサート 農薬は現在、EUにおいてこの定期的な更新プロセスを経ているという。現在のグリホサート更新プロセスの指定加盟国は、フランス、ハンガリー、オランダ、スウェーデンで、グリホサートに関する評価グループ(AGG)として知られています。 AGGは、グリホサートの更新評価報告書(dRAR)のドラフトの主な結論を発表しました。AGGの結論は、これまでの農薬製品の中で最も広範で包括的な科学的資料の一つに基づいているとバイエルは述べています。

グリホサートに関する評価グループ(AGG)の調査結果

バイエルの関係者によると、AGGの主な調査結果は以下の通りです。 “現在の評価に基づき、AGGはグリホサート 成分が承認基準を満たしていると考えている ” “動物実験、疫学研究、統計分析など、すべての証拠を考慮すると、AGGはグリホサート 発がん性 根拠に関する分類は正当化されないことを提案する” “AGGは、グリホサートの生殖毒性の分類は正当化されないことを提案する” “AGGは、グリホサートの生殖細胞変異原性に関する遺伝毒性または変異原性への分類は正当化されないことを提案する” “特定標的臓器毒性の分類は、単回及び反復暴露(STOTSE及びSTOT-RE)のいずれも正当化されないことを提案する” “現在の更新プロセスの代表的な用途に従ったグリホサートによる作物の処理では、慢性または急性の消費者リスクは予想されない” “全体的に見て、AGGはグリホサート 農薬がヒトの健康に関する承認基準を満たしていると結論づけている”   現在のEUのグリホサート更新プロセスには、EFSAによるAGGの結論のピアレビューを含むいくつかのステップが残っています。 AGGの結論は、世界中の主要な保健当局の結論と一致していると、バイエルの関係者は言います。40年以上にわたり、主要な保健当局は、グリホサート 成分の製品はラベルの指示に従って使用する分には安全であり、グリホサート 発がん性はないと繰り返し結論づけてきました。
転載元: https://www.agriculture.com/news/crops/some-good-news-for-glyphosate
シェア
Share on facebook
Share on twitter