このサイト(グリホサートファクトシート日本)について

このページは、グリホサートを中心に農薬・除草剤関連のトピックについて客観的で科学に基づいた外国の記事・情報を日本語に翻訳していく有志によるブログサイトです。

過去には農薬による事故や社会問題が起きたこともありました。

その一方で、地球の増え行く人口を支えるため、私たちの口に入る日本の豊かでおいしい食べ物を安定して供給するため、
そして国の食料自給率を支えるために、多くの人の力で開発され安全性が認められてきた農薬が、
偏った
情報で風評被害を受けているという現実があります。

特に、近年のグリホサートに関する風評被害は激しいものです。日本の農業の未来のためにも、
小さいながらできることとして、信頼できる情報をみなさんに日本語でお届けし、もっと自分で農薬についての正しい判断ができるように手助けができればと思っています。

記事は、アメリカの研究所やヨーロッパの食べ物・環境関係の団体などから引用しており、翻訳引用元のクレジットをつけています。
翻訳やこのウェブサイトについてのご連絡は、CONTACTをご覧ください。

世界の様々な立場の団体による、科学に基づき信頼できるグリホサートに関する記事を翻訳してお届けします。

グリホサート日本 ファクトシート
グリホサートとは ECHA

グリホサートとはー欧州化学機関(ECHA)によるグリホサートの評価(翻訳・編集)ー

今回は、EUにおけるグリホサートの再評価のステークホルダーの一つである欧州化学機関のホームページより、グリホサートに関するページを翻訳・編集しました。欧州食品安全機関(EFSA)の評価と並行して、ECHAはグリホサートの分類の見直しを行います。ECHAのレビューでは、物質の有害性のみに焦点が当てられ、グリホサートへの暴露の可能性は考慮されません。
ECHAの評価は2021年に開始され、2022年にはそのリスク評価委員会の最終意見が出される予定です。
一人でも多くの人に正しい情報がとどきますように。
#グリホサートとは #グリホサート日本 #正しい理解 #農化学 #除草剤 #グリホサート #グリホサートイソプロピルアミン塩

続きを読む
グリホサート

グリホサートとはー欧州によるグリホサートの評価 (欧州食品安全機関のウェブサイトを翻訳・編集)

欧州ではグリホサートが禁止されているといった間違った情報が流れていますが、欧州では、グリホサートの安全性が評価され使用が認められており、数年単位で再評価プロセスがあります。2022年以降の再評価のプロセスがすでに始まっています。以下では、再評価のステークホルダーである欧州食品安全機関のウェブサイトより、更新プロセスとスケジュールを説明します。
#グリホサートとは #グリホサート日本 #正しい理解 #農化学 #除草剤 #グリホサート #グリホサートイソプロピルアミン塩

続きを読む
グリホサート除草剤 日本

グリホサート(除草剤)についての事実 by ミシガン州立大学の成分安全研究センター

グリホサートの安全性について知っていますか? ここ数週間、私たちの食品生産に使用される一般的な除草剤であるグリホサートの安全性についての会話が活発になっています。
以下では、CRISの専門家がグリホサートに関するよくある質問に回答し、最新の科学を常に把握しています

(CRISとは、ミシガン州立大学成分安全研究センターのことで、日常生活で使う製品の成分安全に関する難しい質問に積極的に取り組んでいる世界でも数少ない組織の1つです。専門知識を使用して、食品や化粧品の成分に関する最新の科学に基づいた情報を調査、事実確認、およびグローバルコミュニティに提供します。)

続きを読む
グリホサート日本 グリホサート除草剤

米国環境保護庁(EPA)によるグリホサートの評価

グリホサートは、広葉雑草や草を防除するために広く使用されている除草剤です。 1974年以来、米国で農薬として登録されています。グリホサートの最初の登録以来、米国環境保護庁(以下、EPAとする) は、グリホサートの最初の登録以来、EPAは、登録された各農薬を15年周期で再評価するプログラムである登録レビューを受けることを含め、その安全性と使用法をレビューおよび再評価してきました

続きを読む