このサイト(グリホサートファクトシート日本)について

このページは、グリホサートを中心に農薬・除草剤関連のトピックについて客観的で科学に基づいた外国の記事・情報を日本語に翻訳していく有志によるブログサイトです。

過去には農薬による事故や社会問題が起きたこともありました。

その一方で、地球の増え行く人口を支えるため、私たちの口に入る日本の豊かでおいしい食べ物を安定して供給するため、
そして国の食料自給率を支えるために、多くの人の力で開発され安全性が認められてきた農薬が、
偏った
情報で風評被害を受けているという現実があります。

特に、近年のグリホサートに関する風評被害は激しいものです。日本の農業の未来のためにも、
小さいながらできることとして、信頼できる情報をみなさんに日本語でお届けし、もっと自分で農薬についての正しい判断ができるように手助けができればと思っています。

記事は、アメリカの研究所やヨーロッパの食べ物・環境関係の団体などから引用しており、翻訳引用元のクレジットをつけています。
翻訳やこのウェブサイトについてのご連絡は、CONTACTをご覧ください。

世界の様々な立場の団体による、科学に基づき信頼できるグリホサートに関する記事を翻訳してお届けします。

グリホサート日本 ファクトシート
グリホサート メカニズム

除草剤の使用をやめたらどうなるか?

グリホサートベースの除草剤に関連する科学的研究は、査読付きの科学文献に掲載されています。この知識ベースには、多数の学術関係者、政府関係者、その他の科学者によって、様々なテーマで行われた実験室および野外での研究が含まれています。多くの環境運命学や生態毒性学の研究が、ブリティッシュ・コロンビア州、アルバータ州、オンタリオ州、ケベック州、ニューブランズウィック州を含むカナダの森林生態系で行われています。

続きを読む
グリホサート 雨

植物や動物のグリホサートへの暴露レベルに影響を与える要因は?

植物や動物がグリホサート 農薬にさらされるかどうかは、処理面積、散布頻度、製品の散布率など、さまざまな要因によって決まります。
処理場所に直接住んでいるか、処理後数週間以内にその場所を訪れる動植物のみが、かなりのレベルのグリホサートや製剤中の界面活性剤に暴露される可能性があります。 

続きを読む
グリホサート 発がん性 根拠

尿中のグリホサートの痕跡

人間はグリホサート 成分を速やかに体外に排出し、数日後にはほとんど残らない。このプロセスは、食品に含まれる天然由来の化学物質にも当てはまるため、特定の食品を食べた後に尿中の化学物質がどのように変化するかを研究している研究者もいる。 

続きを読む
グリホサート 使い方

自然保護主義農家がグリホサート更新支持を確認

「自然保護団体」からの支援は、グリホサート推進派に一石を投じています。1992年から自分の農場で不耕起栽培を行っているフィンランド人農家のマックス・シュルマンは、「最初の頃に比べると、我々は真剣に受け止められている」と語ります。 

続きを読む
グリホサート 英語

グリホサートに朗報

グリホサートは最近、裁判でいくつかの打撃を受けている。しかし、欧州連合(EU)では、グリホサートに関していくつかの良いニュースが出ているとバイエルは言う。 EUでは、承認されたすべての農薬活性成分は、定期的な科学的評価を受ける。この評価は、指定された加盟国によって行われ、さらに欧州食品安全機関(EFSA)によって査読される。

続きを読む